寝ながらパソコンをする環境の構築方法 ※怠惰な生活注意

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

ベッドの上でのパソコン環境構築

僕は一日の大半をベッドの上で過ごしています。

というのも、ベッドの上にパソコンができる環境を構築してからというもの、ベッド上が快適すぎて、デスクで作業するのが面倒くさいというか、なんというか。

特に冬など寒い時期には、毛布をこっぽりと被ったままパソコンで作業したいじゃないですか。ぬくぬくのベットの上で、その日あった出来事などをネットで眺めるなんて、なかなかいいものですよ。

そんなわけで、今回はベッド上で寝ながらパソコンをする環境について、僕がやっている方法と織り交ぜながら紹介したいと思います。

photo credit: Helga Weber via photopin cc

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

必ず用意するもの

ベッドの上でパソコンをするなら、当然必要となってくるのがベッドとパソコンです。

この記事読んでいる方は、当然持っていると思うので、そのまま使えばいいと思います。ただ、より良い寝PCライフを極めるなら、こういったものの方がオススメというのを紹介しておきます。

ベッド

ベッドは、できれば電動で頭と足を上げ下げできるものを使った方がなにかとはかどります。

僕の場合は、ガチの介護ベッドを使用していますが、普通の電動リクライニングベッドなら、セミダブルで3万円台で売っています。

41TMCwHvPXL._SL500_AA300_

電動リクライニングベッドAX-B635EW 8811

スペースがある場合は、セミダブルがお勧めです。体の横に物を置いたりするのにちょうどいいです。僕のベットもセミダブルです。

パソコン

パソコンは、デスクトップとノートパソコンがありますが、できればノートパソコンの方が扱いやすいと思います。SSDのおかげで、ノートが遅いということもなくなりましたし、何より場所を取らないに越したことはありません。

ノートパソコン

機種は何でもいいと思います。

一番最近に購入したパソコンは以下です。

パソコン工房でコスパ重視のブログ用パソコンを買ってみました
先日、2年半利用していたメインPCが壊れました。 以前は、ゲーミングPCを使っていました。けれど今回は、ブログを書けさえすれば良いので...

ベッド上にパソコンを設置する手段いろいろ

ベッドとパソコンが準備できたら(最初から持っていると思いますが)、次は設置方法の検討です。

ノートパソコンをそのまま

一番安くて手っ取り早いのは、ノートPCスタンドを使用することです。

PCスタンド

TSdrena ノートPCスタンド PCA-CNDC2

他には、オーバーテーブルを使った方法もあります。僕も以前は、この方法を使用していました。

オーバーテーブル

サンワダイレクト ノートパソコンスタンド 100-DESK044

ただ、これらの方法の場合、多少体を起こしてパソコンをする必要があります。完全に横になってはできません。

ベッドにモニターを設置する

完全に寝たままパソコンがしたいなら、ベッドにモニターを設置するしかありません。

僕が行っている方法は、ポールをたてて、それにモニターアームを設置して液晶を設置する方法です。

土台となるポールジョイント用フランジ部品

img20101004192730

ライブクリエータアーム用ポールを立てて

ライブクリエータアーム用ポール

ポールクランプ部品を取り付けます。

ポールクランプ部品

組み立てるとこんな感じになります。

PCモニター用ホール

これにライブクリエイター フレキシブルアーム(高荷重型) などを取り付けることによって、寝た状態でも視線の先にモニターを設置することができます。

img20110227102416

ライブクリエイターのモニターアームは作りがしっかりしていて、もう何年も使用しているのに全くガタが来ていません。

高荷重型なので11kgまでの重さのモニターを取り付けることができます。僕が使っているモニターは、「EIZO FlexScan 24.1インチ液晶モニター」です。今なら液晶の重さは大体、6~7kgです。最近のモニターは、かなり軽くなったので27インチのモニターまでなら取り付けられるでしょう。

設置はプロに頼む

設置にいろいろするのは面倒くさいっていう人は、割り切ってプロに頼むという方法もあります。

先程紹介したモニターも作っているライブクリエイターはには豊富な導入実績があり個人宅のベッドなどにも、こんな感じで備え付けることができます。

モニターの設置例

モニターの取り付けで悩んでいる場合は、問い合わせフォームから相談してみることをお勧めします。

パソコンを操作する手段いろいろ

ベッド上でパソコンを操作するときに、まず問題となるのがマウス操作です。ベッドの上では、マウスは転がせないですからね。

ここでは、いわゆるマースの代わりとなるポインティングデバイスについて紹介します。

トラックボール

僕が使用しているのは、ケンジントンのトラックボールです。

ケンジントンのトラックボール

ケンジントン SlimBlade Trackball 72327JP

これは、体の脇に置いて大玉をゴロゴロ転がしてカーソルを動かします。これなら、毛布の中からでも使えます。(ホコリが入るのでたまに掃除が必要)

ワイヤレスタッチパッド

ホコリなどが面倒くさければ、ワイヤレスタッチパッドも良いでしょう。

t650-wireless-rechargeable-touchpad

LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650

こちらも完全に布団の中で使えます。フル充電なら1ヶ月使用できます。タッチパッドなので多少の誤動作はご愛嬌。

SmartNav

僕の場合、先程のトラックボールと合わせて「SmartNav 4AT」を使用しています。

41xLHVnx5dL._SL500_AA300_

SmartNav 4AT

SmartNavとは、ハンズフリーでマウスカーソルを動かせるようになるデバイスです。顔や眼鏡などに小さな反射シールを貼って、小さな動きでカーソルを自由に動かせます。

僕の場合は、SmartNavでカーソルを動かしトラックボールのボタンでクリックしています。附属のソフトを使えばSmartNavだけでパソコンの全操作をすることも可能です。ただ普通の人は、ここまでする必要はないと思います。

パソコンに入力する方法いろいろ

寝ながら、キーボード入力する方法です。

これは普通に、キーボードを腹か膝に置いて入力するのが手っ取り早いと思いますが、その他の方法も紹介しておきます。

小さなキーボードを使う

普通のキーボードは、大きすぎて邪魔という場合には、ワイヤレスのミニキーボードなどもあります。

ワイヤレスのミニキーボード

GMYLE(R) Bluetooth 無線ワイヤレス薄型ミニキーボード

これなら布団の中に入れてでも使える大きさです。

ゲームパッドみたいなキーボードで入力

それでもまだ大きすぎるという場合は、ゲームパート程度の大きさのキーボードもあります。

Bluetooth ワイヤレスキーボード mini

Bluetooth ワイヤレスキーボード mini

これの場合、タッチパットまでついているので完全にこれだけでパソコンを操作することができます。ゲームパッドくらいの大きさですので完全に布団の中で操作できます。なんか布団の中でプレステをしてるみたいな感じですね。

ソフトキーボードで入力

あまりキー入力をしないのであれば、ちょっとした入力ならソフトキーボードで代用することもできます。これだとキーボードを置いておく必要がありません。

Windowsの場合は、スタートボタンの「プログラムとファイルの検索」から「On-Screen Keyboard」と検索すると「スクリーンキーボード」が出てきます。

スクリーンキーボード

僕のお勧めのソフトキーボードは「Trail Soft Keyboard」です。

n98070941b

これだとマクロが使えます。

文章入力なら音声入力

文章を日本語入力するなら、音声入力ソフトもお勧めです。

僕の場合は、AmiVoiceを使っています。

AmiVoice SP2 [ダウンロード]

AmiVoice SP2 [ダウンロード]

僕の場合はモニターのUSBにこのUSBマイクをつけて入力してい

ます。ちなみにこのブログのほとんどを、このソフトを使用して入力しています。1年くらい使用していますが、学習が進み、ほとんど思い通りに入力できるようになりました。

まとめ

今回は、よりヘブンなパソコン環境を追求するため、予算関係なく紹介しました。

僕の環境は、パソコンとベッドの値段を抜きにしても、だいたい15万円ぐらいはかかっています。

ただ、これだけの出費もベッド上でパソコンをする快適さを考えたら、出す価値はあったと自信を持って思います。

その代わり、ベッドの上が快適すぎて起きて動きたくなくなるという、コタツにも似た魔性の副作用があるので注意してください。

『寝ながらパソコンをする環境の構築方法 ※怠惰な生活注意』へのコメント

  1. 名前:朴秀 投稿日:2016/01/25(月) 19:09:25 ID:a87100ca9

    (15万要素)ないです

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/01/25(月) 20:11:27 ID:85afb9fc8

    SmartNav 4AT、モニターアーム、アームの土台、音声認識ソフト(2種類)、トラックボール、ソフトキーボード代、マイク、諸々含めて15万円ですです。(※音声認識ソフトはお勧めの方1つしか紹介していません)

    SmartNavは1台故障してアメリカから直輸入したのも含めると、今では、もう少しかかっているかもしれません。

    僕が、パソコンとベッド以外で「寝ながらパソコンをする環境にかけた値段」という意味で書いたのですが、後で少し追記しておきます。

  3. 名前: 投稿日:2016/08/26(金) 12:50:29 ID:fa93df00a

    サンコーレアモノショップで安いアーム出てますよ
    日曜大工店ではパーツを組み合わせる棚も工夫次第では
    ベッドの周りをコの字型に囲み痒い所に手が届く
    城が作れます25Φだと耐荷重250キロ
    適当なスリーブ噛ましてアーム出す事も可能
    天井に投影って言う手も有ります
    プレステVRは目が疲れそう

  4. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/08/26(金) 16:45:58 ID:a9bf5e5a2

    そうなんですね。
    後で、サンコーレアモノショップを覗いてみようと思います。
    耐荷重250kg&コの字型の城はすごそうですね。
    すごく見てみたいです。