PHPとcount.jsoonを用いてTwitterのシェア数を取得するWordPressカスタマイズ方法

前回、count.jsoonを用いてシェア数付きのバルーンボタンを設置する方法を書きました。

廃止されたTwitterの「シェア数付きボタン」を表示させる方法、「count.jsoon」の基本的な使い方
先日、Twitterのカウント数が取得できなくなりました。 その代替案として、ツイート数のバルーンが無くなって崩れたデザインを補完する...

ただ、上記の記事では、count.jsoonのwidgetoon.jsスクリプトを用いて、Twitterボタンを設置する最も基本的な方法の説明でした。

けれど今回は、count.jsoonのAPIをPHPから利用して、ツイート数(シェア数)のみを取得するWordpressカスタマイズ方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

count.jsoon APIをPHPから利用して、ツイート数を取得するには、主に以下の手順が必要です。

  1. count.jsoonにWEBサイト登録
  2. functions.phpにツイート数取得関数をコピペ
  3. ツイート数を表示したい箇所で関数呼び出し

count.jsoonにサイト登録さえしてあれば、かなり簡単な作業です。

count.jsoonにWEBサイト登録

まず、count.jsoonでツイート数を取得するには、該当サイトを登録してある必要があります。

登録方法は、以下に書いてあるので、とりあえずWEBサイト登録をしてください。

廃止されたTwitterの「シェア数付きボタン」を表示させる方法、「count.jsoon」の基本的な使い方
先日、Twitterのカウント数が取得できなくなりました。 その代替案として、ツイート数のバルーンが無くなって崩れたデザインを補完する...

登録後にcount.jsoonは、ツイート数を収集するので、ある程度(数日ぐらい)待たないと、ツイート数が反映されないと思います。

functions.phpにツイート数取得関数をコピペ

テーマフォルダ内のfunctions.phpファイルを開いて、以下の関数をコピペして追記してください。

引数にURLを指定すると、そのURLのツイート数を返す関数です。

ツイート数を表示したい箇所で関数呼び出し

あとは、ツイート数を表示したい箇所に以下のコードを書いて関数を呼び出します。

上記のコードはget_permalink()を用いているので、投稿・固定ページ用で表示するテンプレートで使用します。

以下のように、直接URLを指定して利用することもできます。

適用例

例えば、CSSで以下のようなボタンを作成して、バルーン内で「ツイート数取得関数」を呼び出せば、以下のように表示させて利用することもできます。

count.jsoonでバルーン内にツイート数を呼び出した場合

コピペで利用!Wordpressに自作のソーシャルバルーンボタンを設置するためのスタイル設定方法
先日、自分のサイトテーマで使おうと思ってバルーン型のソーシャルボタンを作ってみました。 ソーシャルサービス純正のバルーン型シェ...

まとめ

count.jsoonのAPIは、Twitterの「非公式ツイート数取得API」であったcount.jsonと、ほとんど使い方が同じです。

なので、以前の取得用コードを少し手直しするだけで簡単に「ツイート数取得関数」を作成して利用することができました。

count.jsoonは、サイト登録作業が必要で、しかもツイート数を収集するまでは、しばらく時間はかかります。けれど、どうしても自分のサイトに、ツイート数を表示させたい場合は、利用してみると良いかもしれません。

次は、jQueryを用いたツイート数の取得方法を書きたいと思います。

追記:書きました。

jQueryとcount.jsoonを用いてTwitterのシェア数を取得するWordpressカスタマイズ方法
前回、count.jsoonのAPIとPHPでツイート数を取得する方法を紹介しました。 今回は、ツイート数(シェア数)...