ブラウザだけで24種類もの言語を手軽に実行できる「paiza.IO」、簡易テストに便利

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

ちょっとしたプログラムコードなどを試したい時にpaiza.IOというサービスが便利だったので紹介です。

ブラウザから使える主要24言語の実行環境です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

paiza.IOとは

ブラウザでプログラミング・実行ができる「オンライン実行環境」 paiza.IO

paiza.IOは、ブラウザさえあれば、すぐにコードを書いて実行することができるオンライン実行環境です。

現在、以下の24の言語に対応しています。

  1. C
  2. C++
  3. Objective-C
  4. Java
  5. PHP
  6. Ruby
  7. Python2
  8. Python3
  9. Perl
  10. Scala
  11. Go
  12. C#
  13. Haskell
  14. Clojure
  15. D
  16. Erlang
  17. R
  18. JavaScript
  19. CofeeScript
  20. COBOL
  21. VB
  22. F#
  23. Bash
  24. MySQL

実行結果はテキスト、HTML、JSON形式で出力が可能になっています。

複数のファイルを作成することもでき、プログラムを複数に分けたり、データーファイルでCSVをアップロードして読み込むなんてことも可能です。

外部ネットワークへも接続することができるので、ネット越しにAPIなどでデータを取得することも可能です。

paiza.IOの機能

以下では、paiza.IOの主な機能をいくつか紹介します。

エディターが使いやすい

paiza.IOは、ブラウザで使うオンラインエディターにしては、機能もかなり豊富です。

例えば、Rubyのコードを書くと、豊富なテーマの中から選んで以下のように表示させることができます。(以下はMonokaiテーマ)

Yahoo!トピックスの見出し一覧を取って来る(Ruby)  ブラウザでプログラミング・実行ができる「オンライン実行環境」 paiza.IO

このエディターは、オートコンプリート機能などもあり、結構使いやすくてびっくりです。下手なエディターより使いやすいです。

エディターの設定

また、エディター設定ボタンを押すことで、結構詳細な設定を行うことができます。

paiza.IOのエディターの設定ボタン

エディターの設定画面では、以下のようなことを設定できます。

  • テーマ(明るいテーマ:13種類、暗いテーマ:20種類)
  • フォントサイズ(10px~48px)
  • キーマップ(ノーマル、vim、emacs)
  • タブ幅
  • オートコンプリートのオン/オフ
  • 行番号表示のオン/オフ
  • タブやインデント表示のオン/オフ

paiza.IOのエディターの設定画面

コードを実行環境付きでシェアできる

作成したコードは、好きなエディターテーマを選んで、以下のように「実行」できるようにしてサイトなどに埋め込むことができます。

「Yahoo!トピックスの見出し一覧を取って来る」コードサンプル

わざわざ、上記のような難しいコードでなくても、ちょっとした言語の文法確認や、動作確認などにも、とても便利だと思います。

またその書いたコードを、以下のようにして他の人にも共有できるようになっているのは、ありがたいです。

以下はRuby。

以下はPHP。

「この言語では、こう書いたらこう動きますよ。」というのをわかりやすくサイト上に表示させることができます。

またこのコード内容を、閲覧ユーザーが変更して実行することもできるので、閲覧者もいろいろ試すことができます。

手軽に試せるコンソールもある

また、24の言語それぞれに、ちょっとしたものを手軽に試せるコンソールもあります。

24の言語でコンソールが使える

長い計算などは、Windowsについてくる計算機よりは計算しやすいかもしれません。

paiza.IOのコンソールで計算

まとめ

paiza.IOは、登録することで、コードを保存しておくことができます。

登録は、Twitter認証から、メールアドレスを登録するだけで行えるので、結構簡単に行うことができます。

いろいろな言語を、環境を構築することなく、どこからでも手軽に動作を試すことができるので、「あれ?この言語こう書くとどう動くんだったけ?」なんてときには、結構重宝しそうです。

あと、「ローカル環境でテストコードを以前書いたんだけど、後から見ようと思ったらなくなっていた」なんてことが結構あります。そんなことがよくある場合は、ここに書いて置いておくと自動的にストックされていくので無くならなくてよさそうです。