[Windows]エクスプローラー詳細表示で、縮こまって隠れたテキストを一発で全表示する裏技

Windowsエクスプローラ

Windowsのエクスプローラーなどで詳細表示をした時、カラムの幅が狭すぎてテキストが隠れてしまっているなんてことはないでしょうか?

こんな感じで。

エクスプローラーのカラム

今回は、このような状態を一発で解消する方法です。

こういうのは、普通だったら、カラムを一つ一つマウスでドラッグして広げるところですが.これだと何回もマウス操作するのが面倒くさいです。

カラムをドラッグする

こういったときは、ショートカットキーの [Ctrl]+[テンキーの+キー] を押すことで、一発で隠れているテキストが展開されて表示されるようになります。

キーボードで行ったら、このボタンを同時に押します。

キーボード

ショートカットキーを押すことで、こんな感じだったエクスプローラーの詳細表示テキストが

詳細表示のテキストが

こんな感じで一発で展開されます。

文字が展開された詳細表示

エクスプローラーで、ファイルの詳細情報を表示させようとして、カラム幅が狭くてテキストがちゃんと表示されていない時には是非使ってみてください。

ちなみに、Windowsのアプリケーションで、リストビュー(ListView)コンポーネントを使用しているものなら、どんなアプリでもこの方法は使えます。

極端な例だけど、こんなになってるタスクマネージャも文字の隠れているタスクマネージャ

[Ctrl]+[テンキーの+]で一発で展開されます。

文字の表示されたタスクマネージャ

手早くテキストを表示させたい時には便利なショートカットキーです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告