ローカル環境構築ソフト「MAMP」で手軽にWEB開発環境を作る方法。&WordPressのインストール

ローカルWEB開発環境構築と聞くと何だか難しそうに聞こえます。

けれど、僕はこれまでWindows上でローカル環境を構築するのにInstant WordPressXAMPPを使用して作成していますが、思っていた以上に簡単にローカル環境を作れています。

ただ先日、MAMPをインストールするだけで、というローカル環境構築ソフトがあるということを知ったので試しに使ってみました。

そしたら、こちらもかなり簡単にWEB開発環境を作成できたので紹介です。加えて、そのローカル開発環境に、Wordpressをインストールする方法も紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

MAMPとは

MAMP & MAMP PRO

MAMP(無料版)は、WindowsとOS X上で動作するWEBデベロッパー向けのツールです。

MAMPをインストールするだけで、ローカルでWEB開発をするのに必要になってくる以下の環境が一通りインストールされます。

  • Apache
  • Nginx
  • MySQL
  • SQLite
  • PHP
  • Python
  • Perl

その他にインストールされるコンポーネントに関してはこちらを参照してください。

基本的にインストール作業を行うだけで、特に初期設定も必要なく、PHPなどを使用したWEB開発がすぐに使い始められるのは面倒くさくなくて良いです。

MAMPのインストール方法

MAMPをインストールするには、まずダウンロードページからパソコンの環境にあったMAMPをダウンロードします。

MAMP & MAMP PRO - Downloads

僕の場合は、Windows環境で利用するので、Windows版を選択しました。

Windows版MAMPのダウンロード

以下では、Windows版の方法を紹介したいと思います。

ダウンロードが完了すると「MAMP_MAMP_PRO_X.X.X.exe」というファイルが作成されるので起動してください。

MAMP_MAMP_PRO_3.2.1.exe

ファイルを起動すると以下のようなWelcome画面が表示されるので「Next」ボタンを押してください。

MAMPウィザードにようこそ

次に「MAMP PRO版のインストール設定」画面が表示されますが、今回MAMP PROは使用しないので、チェックを外して「Next」ボタンを押します。

MAMPプロのチェックを外す

ライセンスの同意画面が表示されるので「I accept the agreement」を選択し「Next」ボタンを押してください。

ライセンスの同意画面

次にMAMPをインストールする場所を設定します。場所はどこにインストールしても良いのですが、特にこだわりがない場合は、デフォルトの「C:\MAMP」にして「Next」ボタンを押してください。

MAMPのインストール場所の設定

次に、スタートメニューフォルダの選択ですが、これもデフォルトの「MAMP」にして「Next」でOKかと思います。

MAMPスタートメニューフォルダーの設定

次は、デスクトップアイコンの作成設定です。とりあえずここではデスクトップアイコンを作成するために「Create a desktop icon」のチェックが有効のまま「Next」ボタンを押してください(不要なら後で削除すればいいだけなので)。

MAMPデスクトップアイコンの作成設定

最後にこれまでのインストール設定の確認画面が表示されるので問題なければ「Install」ボタンを押してください。

MAMPインストール設定の確認

すると、MAMPのインストールが開始されるのでしばらく待ちます。スペックの低いパソコンだと結構時間がかかると思います。

MAMPのインストールが開始される

インストールが完了するとコンピューターの再起動が促されるので再起動してださい。

MAMPのインストールが完了後コンピューターの再起動が促される

特に再起動しなくても僕の環境では普通に動作しました。

MAMPの起動(初期設定)

デスクトップ上にMAMPショートカットが表示されていると思うので、クリックして起動してください。

デスクトップのMAMPショートカット

インストール時にショートカットを作成しなかった場合は、スタートメニューから起動してください。

スタートメニューのMAMP

MAMPを起動すると、以下のような画面が表示され、Apacheサーバーと、MySQLサーバーが自動で起動されます。

MAMPの起動画面

Apacheのサーバ起動時に以下のようなWindowsファイヤーウォールのダイアログが表示されると思うので、「アクセスを許可する」をクリックしてださい。

Apacheのアクセスを許可する

MySQLも同様に「アクセスを許可する」ボタンを押してください。

MySQLのアクセスを許可する

正常に起動すると、以下のような画面が表示されるので、「Open start page」をクリックしてください。

MAMPのスタートページを表示する

するとデフォルトのブラウザで、「http://localhost/MAMP/」が開かれ、以下のようなスタートページが表示されます。

MAMPのスタートページ

スタートページにあるMAMPのMySQL設定情報などは、後で利用することもあるのでチェックしておきましょう。

MAMPのMySQL設定情報

ブラウザで「http://localhost/」を開くと、動作確認用のローカルトップページが表示されます。

Index of -

初期状態では何もファイルが入っていません。

ローカルトップページは、MAMPデフォルトインストール時の「C:\MAMP\htdocs」にあたります。

なので「PHPファイルの動作確認をしたいな」なんて時は「htdocs」フォルダの中にテスト用ファイルを置いて、ブラウザで開くことで動作確認できます。

htdocsフォルダにテストファイルなどを置く

WordPressのインストール

MAMPには、デフォルトでWordpressが入っていないので、自前でインストールする必要があります。

WordPressのダウンロード

まずはWordPressからWordpressをダウンロードします。

日本語 — WordPress

WordPressの設置

ダウンロードしたWordpressファイルを展開(解凍)して、できたフォルダーを「C:\MAMP\htdocs」にコピペします(デフォルトの設定状態でインストール時)。

MAMP内にWordpressをコピペ

WordPressのインストール

そしてブラウザで「http://localhost/wordpress」を開くと「ようこそ」画面が表示されるので「さあ、始めましょう!」ボタンを押してください。

WordPress へようこそ。

すると、以下のようなデータベース接続のための設定画面が表示されます。

MAMPでデータベースの設定

まずは、「データベース名」なんですが、MAMPにはデフォルトで「test」というデータベースが作成されています。テスト環境であれば、これを利用すればOKかと思います。

テスト用のデータベースがあらかじめ作成してある

あと、データベースの「ユーザー名」と「パスワード」なんですが、先程MAMPのようこそページに書いてあった以下の情報を利用します。

MAMPのMySQL設定情報

すべての設定を書き込んだ状態が以下になります。

MAMPのデータベース接続の設定を終えた状態

  • データベース名:test
  • ユーザー名:root
  • パスワード:root
  • データベースのホスト:localhost(デフォルトのまま)
  • テーブルの接頭辞:wp_(デフォルトのまま)

すべての設定が済んだら「送信」ボタンを押します。

データベースの設定が無事済んだら、以下のような画面が表示されるので「インストール実行」ボタンを押してください。

MAMPにWordpressをインストール実行

インストールを実行すると、管理者アカウントの入力画面が表示されます。

アカウント情報の入力

今回はローカルでテスト用に利用する環境なので、アカウント情報などは以下のような感じでOKかと思います。

MAMPで管理者情報入力

僕は、以下のように入力しました。

  • サイトのタイトル:test
  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password
  • パスワード確認:脆弱なパスワードの使用を確認にチェック
  • メールアドレス:自分の持っている適当なメールアドレス
自分しか使用しないパソコンなどをのローカルテスト環境であれば、覚えやすいユーザー名とパスワードで問題ないかと思います。逆に、WEB上に公開するサイトではこのような設定にしないでください。

設定が済んだら「Wordpressをインストール」ボタンを押してください。

MAMPでWordpressをインストールボタンを押す

管理者アカウント情報登録が成功したら以下のように「成功しました!」と表示されるので「ログイン」ボタンを押してください。

MAMPのWordpress管理者アカウント登録が成功

WordPressへのログイン

さ共同登録したアカウント情報でログインしてください。

MAMPでログイン

WordPress管理画面の「ダッシュボード」が表示されれば、Wordpressのインストール完了です。

ダッシュボード ‹ test — WordPress

動作確認

WordPressトップページを表示すると、ちゃんと動作するかも位置を確認しておいてください。

test – Just another WordPress site

まとめ

こんな感じで、WEB開発環境を構築するだけなら5分。

WordPressをインストールしたとしても慣れている人なら10分ぐらいで、Wordpressローカル環境をWindows上に作成することができます。

ただ、Wordpressローカル環境の構築のみに限定して言えば、Instant WordPressが最も簡単とは思います。

Instant Wordpressで超簡単にワードプレスローカル環境を構築する方法
今回は、Windowsに、これ以上無いくらいに簡単にWordpressローカル環境を構築する方法の紹介です。 僕は2台のWin...

けれど、単にPHPなどのローカル環境が欲しい場合には、MAMPはXAMPPに負けず劣らず簡単になっています。

というわけで、「ローカルWEB開発環境を難しい設定はできるだけ無しで構築したい」とか「Wordpressローカル環境を何個か用意して、それぞれの環境でテストをしたい」なんて場合には、MAMPは手軽に作成できます。

参考 MAMP