無料で使える会計ソフト「MFクラウド確定申告」は零細個人事業主にとっては神ツールなのではないか

確定申告、面倒くさいです。

ただでさえ面倒なのに、2014年の確定申告から、僕のような超零細個人事業主でも、記帳義務と保存義務が生じました。(以前は300万円以下は不要だった。)

これらの記帳義務の大変さを解消するため、いろいろな会計ソフトを比較検討した結果、「MFクラウド確定申告」を利用することにしました。そして、面倒な作業からは解放されました。

今回は、「なぜ数あるクラウド会計ソフトの中から、このサービスを選ぶに至ったか」について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

記帳義務化で初めての帳簿づけ

2014年の確定申告から、細々とやっている個人事業主にも帳簿をつける必要があります。

詳しくは以下の国税庁のページに書いてあります。

参考 個人で事業を行っている方の記帳・帳簿等の保存について

そんなわけで、僕も仕事等の収支をつけるため、慌ててfreeeという会計ソフトを使って帳簿というものを初めてつけてみました。

白色申告するなら無料から使える会計ソフト「freee」が素人にもお勧め
先日、確定申告の記事を書いたときに、恥ずかしながら、平成26年1月の白色申告から、簡易的な記帳義務があることを初めて知りました。 ...

これが正直、経理とは無縁の生活をしていた僕でも、かなり使いやすいものでした。「ここまでわかりやすく手軽にできるものか!」と感動したぐらいに。(完璧にできているかどうかは別として)

帳簿には保存義務もある

記帳が義務化がされたということは、当然保存の義務もあります。

国税庁のページでは、「収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿)は、7年の保存が必要」と書いてあります。

ただ、freeeの無料プランは、データの保存が1ヶ月だけです。

ということは、freeeのを利用して帳簿を7年保存するとなると、最も値段の安い「個人事業主プラン」に登録する必要があります。そのプランは、現在年額9800円しますので、単純計算で「9800円×7年」で6万8600円かかります。

もちろん、毎年無料プランを使用して、1ヶ月以内に帳簿をつけて、データをダウンロード&印刷したりして、それを7年保存すれば大丈夫かもしれません。ただ、そこまでするのは、やっぱり面倒くさいじゃないですか。いろいろと面倒くさい会計を手軽にしたくて、サービスを利用しているのに、いらぬ手間がかかるのは、本末転倒のような気がします。

「7年で7万円弱なら安いじゃないか。」と思うかもしれません。確かにそうなんですけど、僕のような弱小にとっては、お金を払う以上、なるべく良いサービスを利用したいと思ってしまいます。なので、ネットでよく名前が挙がっているサービスを、片っ端から登録して、使用感を調べてみました。

そんな中で、僕の心にヒットしたのが「MFクラウド確定申告」です。そのサービスは、なんと個人事業主は基本無料で使用できました。

MFクラウド確定申告とは

MFクラウド確定申告

そんなこんなで、今回紹介する「MFクラウド確定申告」というクラウド会計サービスを知りました。なんとここは個人事業主ならば、白色申告だろうが、青色申告だろうが、初期費用と基本機能は無料で利用できてしまいます。

MFクラウド確定申告の料金プラン

サービスの料金プランには、以下のように書かれています。

無料会員 プレミアム会員
金額 0円 月額プラン800円
月年額プラン8800円(733円/月)
月間仕訳件数 15件/月 無制限
仕訳ルール学習 5件 無制限
メンバー追加 3名まで無料。
登録口座の取引明細一括取得
データエクスポート
トリプルバックアップ
稼働時間を99.5%保証
確定申告必要書類の自動作成
サポート
アップデート(法令改正対応)

MFクラウド確定申告の料金とプラン

無料会員が使える機能

無料プランの、機能は以下のようになっています。

  • 月間仕訳件数:15件/月
  • 仕訳ルール学習:5件
  • 確定申告必要書類の自動作成を使える
  • サポートあり
  • アップデート(法令改正対応)もしてくれる

「月間仕分け件数」とは、月に仕訳ることのできる収支の件数です。正直、僕のような零細申告者には、月に15件も仕分けることができれば、十分すぎます。

「仕分けルール学習」というのは、登録した仕訳を記録し、学習させることで、次回から勘定科目を自動で補完し提案してくれる機能です。というか、この仕訳学習機能は無くても勘定科目が、ドロップダウンリストから手軽に選択できるようになっていますし、5件も学習できれば十分のような気がします。

あと、肝心の確定申告書類を白色でも青色でも無料で自動作成できるのは、MFクラウドオンリーの機能で、本当に助かります。

その上、無料会員でもサポートもあって、アップデートも受けられるなら言うことありません。

登録すべき収支が増えるようなら、プレミアム会員プランにもする必要があるかもしれませんが、弱小であるうちは、無料会員で十分すぎるくらいの機能です。

取引が増えたらプレミアムにするというスタンスで

それに、万が一にも儲かることがあったとします。いろいろ取引も増え、仕訳すべき収支も増えるため、プレミアム会員に登録しなければなら無くなったとしても、それこそウェルカムなのではないでしょうか。

そうなったら月額800円なんて屁でもない値段になるのではないかと思います。当分、プレミアムの機能が必要な状態にはなりそうはないのですけど。

ということで、まずは、この料金体系が魅力で「MSクラウド確定申告」を使おうと考えるようになりました。そして実際に使ってみると、使用感もとてもよかったので、クラウド会計ソフトは、「MFクラウド確定申告」に決めました。

とにかく、有料で使うにしろ、無料で使うにしろ、とてもコスパの良いおすすめの会計ソフトだと思います。

以下では、その他のサービスと比べながら、機能を説明したいと思います。

MFクラウド確定申告、freee、やよいの機能比較

MFクラウド確定申告  会計ソフト「freee(フリー)  弥生の白色申告

MFクラウド確定申告」に行き着くまでに、いろいろな「クラウド会計サービス」を試しました。

というのも、「MFクラウド確定申告」というサービス名が、何だか難しそうで、もっと名前のやわらかい色々なサービスを先に試してしまいました。そして、ほとんど最後に利用してみたのがこの「MFクラウド確定申告」だったからです。

それまでに試したクラウド会計サービスの中でも、素人の僕でも名前を聞いた事があったのは、「freee」と「やよい(会計の方)」でした。こんな僕でも知っているくらいなので、運営もしっかりしているところなんでしょう。実際に、「freee」は、クラウド会計ソフトでのシェアがナンバーワンと書いてありますし、弥生会計というソフトは、多くの人が名前ぐらいは聞いたことがある有名ソフトです。

ということで以下では、それら2つのサービスの機能などと比較して、「MFクラウド確定申告」の利点・難点など紹介したいと思います。

各サービスの最安料金プラン

まずは、やっぱり気になる利用料金です。

それぞれの最安プランを比較した表が以下です。(キャンペーンは含めず、利用期限がある無料プランは含めません。)

MF
無料版
MF
プレミアム
freee やよいの
白色申告
やよいの
青色申告
1年間の値段 0円 8800円 9800円 8640円 12960円
共有ユーザー数 1人 3人 3人 1人 1人
確定申告書類作成 青色、白色 青色、白色 青色、白色 白色 青色

これを見ると、「MFクラウド確定申告」が、無料がいかに破格なのかはもちろん、プレミアム会員でも料金面で割安なのがわかります。詳しくは、料金プランを参照してください。

参考 MFクラウド確定申告の料金プラン

参考 freee (フリー) の料金プラン

参考 料金プラン やよいの白色申告オンライン

参考 料金プラン やよいの青色申告オンライン

取引データの自動取得

多くの方が、クラウド会計ソフトを利用する一番の目的は、この「取引データの自動取得機能」ではないかと思います。

自動取得機能は、銀行や、クレジットカードなどから、取引や、購入したもののデータを、ソフトが自動で取り込んでくれる機能です。

僕も、これが便利すぎて、クラウド会計ソフトを使っているようなものです。何せ、1つ1つ打ち込まなくてよいのですから。

加えて僕は、ネットで必要なものを買うことが多いので、大手ネットショッピングサイトの取引情報も是非取得したいです。

それらも含めて、自動取得機能を比べてみました。

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告では、2016年1月時点で、計3613社の金融機関登録に対応しています。

対応してる金融機関が3613社

このように、カード取引情報も、アカウント情報を入力するだけで取得することができます。(以下は楽天カードの場合)

楽天カードの登録

もちろん銀行も。(以下は、新生銀行の登録。セキュリティーカードを登録しなくて良いのはありがたい。)

新生銀行の登録

そしてやはり嬉しいのは、ネットなどでよく買い物する、Amazonや楽天の取引情報を取得することができることです。Amazonは出品者アカウントも登録することができます。

アマゾンを登録できる

楽天は、楽天市場のみならず、楽天Edyなども登録できます。

楽天を登録できる

買い物による取引情報は、クレジットカードを利用していれば、クレジット情報からも取得することはできます。

しかし、取引情報はショッピングサイトから入手できた方が、詳細な商品情報もついていて、仕訳がしやすいです。カードの場合だと、1回の取引で仕訳る必要がありますが、ショッピングサイトからだと、1つの商品ごとに仕訳ることができます。

やはりこの、MFクラウドのように、Amazonと楽天だけは最低限利用したいものです。

その他にも、クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスや、A8.netなどの、アフィリエイトサービスとも連携できます。

参考 マネーフォワードと連携するサービスのご紹介

全ての利用サービスを登録すると、以下のように一覧で見ることができます。

各種金融機関一覧

ちなみに、領収書・レシート読み込みアプリにも対応しています。

領収書・レシート読み込みアプリにも対応

freee

freeeで、データ取得に対応しているサービスは、2014年12月1日の時点で1680サービスと、こちらも負けず劣らず多いです。(※同期対応口座数の正確な数字は、上記リンク以外では見つかりませんでした)

2016年1月時点で自前で数えた結果、1800社強ありました。

freeeの金融機関登録

freeeも、クレジットカードや、銀行に対応しています。こちらも、MFクラウドもどちらも登録は簡単です。

銀行なども登録できます。(こちらは新生銀行の場合、セキュリティーカードのコード入力が必要)

新生銀行はセキリティカードが必要

ショッピングサイトも、Amazonに対応しています。ただ、出品者アカウントには対応していません。

freeeもアマゾンに対応

楽天には、色々対応しています。

freeeも楽天に対応

やよいの白色申告

やよいの場合は、「やよいのクラウドサービス」自体は、データの自動取得に対応していません。

やよいで、取引情報を取得するには、以下の外部サービスなどに登録して連携する必要があります。

スマート取引取込 外部サービスの連携

ここら辺はあまり手軽ではありません。

ただ、Money Lookなどは、金融機関などのアカウント情報を、ローカルに保存するシステムを採用しているので、サービス上でのアカウント情報の管理が気になる場合は、Money Lookと連携なんかは良いのかもしれません。

ただ僕は、Money Lookに登録して、金融機関登録などをしてみたのですが、数回やってうまく取得できなかったので、諦めました。

勘定科目の入力

帳簿などをつけていて、素人が一番わかりにくいものの一つが、勘定科目の入力です。

以下では、それぞれのサービスの勘定科目の入力方法を紹介します。

MFクラウド確定申告

MFクラウドで支出を登録するとき、勘定科目は以下のような、ドロップダウンリストから選択できます。

勘定項目の設定

勘定科目自体に何があるのかわからない場合は、Googleで調べたりしながら、リストの中から選択することができます。

このように、選択するだけで、手軽に選択できるのは、心得がない者にとってはありがたいです。ただ、今回比較した3つの中では解説がない分、MFクラウドが初心者には最もわかりにくいかもしれません。

freee

freeeの勘定科目登録は、最も簡単かもしれません。

例えば、支出の勘定科目を登録するには以下のように、メニューからたどって選択することができます。また、適切なポップアップヘルプも表示されるので、どれがどの科目なのかとてもわかりやすいです。

freeeで支出の勘定項目登録

素人の僕にとっては、freeeの勘定科目選択が最もわかりやすかったです。色がついているので識別しやすく、とても使いやすいです。

やよいの白色申告

やよいの場合は、以下のようなドロップダウンのリストビュー形式で表示されそこから選択します。

やよいの勘定科目登録

こちらは、補助説明が一覧で表示されるのでとても見やすいです。

わからないことがあった場合

僕のような会計初心者には、経理なんてわからないことだらけです。

そんな時は、使い方を調べられるのも大事です。

MFクラウド確定申告

MFクラウドは、無料でも電話サポートを受けることができます。

できれば、電話サポートなどで、迷惑をかけたくないので、自力で調べたい場合でも、サポートのヘルプがかなり充実しています。

以下のようなカテゴリ項目から、手軽に調べることができます。

  • サービス全般
  • 入力・仕分けについて
  • 計算・申告について
  • 口座情報について
  • 設定方法について

会計ソフト「MFクラウド会計」のサポート

また、詳細なFAQ一覧から検索もできるので、欲しい情報に辿り着きやすくなっています。(以下は勘定科目について検索した結果)

MFクラウド会計・確定申告のFAQ

freee

freeeのヘルプセンターはこんな感じ。こちらもカテゴリに分けられていて、こちらもわかりやすいです。

freeeのヘルプセンター

検索も、以下のようにGoogleチックに手軽にできます。

ヘルプセンターで勘定科目を検索

やよいの白色申告

やよいの白色申告のオンラインサポートは以下のようになっています。メニュー、目的、FAQから探すことができます。

やよいの白色申告 オンライン サポート情報

ヘルプの検索画面は以下のようになっています。

検索結果|やよいの白色申告 オンライン サポート情報

MFクラウド確定申告を選んだ理由

いろいろな、クラウド会計ソフトの中から、「MFクラウド確定申告」を選択した理由をまとめると、以下のようになります。

  • 無料でデータを保存しておける
  • 無料で基本機能を利用することができる
  • 無料で白色申告でも青色申告でも提出書類が作れる
  • 無料で各種決算書が作れる
  • 無料でもサポートあり
  • 取引が多くなるようなら、プレミアム版にアップデートしても割安
  • 金融機関の連携機能が最も使いやすかった(Amazon、楽天に対応)
  • 勘定科目をリストの中から選択できる
  • ヘルプFAQが充実している

上では、紹介しきれなかったものも含めてみました。

ただ、今回比較した3つのサービスを中では、勘定科目の選択は、MFクラウドが最もわかりにくいかもしれません。

けれど、それを考慮したとしても僕のような零細個人事業主には、「MFクラウド確定申告」が頼もしく感じます。

まとめ

以前税務署に電話で確認したのですが、他に仕事などを持たないで事業で収入を得ている場合は、通常38万円の収入から、確定申告が必要になり記帳義務があります。これは、ブログで収入を得ている人も含まれます。

MFクラウド確定申告」の最大の利点は、収入が38万円に行くか行かないかわからない方の場合でも、とりあえず登録して、金融機関の情報を自動取得だけさせておいても、お金が全くかからないということです。

MFクラウドのマーケティング本部長の田平公伸さんも、インタビューなどで以下のようにおっしゃっています。

「MFクラウド会計・確定申告」「MFクラウド請求書」を提供している株式会社マネーフォワードの田平公伸さん

当社の会計ソフトは、金融機関からのデータ自動取得が最大のウリですが、この恩恵を最大限受けるには、1日でも早くご利用開始いただくことをおすすめしています。

なぜかと言いますと、例えばクレジットカードからデータを自動取得する場合、カード会社によっては過去数ヶ月分しかデータを取得できない場合があるんです。

確定申告では当然1年分の会計報告が必要ですので、申告シーズンから会計ソフトの利用を始めてしまうと、1年分の会計データを自動取得できない場合も出てきます。(中略)

ですので。まずは一日も早くアカウント登録(無料)いただき、データ自動取得設定だけでもしていただくことをおすすめしています。

無料のクラウド会計サービスは、「とりあえず登録してデータだけ取得させておくことができる」ことが何よりの強みだと思います。

サイト MFクラウド確定申告