高機能画像ギャラリーを手軽に設置できるjQueryプラグイン「lightGallery」

サイトなどに高機能な写真ギャラリーを設置できる「jQuery lightgallery」を使ってみました。

今回はその利用方法などの紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

lightGalleryとは

jQuery lightGallery

jQuery lightgallery」は、jQueryで動作するレスポンシブなライトボックスギャラリープラグインです。

CSSとjsファイルを呼び出し、簡単なコードを書くことで、高機能な写真ギャラリーをサイトに設置することができます。

呼び出すjsファイルを変更したり、実行コードを多少修正することで、簡単に動作をカスタマイズ出来るのも特徴です。

ギャラリー表示例

lightGalleryを実際に動作させてみると以下のようになります。

レスポンシブに対応していると同時に、こんな感じで、スワイプでの写真切り替えにも対応しています。

lightGallery動作

以下では、このlightGalleryの使い方を簡単に説明します。

lightGalleryの使い方

以下では、サイトでのlightGalleryの設置方法を紹介します。

主な手順

lightGalleryを利用するのに必要な主な手順は以下です。

  1. lightGalleryのダウンロード&設置
  2. ヘッダーでCSSの呼び出し
  3. フッターでJSファイルの呼び出し
  4. フッターに実行コードの記入
  5. HTMLでAやIMGタグを記入

lightGalleryのダウンロード&設置

まずは、GitHubの「Download ZIP」ボタンからファイルをダウンロードします。

GitHubからlightGalleryをダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍して、中にある「dist」フォルダ内にあるフォルダすべてをプロジェクトフォルダ内に移動します。

「dist」フォルダの中には以下のフォルダがあります。

  1. css
  2. fonts
  3. img
  4. js

lightGalleryに必要なファイル

これらのフォルダを全てをプロジェクトフォルダ直下にコピペします。

WordPressの場合は、テーマフォルダ直下。

ヘッダーでCSSの呼び出し

次に、<head></head>内で以下のようにlightGalleryのCSSファイルを呼び出します。

フッターでJSファイルの呼び出し

フッターの</body>タグ手前あたりでjsファイルを以下のように呼び出します。

「lg-xxxxxxxx.min.js」というファイルは、プラグインファイルです。必要な機能を追加したい時にJSファイルを呼び出します。

機能としては、以下のような機能があります。

  • サムネイル機能
  • フルスクリーン機能
  • オートプレイ機能
  • 動画表示機能
  • ズーム機能

詳しくは、デモページを見てみると良いかと思います。

フッターに実行コードの記入

あとは、先程のjsファイル呼び出しコードのあとに以下のようにjQueryの実行コードを記入します。

HTMLでAやIMGタグを記入

最後にHTMLで以下のようにマークアップします。

注意点

<div id="lightgallery"></div>ラッパーの中には、AとIMGタグ以外の余計な要素が入ると動作しなくなるので注意してください。(※ul、liタグなどに対応させることはできる模様。)

例えば、以下のように書くと、動作しなくなります。

WordPressで利用する場合

wordpress1

僕は最初、jQueryプラグイン「Lightbox」のようにlightGalleryも利用できると思っていました。

ページの画像をクリックすると画面内に拡大表示してくれる「Lightbox」をWordpressで使う方法
今回は、画像を手軽にギャラリー表示できるLightboxというjQueryプラグインをWordpressテーマでカスタマイズして利用する...

ただ、lightGalleryは、本文中の画像を拡大表示(ライトボックス表示)する用には出来ていませんでした。(※上にも書いたように、余計な要素が入り込むと動作しないため)

ですので、バージョン1.2.0時点では、単に画像(動画)ギャラリーとしてしか利用できないようです。

以下で、使い方を簡単に説明します。

ヘッダーでCSSの呼び出し

WordPressテーマでの呼び出しは、、<head></head>内で以下のようにlightGalleryのCSSファイルを呼び出します。

子テーマでは、get_stylesheet_directory_uri()、親テーマではget_template_directory_uri()を利用した方が良いかもしれません。

フッターでの呼び出し

フッターの</body>手前での呼び出しをまとめて書くと以下のようになります。

HTMLをマークアップする

あとは、テンプレートカスタマイズもしくは、投稿画面から以下のようになるように、HTMLをマークアップします。

投稿画面などからマークアップを記入するときは、余分な改行が入ると<p></p>タグなどが挿入されて、動作しなくなるので注意が必要です。

まとめ

jQuery lightgalleryは、読み込むファイルは多いですが、結構簡単に高機能画像ギャラリーを作成することができます。

ただ、WordpressでLightbox的な機能(本文中の画像を拡大表示する機能)として利用するには向いていません。というか、やろうと思ったら動作しませんでした。

とりあえず、「手軽に高機能なギャラリーサイトを作りたい」なんて場合には、便利なjQueryプラグインだと思います。