歯の隙間を掃除しても痛くない「小林製薬の極細やわらか歯間ブラシSSS」を使ってみた

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

小林製薬の極細やわらか歯間ブラシSSS

最近、歯の掃除にはまっています。

Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャーGUM極細歯間ブラシなどで、歯のお掃除をするのが楽しいです。なんてたって、歯の掃除をするととても気持ちがいいんですよ。僕はあまり歯に隙間がある方ではないんですが、それでも歯間ブラシなどをするとモノが挟まっていたりします。毎日歯磨きはしていますが、どうしてもブラシの届かないところがあるんですね。歯の掃除をし終わったあとには、「スッキリ爽快!」という言葉がまさにピッタリです。

ただ、歯間ブラシで掃除をするときに、これまでの歯間ブラシでは、ちょっとした不満点もありました。

それは、ブラシの針がワイヤーでできているので、無理やり押し込むとたまに痛かったり、刺さって血が出てしまうということがあるからです。

その問題を解決する手段として、今回は「小林製薬の極細やわらか歯間ブラシSSS」を購入してみました。

この歯間ブラシは、先端が次のようにゴムになっていいます。

やわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズの先っぽ

ゴムのおかげで、細い歯の間にさしても痛くなく、また誤って歯茎にさしてしまっても全く痛くありません。ゴムの伸縮性のおかげで、衝撃を吸収してくれ、逆に歯茎のマッサージになっている感じです。

これで歯と歯の間である三角スポットなどを掃除すると、食事の後やらないと逆に気持ち悪くなる中毒性があります。これとドルツ・ジェットウォッシャーを組み合わせた日には、そりゃもう口腔ケアのフルコースみたいなもんですよ。はまります。

ただこの、「やわらか歯間ブラシ」は極細で、強い力ですると根元で折れてしまうので、そこだけ注意して使えばいいと思います。手元が折れるだけなので、折れたことで口の中を怪我をするということは、まずないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告