Googleはもとより、YouTube、App Storeの関連キーワードを調査できる無料ツール「Keyword Tool」

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

先日、KWFinderというキーワードツールを紹介しました。

クリック単価、競合サイト情報が見れるSEOキーワードツール「KWFinder」が便利!
無料から使えるKWFinderというキーワードツールを見つけました。 このツールでキーワードを調べると、「関連キーワード」はも...

上記ツールは、無料プランだと関連キーワード50個までという制限付きでした。

で、今回紹介するのがKeyword Toolという、関連キーワード提案なら無制限のツールです。

何ヶ月か前に見つけだときは、日本語に対応されていなかったのですが、先日覗いてみたら、日本語に対応していて結構使いやすかったので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Keyword Toolとは

Keyword Tool- FREE Alternative to Google Keyword Planner

Keyword Toolは、Google、YouTube、Bing、App Storeのサジェストキーワードを無料で調査できるツールです。

サジェストキーワードというのは、Googleなどで検索キーワードを入力すると下に表示されるキーワード提案のことです。

Googleのキーワード提案

これらの、サジェストキーワードは、基本的に人々が検索ボックスによく打ち込む文字が表示されます。ですので、それだけ検索需要のあるキーワードともいえます。

そういったキーワードを、うまくブログ記事のタイトルなどに含めることで、検索からの流入を呼び込むなんて使い方もできます。(※うまくやった場合)

キーワードツールなら、日本ではgoodkeywordなどが有名で、楽天や、Google Playなどのサジェストを見ることができます。

今回紹介するKeyword Toolも似たようなツールではありますが、こちらはYouTubeとApp Storeのサジェストキーワードを見ることができます。

Keyword Toolの対応サービス

また、海外製のツールなので全エリア、全言語のサジェストキーワードも見ることができます。

Keyword Toolの使い方

使い方といっても、単に検索ボックスにキーワードを入力して検索すればOKです。

けれど、半角英数字で検索したときに、海外のキーワードが結果に表示されてしまうので、日本向けのキーワードを探すなら、以下のように設定すればOKです。

2015-08-10_11h26_50

Googleの場合を例にすると、キーワードを入力して、「検索エンジン:google.co.jp」「言語:Japanese(日本語)」にすればOKです。設定はクッキーに保存されるので次から設定する必要はありません。

調査結果画面

試しに、「クレジットカード」で調査してみると以下のように表示されました。

クレジットカードでKeyword Tool調査

五十音順にサジェストキーワードを見ることができます。

ちなみに、有料版に登録すると、平均検索ボリュームや、クリック単価、競合性なども見ることができます。

screenshot-pro

有料版

ちなみに有料版だと以下のようになっています。

Keyword Toolの有料プラン料金表

「平均検索ボリューム」、「AdWordsでのクリック単価」、「AdWordsでの競合性」、全ての結果を見るには、最上位プラン「Pro Plus(月額11000円弱※)」にする必要があるようです。

こういった機能がある同様のツールとしてKWFinderがありますが、有料版の値段は、Keyword Toolの方が安いですが、KWFinderの方が機能も豊富で情報が多いといった感じです。

クリック単価、競合サイト情報が見れるSEOキーワードツール「KWFinder」が便利!
無料から使えるKWFinderというキーワードツールを見つけました。 このツールでキーワードを調べると、「関連キーワード」はも...

まとめ

日本の場合は、goodkeywordとか、AdWordsキーワードプランナーとかでも十分なのかもしれません。

ただ、Keyword Toolは、YouTubeや、App Storeのサジェストキーワードを手軽に調べられるウェブツールはあまり見かけたことがなかったので。

なので、「YouTubeに関するキーワード提案をみたい」とか「AppStoreのサジェストをPCからみたい」なんて時にはいいかもしれません。