画像の色からカラーパレットを生成してくれるWEBツール「Pictaculous」

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

WEB上のには綺麗な画像が沢山あります。

そんな画像などを見ていて、「この配色面白い。これらの色を使って色のデザインをしたい。」なんて思ったときに、便利なPictaculousという画像からカラーパレットをジェネレートしてくれるツールの紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Pictaculousとは

Pictaculous - A Color Palette Generator (courtesy of MailChimp)

Pictaculousは、画像をアップロードするだけで、画像の中から色を読み取り、カラーパレットを作成してくれるさツールです。

PNG、JPG、GIF形式の画像で500KBまでならアップロード可能です。

例えば、ドラえもんの画像をアップロードしたとしたら、以下のようなカラーパレットを作成してくれます。

ドラえもんのカラーパレット

亀仙流道着を着た孫悟空だったらこんな感じ。

孫悟空のカラーパレット

イラストなどを、あまり色が複雑でないものから抽出するのに向いているかと思います。

使い方

使い方は、説明するほど難しくないのですが、一応説明。

例えば、富嶽三十六景の「凱風快晴」(赤富士)のパレットを作成したかったとします。

「凱風快晴」(赤富士)

画像を用意したら、Pictaculousに行き、「BROWSE」ボタンから画像を選択し、「GET MY PALETTE」ボタンを押すと画像がアップロードされます。

画像をアップロードする
(※日本語ファイル名だとうまくいかないかも)

アップロード&解析が終わると、カラーパレットが作成されます。

赤富士のカラーパレット

もちろん、普通の写真からもパレットを作成することはできます。

corn-blue-sky-980x650

写真からカラーパレット作成

その他のサービス

Pictaculousは、画像から機械的に色を抽出するサービスです。

なので、複雑に色が絡み合った写真の場合、どうしても人間が選んだような、気持ちの良い配色にはならないかもしれません。

そういった場合には、以下のような、写真から人間が作成したカラーパレットを公開しているサイトもあります。

design seeds  for all who ♥ color

design seeds | for all who ♥ color

写真などの、イメージが必要なければ、ユーザーが作成した370万以上のカラーパレットを公開しているサイトもあります。

Browse Palettes -- COLOURlovers

Browse Palettes :: COLOURlovers

まとめ

何かを作るときに、色を決めるのって、なんだかんだで結構悩みます。

あまりセンスに自信がない場合だと、「ああでもない、こーでもない」と悩んでしまいます。

そういった場合は、上に紹介したサイトなどを利用して、インスピレーションで「これいい!」と決めてしまうのも一つの手かもしれません。