20歳の新卒サラリーマンが突然身体障害者一級になると月にいくら貰えるのか?

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

medium_6074320007

昨今、年金の未納が問題になっています。

最近ですと、国民年金滞納者が強制徴収へなんてニュースも話題になりました。

しかし今回は未納ではなくて、払っていた僕の話です。

僕は20歳のときに、事故で身体障害者一級になりました。年金は、20歳から徴収されるので僕の場合は、国民年金を払い出してから6ヶ月、就職して厚生年金も払うようになってから4ヶ月のときでした。

保険で言ったら、障害保険に掛け金をかけ出してから、すぐに怪我をしてしまって、大したお金も払わず保険金がもらえてしまったみたいな状態です。

当時は、年金を納めていたら障害者年金制度も適用されるなんて知りもしなかった頃ですから、狙ったわけではないですよ!知ってても、絶対狙わないですけど。

ということで今回は障害者年金の話です。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

結論から先に言うと

僕の場合ですと、障害者年金は月に12万7408円もらえます。

障害者年金は2ヶ月に一度銀行口座に振り込まれるので、先程の金額は、直近の振り込み額25万4816円を2で割ったものです。年間でいうと150万円ぐらいになります。

このうち月額8万1092円(年額973100円)が国民年金です。(一級の場合、平成25年10月分からの年金額[定額])

残りの、月46316円(年額55万5792円)が厚生年金になります。

それぞれの年金について、次で詳しく説明します。

国民年金(障害基礎年金)

65歳までに初診日のある病気やけがで障害になった場合には、障害基礎年金を受給することができます。

受給条件

国民年金(障害基礎年金)の、受給条件は厚生労働省のページで以下のように書かれています。(20歳以上の場合)

  • 保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。) が被保険者期間の3分の2以上ある者の障害。
  • 20歳未満のときに初めて医師の診療を受けた者が、障害の状態にあって20歳に達したとき、または20歳に達した後に障害の状態となったとき。

要は、20歳以上で障害者になって、払わなければいけない期間の3分の2以上で年金を納めていれば受給できます。

僕の場合は、納める必要があった期間は6ヶ月だったので4ヶ月納付していれば貰える計算になります。

年金額

受け取ることができる年金額は、以下のようになります。

【1級】 778,500円×1.25+子の加算
【2級】 778,500円+子の加算

子の加算

  • 第1子・第2子 各 224,000円
  • 第3子以降 各 74,600円

※子供は、18歳未満、もしくは20歳未満の障害者であること。

なので、障害一級で子供が2人いる場合は、

77万8500円×1.25(97万3100円)+22万4000円×2(44万8000円)=142万1100円

になります。

参考 日本年金機構

厚生年金(障害厚生年金)

会社などで働いている正社員の場合は、会社が厚生年金をかけていてくれるはずです。

受給条件

加入期間中に初めて医師の診療を受けた傷病による障害。ただし、障害基礎年金の支給要件を満たしている者であること。

簡単に言うと、サラリーマンが怪我などで障害者になり病院にかかったとします。そのとき厚生年金を払っていれば(会社がちゃんと払っていれば)貰えます。

年金額

【1級】
(報酬比例の年金額) × 1.25 + 〔配偶者の加給年金額(224,000円)〕
【2級】
(報酬比例の年金額) + 〔配偶者の加給年金額(224,000円)〕※対象者のみ
【3級】
(報酬比例の年金額) ※最低保障額 583,900円

計算が複雑なので詳しいことは割愛しますが、加入期間の長さに比例して増えます。

僕の場合は、加入期間が短かったので、おそらく最低支給に近い金額だと思います。年をとってから障害を負うともっと多いです。

参考 日本年金機構

年金について思うこと

年金について、僕に関して言えば、払っておいてよかったと思います。

障害者の身になってみて、「年金を払ってなかったら…」と思うと正直ゾッとします。

払っていなくても、一応支援費という市町村の制度があるんですが、これだけだと月に2万円も届きません。足りない生活費は、親や親族に頼ることになると思います。

実際、今も生活の面では親に頼りっ放しなんですが、その上金銭面まで負担をかけてしまうと、おそらく申しわけなくて精神的にやられていたかもしれません。

今のご時世、年金を払っているけど「自分が老人になって、もらう時にはマイナスだ」と思いながら払っている人は多いかもしれません。

けれど、高齢者になる前に、こういった受給の可能性もあるのだということで。