GitツールSourceTreeの初期設定方法とローカル・リモートでの使い方まとめ

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

僕はこれまで、Gitを使うときは、ターミナルかTortoiseGitを利用していました。

けれど先日、「SourceTreeはいいぞ!」と教えてもらって使ってみたところ、実際に本当に良くてGit操作はこのツールに一本化しました。

ただ、SourceTreeに関して使い方を調べようとネットを検索しても、情報があまりなかったので、インストール方法や、使い方についてまとめてみることにしました。

実際、使い方を解説する必要もないくらい使いやすいから、使い方に関しての需要がないのかもしれません。けれど、自分用に「Gitコマンドと使い方」の逆引き情報がてらまとめてみたので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

SourceTreeとは

SourceTree公式ページ

SourceTreeは、MacでもWindowsでも利用できるGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェース)の無料Gitクライアントツールです。

MacやWindowsでのGUI操作に慣れていて、多少のGit経験さえあれば、感覚的にGitでのバージョン管理が行えるというくらいに使いやすいツールです。

Gitについてよくわからないという場合は、以下のサイトが参考になるかと思います。

動画で解説。

ゲーム感覚で学習。

SourceTreeの使い方

以下では、SourceTreeの使い方についてまとめた記事です。

実際、使い方を書くまでもないくらい簡単なものも書かれていますが、使用したことがない方が「簡単そう」と思っていただければと。

僕は、Windowsユーザーなので、Windowsでの利用方法のみしか書かれていません。

インストールと初期設定

まずは、SourceTreeのインストールと、ユーザー登録方法の紹介です。

Gitを視覚的に操作できる「SourceTree」のインストール方法
僕はこれまでGUIでGitを使用するときはTortoiseGitを使用していました。 ただ先日、SourceTreeというGit管理ツール...

インストール自体は非常に簡単で方法を見る必要もないくらいだと思います。

ただ、SourceTreeを利用するには、公開元のAtlassian(アトラシアン)に無料でユーザー登録する必要があり、こういった登録に慣れていない人はちょっとつまずくポイントかもしれません。

ローカルリポジトリの管理(操作やコミット)

SourceTreeを用いた、最も基本的なGit操作についてです。

GitツールSourceTreeでローカルリポジトリを管理する方法(コミット編)
これまで、Git操作は主にターミナルから行っていました。 ただ先日、SourceTreeで視覚的にリポジトリを管理するようになったら、便利...

SourceTreeでの、ユーザー名と、メールアドレス登録方法も書かれています。これをしないと、コミットできないので。

ローカルリポジトリの管理(ブランチ操作やタグ付け)

SourceTreeを使うことで、ブランチの管理などが非常にやりやすくなります。

GitツールSourceTreeでローカルリポジトリを管理する方法(ブランチ・タグ編)
前回、SourceTreeでコミットに関する基本操作を行う方法について書きました。 今回は、SourceTreeでブランチの作成・マージ...

コマンド操作だと現在の状態の把握にコマンドを必要としますが、SourceTreeを使用すると視覚的に分かりやすく状態が把握できます。

リモートリポジトリ(GitHub)を使うための設定

SourceTreeからSSH接続で、GitHubのリモートリポジトリを操作するための設定方法です。

SourceTreeでリモートリポジトリ(GitHub)にプッシュするための設定方法
前回、SourceTreeを利用したGitの基本的なローカルリポジトリ操作について書きました。 で、次はリモートリポジトリの操...

今回書いた記事の中では、最も面倒な設定かもしれません。僕自体、こういったものの設定方法をすぐ忘れてしまうため、「半年後、再設定する必要があっても、すんなりと思い出せるように」と備忘録。

リモートリポジトリの管理

SourceTreeを利用することで、ブランチの管理が非常にやりやすくなりますが、このリモート操作もGUI化することで非常にやりやすくなります。

GitツールSourceTreeでリモートリポジトリを操作する方法
先日、Gitのローカルリポジトリでバージョン管理する方法について書きました。 今回は、そのローカルリポジトリ管理を踏まえた上で、リモー...

僕の場合、リモート操作をする場合はコマンドが長くなるので、毎回ターミナルのコマンド履歴から探してコピペで利用したりしていました。こういった、長いコマンドを入力するような手間はなくなると思います。

まとめ

SourceTreeは、Gitに慣れてない人が、「これからGit管理をする必要がある」なんてことになった場合には、分かりやすくて重宝するツールになると思います。

あとからコマンド操作を覚える必要がある人でも、まずはSourceTreeで「Gitでどういったことができるのか?」を知ってからの方がイメージを掴みやすいのではないかと思います。

ということで、「Gitは使ったことがないけど利用する必要が出てきた」とか「操作コマンドをいちいち入力するのは面倒くさい」なんて場合に、SourceTreeは良い選択肢になり得るかと思います。

サイト SourceTree