あなたのブログに、より説得力を持たせる統計情報を、手軽に一括検索する方法

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

ブログで記事などを書いていると、ただ自分の意見を「これからは、○○だと思うんです。」と言っているだけじゃ説得力が薄いときが多々あります。

そんな時には、それなりに権威のあるところの統計情報を引用して、「今この市場は〇〇という状態ですから、これからの時代は、△△へと向かっていくのではないかと思います。」などと書くと、多少なりとも説得力は上がるのではないでしょうか。

今回は、そんな「統計データという虎の威」を、簡単に借りられるよう、手軽に一括検索する方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

統計レポートの一括検索

統計レポートは、Googleで探そうと思っても、その他のノイズと混じりやすく、本当に欲しい情報が埋もれ、なかなか見つけづらかったりします。

そこで、調査リポートを無料で公開している各種機関のみから、結果をGoogleのサイト検索で絞って表示させることによって、手軽に取得できるようにします。

そのために「各種機関から調査レポートを一括検索できるプラグイン」をReady2SearchというWEBサービスに「統計レポートを一括検索プラグイン」を設定しておきました。これを利用するだけで使えます。

統計レポート一括検索プラグインの設定

プラグインの設定といっても簡単で、Ready2Search(統計レポートを一括検索)へ行き「OpenSearch プラグイン 統計レポートを一括検索」というリンクをクリックするだけです。

当家レポート一括検索プラグインをクリック

あとは、Chromeならこんな感じのダイアログが

Chromeプラグインの追加

Firefoxなら、こんな感じのダイアログが

Firefoxにプラグインを追加

Internet Explorerならこんな感じのダイアログが出るので追加すればOKです。

IEプラグインの追加

あとはブラウザの検索ボックスにキーワードを入力して、検索エンジンを今回登録した「統計レポートを一括検索」にして検索すればOKです。

このプラグインで一括検索できるサイト

これだけの簡単な設定で、以下の統計情報を発表している機関などからレポートを一括検索できるようになります。中には有料でないとすべて読めないものもあるかもしれませんが、そのほとんどを無料で読むことができます。

一括検索できるサイト

  • WEBマーケティング研究会
    WEBマーケティング研究会は、WEBマスターやマーケティング担当者に向けてコラムや最新事例、調査結果などを発信するサイトです。
  • ニールセン株式会社
    ニールセンの、日本での視聴率行動分析部門。世界標準のインターネット視聴率、オンライン広告効果測定、スマートフォン視聴率(利用動向分析)などを行っています。
  • ビデオリサーチインタラクティブ
    基幹事業である「インターネットオーディエンス測定」は代表性のあるモニターで構築されたサービスです。日本のインターネット視聴動向(インターネット視聴データ)がわかり、相対的な評価を行っています。
  • MMD研究所
    MMD研究所はスマートフォン、タブレット、携帯電話、通信、インターネットに関する市場調査や消費者動向を自主調査し、無料で公開しています。
  • 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所
    博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(ME)は、メディア/コンテンツ/コミュニケーションに関するシンクタンクです。生活者の視点からメディア環境変化を丁寧に読み解くことで、マスメディア、デジタルメディア、新しく登場する様々なコミュニケーション手段が持つ効果や可能性を提案しています。
  • ICT総研
    ICTマーケティング・コンサルティング・インフラ、ハードウェア系の市場調査を得意としています。
  • 楽天リサーチ
    業界最大級のモニターを持つインターネットリサーチ会社。家庭や生活に関するレポートが多いです。
  • リサーチバンク
    話題のニュース・日常生活等のテーマに厳選し、調査結果を公開するライフメディアの自主調査サイトです。ブログや各種媒体での調査結果の利用歓迎という太っ腹っぷり。
  • マクロミル(音注意)
    ネットリサーチ(インターネット調査)国内実績No.1。インターネットリサーチ、海外市場調査、グループインタビュー、会場調査など、マーケティング課題解決のための市場調査など。総数200万人超のネットリサーチモニタとノウハウに基づく統計情報です。
  • JTB総合研究所
    JTB総合研究所は、観光・交流を専門分野とするシンクタンクです。交流文化の視点でソリューションを導きます。
  • インテージ
    市場調査やマーケティングリサーチ、インターネット調査(ネットリサーチ)のパイオニア。インテージは、圧倒的なリサーチ基盤とシステム技術力を背景に、ヘルスケア、インターネット、海外調査の各分野でも着実な成長を続けている調査会社です。
  • NTTデータ経営研究所
    株式会社NTTデータ経営研究所は、IT活用に関する幅広い知見を基に、戦略とIT、プロセスとITの課題解決に、トータルなソリューションを提供するコンサルティング会社です。
  • ひらけ、みらい。生活総研
    博報堂生活総合研究所は、「生活者発想」を基に世の中の動向を研究し、社会に向けた提案活動を行っています。
  • 調査のチカラ
    調査のチカラは、インターネット上に公開されている調査データ情報を集約したサイトです。無料で閲覧できるものを中心に、さまざまな調査データをリスト化しています。
  • レポセン
    「レポセン」は様々なマーケティングリサーチ会社から提供される調査データ、レポートを集約、掲載するポータルサイトです。

最後の2つは、それ自体が統計レポートデータバンクです。

カテゴリごとに分けられていて、見やすくこれだけでも使いやすいです。けど、いろいろな機関の調査レポートが上記データバンクに公開されているので、それも含めて検索できるようにしました。2つのデータバンクを渡り歩いて探すのも手間ですし。

プラグインの使用が面倒くさければ、上記2つから検索しても十分な結果を得られるかと思います。

今回、プラグインを設定するにあたり、統計レポートを公開している機関は、以下のものを参考にしました。

参考 あなたの企画書にあと一押し!説得力が増す統計調査レポート17選 | 株式会社LIG

検索クエリ

検索クエリはこんな感じで検索しています。

KEYWORD site:webdbm.jp OR site:netratings.co.jp OR site:videoi.co.jp OR site:mmdlabo.jp OR site:media-kankyo.jp OR site:ictr.co.jp OR site:research.rakuten.co.jp OR site:research.lifemedia.jp OR site:macromill.com OR site:tourism.jp OR site:intage.co.jp OR site:keieiken.co.jp OR site:seikatsusoken.jp OR site:chosa.itmedia.co.jp OR site:reposen.jp

いろいろ検索してみた

例えば、今はお盆ですけど、旅行に行く人も多いかと思います。

そんな時に、スマホと旅行に関する記事を書きたいと思えば、「スマホ 旅行」と検索すれば以下のような統計レポートのみが検索結果に表示されます。

スマホ 旅行検索結果

もっと新しいレポートのみを表示させたければ、Googleの検索オプションから「1年以内」と選択すれば、フィルタリングが手軽に行えます。

「携帯 キャリア 満足度」などで検索するとこんな感じ。

「テレビ」で検索すると以下のようなレポートが出ます。

もちろん、硬い調査ばかりではなく、身近な家庭のことなども出てきます。

当然経済・社会に関する調査レポートも出てきます。

まとめ

このように、「統計レポート検索プラグイン」を使用することで、濃い内容のレポートのみ検索結果に表示されるようになります。

ただGoogleで「テレビ」と検索してみても、このような調査レポートがいきなり検索結果に表示されることは、まずないと思います。「テレビ」だけでは、その他の検索結果に埋もれ、それでも見つけ出すためには、「テレビ 実態調査 興味 …」と、試行錯誤しながら何度も検索しなければいけません。けれど、このように調査機関からのみ検索結果を抽出するようにすれば、普通にGoogleを利用するよりは、検索回数が大幅に少なくて済みます。検索結果も中身の濃い内容のものばかりです。読み始めると、「へぇ!」となって、ついつい読み込んでしまうくらいの内容です。

この方法で、手軽に統計レポートを探し、あなたの文章に、より一層深みを持たせられるよう活用すると、「あなたがサイトでやりたいこと」の達成率が上がるかもしれません。

※レポートの引用については、それぞれのサイトの利用規約に従ってください。