サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

先日、サブサイトをSSL化しました。

WordpressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)
エックスサーバーが独自SSLを無料かつ無制限で利用できるようになりました。 何年か前なら、年に結構なお金のかかっていたものが、...

すると、SSL化前の「httpアドレス」でGoogle Search Consoleに登録してあったサイトは、以下のように未確認サイトになってしまいました。

Google Search ConsoleでHTTPサイトが未確認状態になる

これを、「Google Search Consoleの設定から何元に戻す方法はないのかな?」と設定などを眺めてみたんですが、どうやらそういった設定はないようです。

どうやら、HTTPS化したサイトをGoogle Search Consoleて管理するには、再び改めて登録するしかないようです。

ただ、以前Googleウェブマスターツール(現、Google Search Console)に登録したときのことなど、記憶の彼方に忘れ去ってしまっています。なので、今回「SSL化(HTTPS化)した際に必要となるGoogle Search Consoleの再登録方法」についてあらためて書き記しておきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

Google Search Consoleの再登録に必要な主な手順は以下になります。

  1. 新規サイトを追加する
  2. サイトマップの設定をする
  3. Google Analyticsと関連付ける

URLが変更になってしまった場合は、最初から登録し直す必要があるようです。

新規サイトを追加する

冒頭にも書きましたが、サイトをSSL化することで、URLが「http://~」から「https://~」に変わってしまい、未確認サイトになってしまいます。

Google Search ConsoleでHTTPサイトが未確認状態になる

これは、URLの設定変更などで対応する方法はなく、新たにサイトを追加して対応する必要があります。

新しくサイトを登録するには、まず、Google Search Consoleにログインをしてください。

ログインを終えたら、Google Search Consoleのダッシュボードにある「プロパティを追加」ボタンをクリックしてください。

Google Search Consoleのトップページからプロパティーを追加をクリック

すると「プロパティを追加」ダイアログが表示されるので、新しいURLを入力して「追加」ボタンを押してください。

Google Search Consoleにプロパティを追加

すると、サイトの所有権の確認作業になります。

ただ、既に以前http://サイトで運営をしていたはずなので、所有権確認用のトラッキングコードはサイトに埋め込まれていると思います。

なので、そのまま「確認」ボタンを押してください。

サイト所有権の確認

サイトの所有権が確認できない場合は、Google Search Consoleの案内に従って、認証を行ってください。

サイト所有権の確認ができると、「[サイトURL]の所有権が確認されました。」とメッセージが出るので「続行」をクリックしてください。

サイト所有権確認後に続行をクリックする

すると、以下のように新規サイトが追加されます。

新しいサイトの新規登録後

登録されたウェブサイト部分は以前は「wp-simplicity.com」でしたがHTTPSサイトを登録すると「https://wp-simplicity.com/」となりスキーム部分も表示されているのが分かります。

サイトマップの設定をする

サイトプロパティの登録時点では、サイトマップが登録されていないので、再び登録する必要がいます。

サイトマップを登録するには、新規登録したウェブサイトをクリックして開いてください。

登録されたWEBサイトをクリック

すると、「現在のステータス」の「サイトマップ」項目に「サイトマップがありません」と表示されていると思うので、その部分をクリックしてください。

「サイトマップがありません」と書かれた部分をクリック

すると、「サイトマップ」画面に遷移して「このサイトのサイトマップが見つかりませんでした。」と表示されていると思うので、「サイトマップの追加テスト」ボタンをクリックしてください。

このサイトのサイトマップが見つかりませんでした。

すると「サイトマップの追加/テスト」ダイアログが表示されるので、「サイトマップURL」を入力して、「送信」ボタンを押してください。

サイトマップの追加・テストダイアログ

すると、「アイテムを送信しました。」とメッセージが出るので「ページを更新する。」をクリックしてください。

サイトマップの送信後

すると、サイトマップ一覧に、今回登録したサイトマップが表示されます。

Google Search Consoleのサイトマップ一覧に登録された状態

サイトマップを送信するには

既にGoogle Search Consoleを使用している人は、何かしらの方法でサイトマップを送信しているとは思います。けれど一応、補足説明しておきます。

僕は、Wordpressのサイトマップを生成するのに、Google XML SitemapsというWordpressプラグインを利用しています。

このプラグインが生成するページ情報をGoogle Search Consoleに送信することで、Googleのクローラーが効率よくサイトを巡回します。

詳しい利用方法は、以下を参照してください。

Google Analyticsと関連付ける

最後に、Google Search ConsoleとGoogle Analyticsの関連付けも行っておきます。

Analyticsとの関連付けを行うには、とりあえずAnalyticsにログインしてください。

ログイン後、メニューの「アナリティクス設定」から「アカウント」を選択して「プロパティ」を選択後「プロパティ設定」をクリックします。

Google Analytics上でプロパティー設定画面を出す

今回SSL化による設定変更なので、Analyticsのプロパティ設定画面では、「サイトのURL」のスキーム部分が「https://」になっているかも確認してください。
デフォルトのURLを確認

「プロバティ設定」画面の下の方に「Search Console」項目があり、「Search Consoleを調整」ボタンがあるのでクリックしてください。

Search Consoleを調整ボタンをクリック

すると「Search Consoleの設定」画面が表示され「Search Consoleのサイト」項目に以前のサイトURLが表示されていると思うので「編集」をクリックしてください。

Search Console の設定

すると、以下のような画面が表示されるので「Search Consoleのサイト」を選択して「保存」ボタンを押してください。

Search Consoleとの関連付け

すると、「関連付けを追加」ダイアログが表示されると思うので「OK」ボタンを押してください。

Google Search Consoleの関連付けを追加ダイアログ

すると、サイト一覧が表示されプロパティを関連づけたサイトには、以下のようなメッセージが表示されます。

プロパティの関連付け後のメッセージ

https://wp-simplicity.com/ が Google アナリティクスのプロパティ [プロパティ番号] に関連付けられるようになりました。

これで関連付けが行われました。

Analyticsで設定を確認

Analyticsで、ちゃんと関連付けられているかを確認するために、先程の「Search Consoleを調整」ボタンをクリックします。

Search Consoleを調整ボタンをクリック

「Search Consoleのサイト」がちゃんとhttpsアドレスになっているのを確認します。

Search Consoleの設定の確認

Search Console上で更に確認するために「編集」をクリックします。

Search Consoleのサイトを編集リンクをクリックして確認

Search Console上で、「ウェブプロパティ」と「リンクされているサイト」の関連付けに問題がなければ設定完了です。

Search Consoleのサイトの関連付けを再確認する

まとめ

エックスサーバーがSSL利用を無料かつ手軽にできるようにしてくれたおかげで、SSL化の作業はかなり簡単になりました。

ただ、作業自体は簡単なのですが、サイトが利用しているサービスの再設定や、利用の見直しなどが必要となります。どちらかというとこういった副次的な作業が多くて、ちょっと面倒くさいです。

ただ、設定してしまえば今後、「(微妙かもしれないけど)検索ランキングでの優遇」や「HTTP/2対応による高速化の可能性」のような恩恵を授かることができるかもしれません。

とりあえず、エックスサーバーはHTTP/2に取り組み中との以下のような話もあります。

(HTTP/2への対応は)php7を一番早く導入したxserverならありえそうなんでちょっと質問してみました。メールの回答の早さにもびっくりしましたが、なんといたことに実装にむけて取り組んでいるそうです

メールの回答は『予定はございません、要望だけはお伝えします』とかテンプレだと予想しましたが、ただ残念なことに具体的な実装日は未定だそうです。

流石日本唯一mod_page_speedに対応した事業者ですね。xserverで使える日もそう遠くないのかもしれません。一日でも早く実装してほしいです。そうすればhttp/2が普及します。

引用:xserver http/2に取り込み中? | ネットワークエンジニアの居酒屋

実装日は、まだ未定とのことですが、これまでの実績からいって、「それでもXSERVERなら…XSERVERならきっと何とかしてくれる」なんていう期待感を持たしてくれるサーバーではあると思います。

『サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法』へのコメント

  1. 名前:はま 投稿日:2016/11/25(金) 13:27:18 ID:2169de495

    はじめまして。先ほど、httpsにして鍵マークが表示されるようになりました。本当に丁寧な解説をありがとうございます。このページがなければ、私なんて、絶対SSL化なんてできませんでした。記事数が少ないうちに対応したほうがいいなと思いながら、なかなか踏ん切りがつかずにいたのですが、思い切ってやって良かったです。一つ一つに画像があって、画像を追っていくだけで安心して設定できました。注意書きも有難かったです。他のページも参考にさせていただきます。心から(^人^)感謝♪

  2. 名前:はま 投稿日:2016/11/25(金) 13:30:08 ID:2169de495

    あっ、申し訳ございません。コメントは、http://nelog.jp/wordpress-sslへ書くつもりでしたのに。まずは、お礼まで。

  3. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/11/25(金) 21:43:28 ID:bce54182c

    はじめまして。
    記事がお役に立てたようでよかったです。
    やっぱり、記事が少ないうち、もしくは、サイトを始めて早ければ早いほどSSL化をしておいたほうが良いですよね。
    記事がかなりの量になったり、大規模なサイトになると、失敗したときのダメージが大きすぎて、怖くてできなくなってしまいます^^;
    僕も、当サイトをいずれは、SSL化しなければならないと思っていますが、そのときは、この記事を読み返しながら注意してやりたいと思います。