WordPressで投稿日を「〇分前」「〇年前」というように人間感覚で表示する方法

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

WordPressの投稿ページには大抵投稿日が表示されています。

そしてそれは、デザインのの差こそあれ大抵の場合以下のように表示されています。

Wordpress投稿日

今回は、上記のような表示に人間の時間感覚的な補足を以下のように出る方法を紹介したいと思います。というかこの方法、フォーラムで教えてもらいました。

人間的時間感覚を補足表示

このようにすることにより、サイトに訪れたユーザーが、どのくらい前に書かれた記事かが分りやすくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

カスタマイズ方法

カスタマイズ方法は、とても簡単です。

single.php(投稿ページ)や、page.php(固定ページ)テンプレートの更新日が表示されている部分のあとに、以下のように記述するだけです。

human_time_diff()関数は、第一引数と第2引数との相対的な時間差を5分’や’2日’のような感覚的な表現で取得することができます。

Twitterのツイート時間の表示みたいなものを取得できます。

Twitterの時間表示

先程のカスタマイズ行動挿入した後は、以下のように表示されます。

1日以内だと、時間で表示。

2分前

1日過ぎると結構大ざっぱ。

2週間前

人間的時間感覚を補足表示

かなり、人間の感覚に近いですね。

まとめ

このようなカスタマイズを行うことで、サイトに訪れた読者が

「おっ!この記事はさっき投稿されたばかりだ!」とか

「この記事は、古い記事なので使えそうかさっとだけ読もう」とか

「この記事は古いのに検索上位に出てるので重要なのかも」

というような判断材料となりやすくなります。

それにより、サイトユーザーの利便性(ユーザビリティー)も上がるのではないかと思います。

ユーザビリティーについては、Google が掲げる 10 の事実の筆頭項目にも書いてあります。検索エンジンが、このような利便性を判断できるかどうか分りません。けれど、サイトユーザーの利便性を上げることは、そのサイトと、特にそのサイトユーザーにとっては、決して悪いことではないと思います。

WordPressの時間カスタマイズについては、以下の方法もお勧めです。こちらの方法でもユーザーの利便性は上がると思います。

記事の更新日をHTML5対応にして正しくGoogleに伝える方法[Wordpressカスタマイズ]
僕は、Googleで検索するとき、そのページの日付を結構見ます。 検索結果でいったらこの部分。 この日付が古かったら、新しい方の...