30代だけど「あたまの健康チェック」受けてみたよ。その結果。

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

チェック

先日、電話で受けた軽度認知症チェック結果が届きました。

詳しい経緯は以下。

個人的には、チェックの手応えは、かなり悪く、ちょっと心配なくらいだったんですが、その結果が郵送されてきました。

結果だけ言ってしまうと、僕の頭は今のところ問題ありませんでした。

詳しいことは以下で述べたいと思います。

photo by ZeLIG School

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

軽度認知症テストとは

その前に、前回も書きましたが簡単に今回の軽度認知症チェックについて説明。

このテストは、あたまの健康チェックと言って、アメリカの医療機関で開発されたテストです。

わずか電話で10分程度の質問に答えるだけで、97.3%の精度で認知機能の低下を判定します。対象年齢は、30~99歳です。

軽度認知症テストの結果

で昨日、テスト結果が郵送されてきました。

頭の健康チェックの結果が入った封筒

テスト内容を簡単に言うと、、簡単な10個の単語を最初に覚えて、何個暗唱できるかというのを4回ほどやります。

詳しくはこちらに書いてありますが、僕はこの単語をなかなか覚えられなくて

  • 1回目→4個
  • 2回目→5、6個ほど
  • 3回目→7、8個ほど
  • 4回目→8個

結局8個しか覚えられませんでした。1回目なんか4個しか覚えられなかったし…。

で、結果があまりよくないのではと思いながら、恐る恐る封筒を開いたら、まず次の文字が目に飛び込んできました。

問題は見つかりません

問題は見つかりません

これで、ひとまず安心しました。

で、認知機能指数となる、MPIスコアなる数値を見てみると、78.05となっていました。

MPIスコア

MPIスコアについては、以下のように書かれています。

MPI スコアとは対象者の認知機能を示す指数で0-100の数値で表記されます。表記された数値により「MCI の疑いあり(0=<MPI=<49.8)」「問題は見つかりません(50.2=<MPI=<100)」を判定します。この判定は、対象者の回答を同年齢、性別、学歴年数などのピアグループと比較し行われます。ただし、約1%のケースにおいてこの判定ができない場合があり、その場合には「ボーダーライン(49.8=<MPI=<50.2)」と表記されます。MPI スコアは12万以上のデータを基に人口統計学的に開発されたもので米国特許を受けています。

要は、以下のような感じです。

  • 49.8以下→軽度認知症の疑いあり
  • 50.2以上→問題なし

僕は、100点満点で言えば78点で、まあまあの結果といえるのかもしれません。(30代でこれは高いのかどうかわかりませんが)

結果の紙はこんな感じです。

あたまの健康チェックテスト結果

先日、ミヤネ屋で同じテストを受けた読売テレビのアナウンサー三浦隆志さん(テスト時45歳)の結果が以下です。

MCIテスト結果ミヤネ屋

なので僕は、45歳の三浦アナにちょっと負けるぐらいの頭の健康さは、まだ残っているようです。

ちなみに、三浦アナはこの方です。(読売テレビのアナウンサー紹介

三浦隆志 アナウンサー - Google 検索

まとめ

とりあえず、あまりにも悪い結果が来たら「ブログに書いても笑えないし、笑いにして書くようなことでもないしどうしようか?」と思っていたので、無難な結果が来てホッとしました。

健康診断にしても何にしても、結果が出るときって、どうしても「大丈夫だろうか?」と不安になってしまいます。

しかし、これで自分の頭の状態も客観的にわかりましたし、他の人にも、「こんなのもあるよ」とテスト受けてみた体験を話すことができるので、良い経験ができたと思います。

マジでちょっとビビってたけど。