超勢いが強い水流調節式のシャワーヘッド「カクダイ 低水圧用マッサージストップシャワーヘッド」を購入

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

カクダイのシャワーヘッド

先日、自宅で使っているシャワーヘッドが動作不良になりました(止水ボタンが硬くなった)。

そんな状態だと使いにくいので新しいシャワーヘッドを購入することにしました。

ただ、僕はこれまで何種類かのシャワーヘッドを使ってきましたが、「以前購入したものを購入してもつまらない」という思いが先に立ちました。

そこで、「何か面白い機能のついたシャワーヘッドはないものか?」と探したら、シャワーのヘッドをひねると水流を2段階に調節できる「カクダイのシャワーヘッド」なるものがあったので購入してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

カクダイのマッサージストップシャワーヘッド

で、ネットで購入して実際に届いたシャワーヘッドが以下。こんな箱に入って届きます。

カクダイのシャワーヘッドの箱

中を開けると、以下のようなパッケージにシャワーヘッドが入っています。

カクダイシャワーヘッドのパッケージ

このシャワーヘッドは、以下のような特徴があります。

  • シャワヘッドのボタンにより、簡単に一時止水できる
  • 先端のシャワーのリング部を回転させるとマッサージシャワーに切り替え可能
  • 低水圧にも対応、節水効果もある(節水率は約30%とのこと)
  • ホース接続アダプター2個付き

内包物を全て出すと以下のものが入っています。

カクダイシャワーヘッドの中身

  • シャワーヘッド本体
  • ホース接続アダプター×2

ちなみに以下のメーカーホースには、本体をそのまま取り付けることができるそうです。

TOTO製/INAX製(バランス釜以外)/KAKUDAI製/SAN-EI製の G1/2ネジのホース

僕の家の風呂場はTOTO製だったので、接続アダプターも不要でそのまま取り付けることができました。

ホース接続アダプターは、その他の様々なメーカーのシャワーに取り付けられるように付属しています。

ホース接続アダプター2個付き (MYM製W23山14/KVK製M22X2/東京ガス製バランス釜/ INAX製バランス釜/リンナイ製の一部バランス釜M22X1.5

ですので、本体をそのまま、もしくは接続アダプターで固定すれば、大抵のメーカーのシャワーに対応できると思います。

詳しくは、パッケージ裏面に書いてあります。

カクダイシャワーヘッドのパッケージ裏面

で、シャワーヘッド本体が以下。

カクダイシャワーヘッド本体

シャワーヘッドに付属している機能が「マッサージシャワー機能」と「水流の手元スイッチ機能」です。

カクダイシャワーヘッドの先端部分

手元スイッチで、以下のように水流のオン/オフを切り替えることができます。

水流ON 水流OFF

そして、先端をひねれば以下のような、マッサージシャワーモードに変更することも可能です。

マッサージシャワーに切り替え

僕は、この機能を使ってみたくて、このシャワーヘッドを購入しました。

ちなみに、シャワー口の穴は、結構大きくて粗めです。

カクダイシャワーヘッドの穴

使ってみた感想

で、実際にシャワーヘッドを風呂場に取り付けて、しばらく使用してみました。

カクダイシャワーヘッドを風呂場に取り付け

まずは、僕がこのシャワーを購入するに至った理由でもある、水流変更機能を利用してみました。

とりあえず、通常のシャワーでは、放水される水の軌跡は、以下のようになります。

通常シャワーの軌跡

先端部分をひねってマッサージシャワーにすると以下のような水の軌跡になります。

マッサージシャワーの軌跡

浴びてみると、なんだか、温泉などに設置してある打たせ湯的な感覚です。

温泉の打たせ湯
Photo by coron_k.

確かに、名称が「マッサージシャワー」となっているのもうなずけます。

通常利用の使用感

それで、通常のシャワーとして使用した使用感を正直に言えば、使い勝手はイマイチでした。

とにかくシャワーの勢いが凄まじいというか激しいというか。

僕が想像していたよりも、ものすごい勢いで水が放出されるため、体に当たったシャワーの水が、また別方向に飛び散ります。これが「とにかく勢いが強烈なシャワーが欲しい」という人ならば最適と思いますが、通常利用でこの勢いは持て余します。

もちろん、カランの方についている水流調節で水の量を調節すれば、水の飛び散りはある程度調節できます。ただ、カランで調節するのは微妙に面倒くさいです。

ただ、カランで調節したとしても、以前使っていたものよりは、水の飛び跳ねが強いです(個人的にはこれまで使ってきたシャワーの中で一番飛び散る)。

個人的に、このシャワーの水の出方を評するなら「とにかく勢いはあるけどガサツな水流」といったところでしょうか。

ただこれは、以前使用していた、以下のシャワーヘッドの、きめ細かな放水と比較したからかもしれません。

年間3万円の節水効果!シャワーヘッド「タカギ キモチイイシャワピタT」をレビュー
家の十数年使っているシャワーヘッドがもう限界のようです。 というのも、手元スイッチでシャワーを止めると以下のように、結構な量水がしたた...

けれど、「シャワーヘッドなんてどれも同じだろ?」と思っていた僕にとって、「シャワーヘッドにもいろいろと個性があるのだな」と勉強になりました。

手元スイッチで止めてもポタポタと水が滴る

あと、もう1点気になったのが、手元スイッチでシャワーを止めても、ポタポタポタポタと水が滴ることです。

「カランの方で水量を抑えたらポタポタ落ちないのかな?」と思って水量を落としてみましたが、ポタッポタッと落ちる頻度は下がるものの、相変わらず漏れます。頭や体を洗っていても、水がポタポタ落ちるので微妙に気になります。

ただこれは、シャワーヘッドを水圧から守るため、わざと漏れるような仕様になっているのかもしれません。実際にそういった仕様の車はヘッドもあるようです。

けれど個人的には、手元スイッチを止めたらピタっと水が止まって欲しかったので、僕の需要には合いませんでした。

まとめ

そんなわけで、このシャワーヘッドを利用するとしたら以下のような人には良いかもしません。

  • とにかく勢いが強いシャワーが大好きだ
  • 強い水流でシャワーのついでにマッサージをしたい
  • 打たせ湯的なマッサージモードのシャワーを利用したい

逆に、以下のような人には向いていないかもしれません。

  • 水が強く放出されて周りに飛び散るのが嫌だ
  • 手元スイッチでピタリと水を止めたい

とにかく水の勢いが強いので、マッサージ的な意味で言えば凄く気持ち良いです。

ただ、水の放出がかなりガサツ(あくまで個人的感想です)なので、「とにかく勢い命」という方以外には向かないかもしれません。

レビューなどを見ていると、ペット用に利用されている方もおられました。確かに、外で泥々になったペットを洗うのには良さそう。

値段が安くてコスパの良いシャワなら、個人的にはタカギのシャワーヘッドがおすすめ。

僕の場合は、結局タカギのシャワーヘッドを購入して取り替えました。