風呂上りや隠れ脱水に飲む点滴ともいわれる「経口補水液 オーエスワン」を飲むと美味すぎる

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

OS-1 200ml

僕は、市販のドリンクだと、オーエスワンが一番好きです。

変わっているかもしれませんが、飲む点滴と言われているだけあって、飲んだ途端体に染み渡るような感覚がたまらず結構頻繁に飲んでいます。

で、以前は500mlのペットボトルを箱買いして飲んでいました。

下痢・嘔吐・脱水など体調不良の時に飲む「経口補水液 オーエスワン」は正に神の雫
先日、体調不良のときに冷蔵庫にOS-1が1本たまたまあったので飲んでみました。 そのときは、膀胱炎の熱で、ちょっとした脱水症状のような...

それで、上の記事を書いているときに初めて知ったんですが、OS-1て病者用食品なんです。

なので、以下のように1日の摂取目安量というのが決まっています。

年齢 1日当たりの目安量
学童~成人(高齢者を含む) 500~1000ml/日
幼児 300~600ミリリットル/日
乳児 体重1kgあたり30~50ml/日

参考 経口補水液OS-1 下痢・嘔吐・発熱等による脱水状態に |大塚製薬工場

僕はこれまで、美味しいからといってガブガブ飲んでいたんですが、どうやら成人は、1日に1リットルまでという目安になっているようです。

なので、これまでは飲みたくなったら500mlをガブガブ飲んでいましたが、それほど喉が渇いていないときは、200mlのペットボトルを飲むために1ケース購入しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたもの

で、実際に購入したのが以下の「OS-1 200ml×30ケース」です。

大塚製薬工場 オーエスワン PET 200mLx30 (ケース)

箱を開けると、中に200mlのOS-1が30本入っています。

経口補水液OS-1200mlペットボトルが30本入っている

好きな飲み物が、これだけ綺麗にギッシリ入っていると、テンションが上がります。

一本だけ取り出してみると、こんな感じの容器です。

OS-1 200ml

500mlのペットボトルと比べてみると、かなり小さな感じです。

OS-1の500mlと200ml

風呂上りのような、少しだけ、喉が渇いている時には、ちょうど良い大きさです。

また、「風邪などで喉が渇いたとき」、「冬の乾燥によるかくれ脱水」なんてケースでも、飲む点滴としてのポテンシャルを存分に発揮してくれます。

一般的に、「OS-1は、体調不良の時に滅茶苦茶美味しい!」と言われることが多いですが、軽い脱水状態の時に飲むOS-1は、得もいえぬ美味しさがあります。体にもグングン吸収されますし。

あと、飲んだ後に口の中にベタベタと後味が残らないのもナイスです。

まとめ

ということで、滅茶苦茶喉が渇いているとき(脱水症状があるとき)は、500mlのペットボトルを。

喉は乾いている(軽い脱水症状のとき)けど、そこまで大量に飲みたくないという場合は、200mlのOS-1を飲むようにしています。

本当は、病者用食品なので毎日は、飲まない方がいいのかもしれません。けれど、日々生活していて喉が乾いてくるとどうしても、これを飲みたくなってしまいます。

というのも、僕は、車椅子生活で、半分寝たきりのような生活をしています。なので半分病者みたいなもんなので、そのように感じるだけかもしれません。

ただハッキリ言えるのは、今の僕には健康管理上もなくてはならない飲み物になっています。

膀胱炎症状が出ると大量の水分を取って尿で感染菌を流し出すなんて時にも飲んだりします。

それにしても、経口補水液と言ったら、昔飲んだときはもっと不味い印象だったんだけど、いつのまにこんなに美味しくなったんだろう。