縦型タブを標準搭載しているChromeベースのブラウザ「Kinza」が使いやすい

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

僕は普段Firefoxを使用しています。

Firefoxは、動作が重くて使いづらい部分もあるのですが、アドオンを使えば縦型タブ(ツリー型タブ)が利用でき、使いやすいので使用しています。

Chromeにも、ツリー型拡張はあるのですが、別ウィンドウになってしまったりして、個人的にはいまいち使いづらかったのでFirefoxを使用していました。

ただ先日、Chromeベースのブラウザで、縦型タブをデフォルトで搭載しているKinzaというプラウザが結構使いやすかったので紹介です。

photo by Mayfan

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Kinzaとは

Kinza ユーザの声で進化するウェブブラウザ

Kinzaは、Google Chromeを支える「Chromium」をベースに開発された、日本製のオリジナルWebブラウザです。

Windows Vista、7、8、8.1、10に対応しています。

非常に、ユーザーの意見を大切にしてくれるブラウザのようで、フォーラムにて広く意見を募集しています。サイトにも、以下のように書かれています。

ユーザーの意見を大切にしたい
Kinzaは開発者とユーザーの意見交換を積極的に行っています。なぜなら、使ってみなければ分からない発見や要望があるから。大切なのは“みなさんの声”です。

縦型タブが標準搭載

このKinzaで個人的に最も刺さった機能は、縦型タブかデフォルトで搭載されているということです。

Kinzaの縦型タブ

通常、タブを使っていて、ちょっとページを開きすぎると、タブ幅が以下のように狭くなってしまいタイトルが見えず「これ何のページだったっけ?」なんてことが結構あります。

通常のChromeタブ表示

けれど、Kinzaの縦型タブ表示だと、ある程度はタイトルを読めるので、「どういう目的で開いていたページか」ということが非常にわかりやすいです。

Kinzaの縦型タブ表示

その他の機能

その他にもKinzaには、Chromeユーザーが拡張により設定していた機能などが標準搭載されています。

マウスジェスチャー機能

マウス動作でコマンドを実行する。

Kinzaのマウスジェスチャー機能

スーパードラッグ機能

リンクをドラッグ&ドロップすることで新しいタブにページを開く。

Kinzaのスーパードラッグ機能

RSSリーダー機能

ブラウザに標準でRSSリーダーもついています。

KinzaのRSS機能

タブ動作の設定が標準搭載

あと、タブの開き方の設定が標準搭載されているのも、地味に嬉しいです。

タブの開き方の設定

縦型タブを表示させる方法

Kinzaデフォルトでは、通常のタブ表示になるので、縦型タブを表示させる設定の方法も紹介しておきます。

といっても、方法はかなり簡単です。

サイドバーに縦型タブを表示

まずは、ツールバーの一番左にある「≪」ボタンを押します。

サイドバーの表示

すると、サイドバーが表示されるので「タブ」ボタンをクリックします。

縦型タブを表示

すると、サイドバーに縦型タブが表示されます。

縦型タブが表示された状態

通用タブの非表示

「縦型タブがあれば通常タブは必要ない」という場合は、Kinzaのオプションボタンをクリックします。

Kinzaのオプションボタンをクリックする

以下のようなメニューが表示されるので「設定 → タブ」を選択してください。

Kinzaのタブメニューを開く

「タブ」設定画面が表示されるので「タブバーを表示しない」を有効にすると、デフォルトのタブバーが隠れます。

「タブバーを表示しない」を有効にする

Chrome設定の引き継ぎも可能

Kinzaは、Chromeベースのブラウザなので、使用していたChromeの設定を引き継ぐことも可能です。

設定を引き継ぐには、まずは「閉じる」ボタンの近くにある「人型のアイコンボタン」をクリックし「Kinzaにログイン」ボタンをクリックします。

Kinzaにログイン

すると「Googleアカウントを追加」ダイアログが表示されるので、アカウント情報を入力してログインします。

KinzaにGoogleアカウントでログイン

アカウント情報を入力し終えると「Kinzaにログイン済み」と表示されます。

Kinzaにログイン済み

すると、Kinzaにも以前クロームで使用していた、ブックマーク、パスワード、拡張などの設定が反映されます。

Kinzaに以前の設定が復元される

こんな感じで、再設定も手軽です。

まとめ

やっぱり、サイドバーで縦型タブが使えると、かなりブラウザが使いやすくなります。

あとやっぱり、オフィスが日本橋にある国産のブラウザというのも、結構安心です。何か要望や問題があったら、日本語でフォーラムに書き込んでやりとりできるというのは、いざというときに助かります。

というわけで、「Chromeで縦型タブを利用したい」とか「日本語で要望が出せるブラウザを使いたい」なんて場合は、Kinzaはおすすめです。

サイト Kinza | ユーザの声で進化するウェブブラウザ