60℃のお湯で柔らか、冷めるとプラスチックの不思議な粘土「プラフレンド」、物の補修や自助具作りが捗りそう

プラフレンド

「プラフレンド」という面白いプラスチック粘土を見つけました。

プラフレンドは、60度以上のお湯に入れると柔らかくなり、水に入れると固くなるという性質を持ったプラスチック粘土です。一度固まったものを作り直したいと思った時には、再びお湯につければ再加工が可能という特徴を持ちます。

同様の、プラスチック粘土は、以前「フリプラ」も紹介しましたが、こちらは、少量しか使わない人にも手頃な、小さなサイズも販売されているのでご紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

プラフレンドの特徴

プラフレンドの主な特性は、次のようなものがあります。

  • 60℃以上のお湯で終わらかくなる
  • 自由自在に成形が可能
  • 水などにつけて冷めると固まる
  • 繰り返し何度も使える
  • 生物分解性もあって環境に優しい
  • プラスチック粘土のため色・発色が鮮やか
  • 値段も手頃な小さめサイズがある

60℃以上のお湯につけると、以下のように半透明になって自由に加工ができます。

プラフレンド60℃のお湯につけた状態

大きな250gボトルが使い切れない場合は、値段も手頃な袋入りの100gもあります。

小さめサイズのプラフレンド

プラフレンドには、赤、黄、緑、青、黒の五色からなる着色料もあります。

プラフレンドの着色料

プラフレンドの使い方

プラフレンドの使い方

用意するものは以下。

  • プラフレンド
  • プラフレンドカラー(色をつける場合)
  • 割ばし(お湯から取り出すときに利用)
  • お湯(ポットなどあると便利)
  • 耐熱容器などお湯をいれるもの(ガラス・陶器製推奨)
  • 型や形をつくるもの(抜き型など)

プラフレンドの簡単な使い方は以下。

  1. 60℃以上のお湯に適量のプラフレンドを入れる
  2. 柔らかくなったら、割り箸などを使用して取り出す
  3. 柔らかい間に形を作り整える
  4. 冷たい水に浸すか、自然に冷えるのを待つ
  5. 固まったら完成

使い方のイメージは、以下のような感じです。(着色する場合)

プラフレンドの使い方イメージ

作品例

プラフレンド公式サイトでは、作品例も紹介されています。

スーツケースハンドルの補修

スーツケースのハンドルを伸ばしたら、ハンドルがそのまま取れてしまった場合など。

スーツケースハンドルの補修

イヤホンのキャップ部分の補修

黒く着色されたプラフレンドを使っているので、一見わかりづらいけど、しっかりと補修されています。

イヤホンのキャップ部分の補修

プラフレンド公式キャラクター「Coolマ(クールマ)」

公式サイトでは、キャラクターCoolマ作品の募集もう行っています。

 

Coolマ

Coolマ1

Coolマ2

まとめ

これはちょっと楽しそう。

やっぱ、お湯に再びつければ何度も使えるのはいいですね。器具の補修とか、特に自助具(補装具)づくりは、トライ&エラーの繰り返しというか、作っては修正し、作っては修正しを繰り返し、ようやく目的のものができるなんてこともよくあります。

そんなときに、何度も失敗できるのはありがたいです。

僕もこれまで、樹脂粘土を使って、いろいろ作ってもらったことがありますが、失敗作を捨ててしまうのってなんか忍びないんですよね。というか、いまだに取ってあります。

そんな人には向いているプラスチック粘土だと思います。

追記:実際にプラフレンドを購入し使用してみました。

お湯で溶かして冷ますと固まるプラスチック粘土「プラフレンド」を購入してみました
以前に紹介した「プラフレンド」を購入してみました。 プラフレンドは、60度以上のお湯でドロドロになり、お湯から取り出して形を作り冷...
こちらは少量サイズ。