Androidエミュレーター「Genymotion」のインストール方法。パソコンで様々なモバイル端末環境を構築可能。

最近、Genymotionというソフトを知りました。

Genymotionは、オープンソースで開発されている高速な仮想Androidエミュレーターで、Windows、Mac、Linuxで利用できます。

Androidエミュレーターといえば、以下の方法などで紹介したBlueStacksもあります。

スマホを持ってなくてもパソコンでLINEを始める方法。スマホを持てない、使えない人向け。
2014年11月5日以降の書き込みから、BlueStacksでLINEアプリをインストールしようとすると、エラーが出るとの報告が出てきま...

けれど、Genymotionは、個人利用なら完全無料で利用できるので早速試してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Genymotionとは

Genymotion

Genymotionは、速くて簡単にAndroidアプリを試せるAndroidエミュレーターです。

オープンソースで開発されているため、個人利用なら無料で使用できるので、気軽に使うことができます。

Genymotionページには、以下のような3つの特徴が書かれています。

  1. 速い
    市場で多く利用されている様々なデバイスで開発中のアプリなどをテスト出来る。(もちろん通常のアプリも)仮想環境の構築は、3クリックで作れるほど簡単。
  2. シンプル
    とても簡単にインストールすることができ、見ただけで直感的に使い方がわかるインターフェースになっている。プラグインを使うと、EclipseやAndroid Studioなどの開発環境に完全に統合させることも出来る。
  3. パワフル
    アプリをテストするための強力なツールを利用できる。Genymotionは、x86アーキテクチャを効率的に利用する。

以下で、実際にAndroid環境を構築する方法を紹介したいと思います。

Genymotionへのユーザー登録

Genymotionをダウンロードするには、まずユーザー登録をする必要があります。

ですので、まず最初にユーザー登録をしてしまいます。

Genymotionにある「Sigh in」メニューをクリックしてください。

Genymotion – Fast & Easy Android Emulator

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、「Create account」をクリックして登録を行います。

Genymotionのアカウントの作成

すると、以下のような画面が表示されるので、項目を入力していきます。Genymotionのアカウント登録

入力必須項目は、以下の3つのみです。

  1. ユーザー名
  2. メールアドレス
  3. パスワード

あとは、「I accept terms of the privacy statement」にチェックを入れて「Create account」ボタンをクリックします。

すると、以下のようにアカウントをアクティベートするメールが送られたという案内が表示されます。

アカウント情報送信後

メーラーでメールを確認すると「Welcome to Genymotion – User account activation」という件名でメールが届いています。

メールを開くと、以下のような内容のメールが届いているので、「Click here」をクリックしてアクティベートします。

メールでのアクティベーション

「Click here」をクリックすると、ブラウザで以下のようなウェルカムページが表示されます。

Welcome to Genymotion!

これで、ユーザー登録は完了です。

Genymotionのダウンロード

ダウンロードするには、また、Genymotionに行きファイルをダウンロードします。

ログインした状態で、ページ上の「Fun Zone」をクリックします。

Genymotionのファンゾーンに移動

すると、以下のような画面が表示されるので「Download Genymotion Personal Edition」ボタンをクリックします。

個人利用でGenymotionを無料使用

すると、ダウンロードボタンが表示されるので、「with VirtualBox」バージョンをダウンロードしてください。

Download Genymotion

ダウンロードが完了すると、「genymotion-x.x.x-vbox.exe」のようなファイルが作成されます。

Genymotionのインストール

ダウンロードしたら、Genymotionのインストールを行います。

ダウンロードしたファイルを起動してください。

Genymotionファイル

すると、以下のようにインストーラーが立ち上がるので、インストールしていきます。

Genymotionのインストール1

とりあえず、特に必要な選択肢もないので「Next」を押していけばOKかと思います。

日本語を含んだフォルダにインストールすると、正常動作しないことがあります。インストールしようとするフォルダのパス内に日本語が含まれている場合は、インストール場所変更してください。もし、日本語を含んだパスにインストールしてしまった場合は、「Setting」の「Virtual Box」タブのフォルダ指定を日本語を含まない位置に変更すればOKです。

Genymotionのインストール2Genymotionのインストール3

Genymotionのインストール4Genymotionのインストール5

Genymotionのインストールの途中に、今度は「Oracle VM VertualBox」のインストールが始まるので、これもインストールします。

後で、「Oracle VM VertualBox」をインストールせずに使用できるか、試してみたのですが、インストールしないとGenymotionは動作しないようです。あと、既にこれでOracleをインストールしている場合は、上書きされるので注意が必要みたいです。

VertualBoxのインストール1

これも基本的に「Next」を押していけばOKです。

VertualBoxのインストール2VertualBoxのインストール3

途中ネットワークインタフェースのリセットについて聞かれますが、僕は「Yes」にしました。

VertualBoxのインストール4

VertualBoxのインストール5

インストールが始まると、途中、デバイスインストールのダイアログが表示されますが「インストール」ボタンを押します。

VertualBoxのインストール中表示されるダイアログ

VertualBoxをインストールが終わると、「Finish」ボタンを押します。

VertualBoxのインストール6

VertualBoxのインストールが完了すると、Genymotionのインストールの終了画面も表示されるので「Finish」ボタンを押します。

Genymotionのインストール6

これで、Genymotionのインストールは完了です。

Genymotionを使う

インストールが完了したら、Genymotionを起動します。

デフォルト状態でインストールすると、「Genymotion Shell」「Genymotion」というショートカットがデスクトップに作成されますが、「Genymotion」の方を起動します。

Genymotionの起動

Genymotionを起動すると、以下のような、起動画面が表示されます。

Genymotion初期起動画面

「最初のバーチャルデバイスを作成しますか?」といったダイアログが表示されるので「Yes」をクリックします。

最初のバーチャルデバイスを作成

すると、以下のようなサインインを促すダイアログが表示されるので、「Sign in」をクリックします。

バーチャルデバイス作成時にログインする

すると、以下のようなダイアログが表示されるので先程のアカウント情報でサインインを行います。

Genymotionのサインインダイアログ

すると、以下のような利用可能なAndroidデバイス一覧が表示されます。

Androidデバイス一覧

利用できるのは、バージョン2.3.7~5.0.0のアンドロイドです。

利用可能なAndroidバージョン

Nexus、Xperia、GALAXY、htc、Motorolaなどのデバイスで絞り込むこともできます。

利用可能なデバイスモデル

とりあえず、Google Nexus10 5.0.0を作成するために、項目を選択して、「Next」をクリックします。

Google Nexusのデバイス環境を構築

すると、バーチャルデバイス名の変更画面が出るので、名前を変更したい場合は変更します。変更しなくて良い場合は、「Next」ボタンをクリックします。

バーチャルデバイス名の変更を

仮想デバイス環境構築用のファイルがダウンロードされます。

仮想デバイス環境構築用ファイルのダウンロード

ダウンロードが完了したら、「Finish」ボタンをクリックしてください。

2015-03-14_13h20_54

すると、以下のように仮想デバイス一覧に今回作成した環境が作成されているので、動作させたい環境を一覧から選択後、「Start」ボタンをクリックします。

仮想デバイス環境の実行

するとしばらく読み込み画面が表示された後、

読み込み中ダイアログ

Google Nexusが立ち上がります。

Google Nexusの起動画面

その他に、Sony Xperia S環境を構築して、起動すると

Sony Xperia Sを起動

Sony Xperia Sを簡単に起動させることもできます。

Sony Xperia Sの起動

デバイスのハードキー入力しなければいけないものは、右側の操作バーから行うことができます。

それぞれの環境で、日本語化とキーボードの設定などが必要です。

まとめ

このように、Genymotionを利用すると、いろいろなデバイス環境を簡単に構築することができます。

Androidエミュレーターでは、BlueStacksもありますが、両方使用してみて、以下の点においてGenymotionの方が使い勝手が良いかと思います。

  • 個人利用に限り無料で使用できる
    (BlueStacksも無料で利用できるけど推薦アプリをインストールする必要がある)
  • 様々なデバイス環境を構築できる
  • 簡単に新しい環境を構築できる
  • Genymotion1つで複数環境を管理できる
  • デバイスの仮想環境テストなどに最適
  • BlueStacksでは動作しないアプリもGenymotionでは操作することもある

Genymotionは、まだ触って数日なのでまだまだ良いところはあるかもしれません。

反面、以下のような難点もあります。

  • デフォルトの状態では、Google playいなどからアプリをインストールできない
  • アプリをダウンロードできるようにするには特別な設定が必要
  • Genymotionで動作しないアプリもBlueStacksでは動作することもある

Google playからのアプリのインストール環境を整えるには、少し面倒な作業が必要かもしれません。(そのうち方法を書きます。)

けれど、本当にテスト環境を簡単に作成することができるので、自作のアプリや、WEBサービスなどのテストには、もってこいなのではないかと思います。いろいろな環境テストを行うのに、すべてのデバイスをそろえるわけにもいかないですしね。

その他にも、「新しく購入するデバイス使用感を事前に知りたい」なんて場合にもいいかもしれません。

Google Playアプリを利用する場合

Genymotionのインストールを終えたら、今度はアプリを…と思うかもしれませんが、このままではGoogle Playなどにあるアプリを利用することができません。

利用するには、以下の方法を行う必要があります。

Androidエミュレーター「Genymotion」でGoogle Playアプリが利用できる環境の作り方
先日、様々な端末のAndroidテスト環境を手軽に作成できる「Genymotion」のインストール方法を紹介しました。 けれど、Geny...

『Androidエミュレーター「Genymotion」のインストール方法。パソコンで様々なモバイル端末環境を構築可能。』へのコメント

  1. 名前:m 投稿日:2015/07/26(日) 12:05:56 ID:d32591fce

    こんにちわ

    いつも利用させてもらってます。
    とても分かりやすくて機械が苦手な私でもできてすごくうれしいです。

    でも、Genymotionに登録するまではいいのですが、pcにダウンロード?できません。どうしたらいいでしょうか?

    ダウンロードして開こうとすると、「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構造が間違ってます。,」とでます。
    どういう意味かさっぱりわかりません!

    よかった教えてくださいませんか?
    お願いします!

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/07/26(日) 21:34:14 ID:8b4d7cc1b

    ダウンロードして開こうとすると、「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構造が間違ってます。,」とでます。

    開こうとしているということは、ファイル自体はダウンロードできているのでしょうか?
    1度、現在使っているブラウザとは違うブラウザでダウンロードを試してみてもらっていいでしょうか?

  3. 名前:ああああああ 投稿日:2015/07/29(水) 07:59:45 ID:5107de9ef

    インストールしようと思ったら
    「Unreadable server response because of an unknown error 」
    とでてくるのですがどうすればいいですか

  4. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/07/29(水) 17:23:29 ID:ef78bb0f3

    僕も詳しいことはわかりませんが、以下のような質問と解答はありました。
    http://www.okujo.xii.jp/question.php?s=unreadable+server+response+because+of+an+unknown+error&p=1
    エラーでGoogle検索すると、いくつか他に解決方法みたいなのも出てきました。
    ただ結果は書かれてなかったので、解決するかはわからないです。

  5. 名前:ペッパー 投稿日:2015/07/30(木) 18:03:50 ID:ca34b5aed

    Genymotion https://www.genymotion.com/#!/download
    Get Genymotion(without VirtualBox)とあるのですがどうなのでしょうか

  6. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/07/30(木) 18:11:39 ID:aa683107e

    VirtualBoxという仮想環境ソフトが既にパソコンにインストールされている場合はそっちをダウンロードしたほうがいいかもしれません。
    インストールされていない場合は、Get Genymotionの方をダウンロードした方が良いと思います。

  7. 名前:質問者 投稿日:2015/08/02(日) 17:04:00 ID:6d741c06d

    Google Nexus 10 – 5.0.0 – API21 – 2560×1600 をインストールして、スタートをクリックし、しばらく待つと、
    Error
    Unable to start the virtual device.
    VirtualBox cannot start the virtual device.
    To find out the cause of the problem, start the virtual device from VirtualBox.
    For more information,check the log files. Please refer to:
    https://www.genymotion.com/#!/support?chapter=collapse-logs#fag

    とエラーの表示がされました。なぜでしょうか・・・

  8. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/08/02(日) 21:56:23 ID:ccd0b3c91

    エラーメッセージに書いてある通り、仮想デバイスが起動できないからみたいです。
    「Unable to start the virtual device.」で検索すると、いくつか解決方法は出てきます。
    ただ、僕はそのエラーが出たことはなく、試したことがないので実際に解決するかはわからないです。

  9. 名前:shun 投稿日:2015/08/05(水) 11:50:47 ID:120059b30

    Genymotionをインストールしたあとサインインしようとしたら(Credentialsのとこ)UsernameとPasswordが違うとなってしまいます。
    ここに入れるのは最初にアカウントを作成するときに設定したものでいいはずですよね?

  10. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/08/05(水) 12:49:04 ID:8f3e124af

    アカウント作成時のものでOKだと思います。
    ちゃんとアカウントが作成されていて、ユーザーネームとパスワードが合っていれば、サインインできるのではないかと思います。
    というか、僕はできました。
    ただ、詳しいことはGenymotionにでも問い合わせてみないとわからないかもしれません。

  11. 名前:y 投稿日:2015/10/21(水) 16:21:17 ID:26396566e

    はじめまして。
    とてもわかりやすく説明していただいて助かりました。
    ありがとうございます。

    ところで、Genymotionのデフォルトの設定ではバーチャルデバイスを作成する際、パスに日本語が含まれるとエラーになるようです。
    私の環境ではユーザー名が日本語表記になっていまして、「SDを作成できない」というエラーでうまく作成できませんでした。
    「Setting」の「Virtual Box」タブのフォルダ指定を日本語を含まない位置に変更するとうまくできました。
    海外製ソフトではありがちな話ですね^^;

    ご報告まで。

  12. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/11/14(土) 10:50:13 ID:a210ea93e

    はじめまして。
    諸事情により返信が遅れて申しわけありません。

    Genymotion用フォルダへのパスは、日本語が含まれているとだめだったんですね。
    海外製のソフトでは、よく見かけますが、Genymotionもそうだとは知りませんでした。
    情報ありがとうございます。
    記事に追記しておこうと思います。

  13. 名前:k 投稿日:2015/11/20(金) 13:15:43 ID:966cff5ad

    はじめまして、サイトに行ってみたのですがfreeがなかったので無料配布は終わったということでしょうか。

  14. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/11/20(金) 19:25:54 ID:06e727877

    ほんとだ。サイトデザインが変わっていますね。
    個人利用においては、以下のリンクからダウンロードできるようです。

    ※インストールまでは試してません。

  15. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/11/20(金) 19:37:41 ID:06e727877

    新しいGenymotionサイトデザインに合わせて、記事を修正しておきました。

  16. 名前:名無しさん 投稿日:2015/12/26(土) 11:02:28 ID:4a1e94393

    分かりやすく説明して頂き、ありがとうございます。
    順調に進んでいたのですが、最後のところでエラーがでてしまいました。

    Google Nexus10 5.0.0を選択、仮想デバイス環境構築用のファイルをダウンロードしました。お示しのような画像が表示されなかった(xアイコンが表示されていました)のが気になったのですが、「successfully completed」のようなメッセージが出たのでfinishをクリックしました。

    startすると「enable to start …」とエラーが出てしまいます。

    なぜでしょうか。よろしければご教授いただけると助かります。

  17. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/12/26(土) 11:47:16 ID:72e46bc6f

    Google Nexus10 5.0.0以外のインストールはうまくいくのでしょうか?
    他の、環境がうまく行くのであれば、その環境に問題があるのかもしれません。

  18. 名前:名無しさん 投稿日:2015/12/26(土) 15:25:11 ID:4a1e94393

    さっそくのアドバイス、ありがとうございます。

    他のものをいくつかインストールしてみたのですが、うまくいきませんでした。

    年末の慌しいときにご親切にありがとうございました。

  19. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/12/27(日) 19:53:48 ID:10a83683e

    もし、Genymotionの使用目的が、「特定のデバイス上での動作確認」でなくて、単なるAndroidアプリの動作とかであれば、Nox App PlayerBlueStacksとかでも良いかもしれません。
    ただ、Genymotionでしかできないものだった場合は、詳しいことは開発元に問い合わせるしか、ないかもしれません。

  20. 名前:n.s 投稿日:2016/05/13(金) 20:23:11 ID:54c1eefcb

    ユーザー登録ができません。どうすればいいですか?
    https://www.genymotion.com/account/create/
    入力してcreateボタンを押しても無理でした。
    メール送信ができません。サイトが無理な場合アップロードできませんか?
    geymotion-2.4.0-vbox.exe

  21. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/05/16(月) 12:21:41 ID:ff017799e

    どのような、エラーメッセージが出たかとかがわからないと、「無理でした」だけではちょっと何とも言えないです。
    もし、サイトの不具合とかだった場合は、僕にはどうしようもできないので、Genymotionのサイト運営者に問い合わせていただくしかないかもしれません。

  22. 名前:tsuru 投稿日:2016/05/21(土) 23:08:47 ID:990421c23

    記事を参考にしながらやって最後起動しようとしたのですがエラーが出てしまい起動できません。
    どうしたらいいでしょうか。

  23. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/05/23(月) 11:54:04 ID:f86a49505

    申しわけないですがエラーメッセージと、エラーが出たときの動作がわからないと、ちょっと何とも言えないです。

  24. 名前:もす 投稿日:2016/06/28(火) 12:01:40 ID:4355fc309

    はじめまして。
    こちらの記事を参考にして「Genymotion」を使えるようになりました!

    ただ、ひとつ問題がありまして・・・
    「Genymotion」を使用するとディスクの使用率がMAXになることがあります。
    (CPUは40前後、メモリは50~70ぐらい)

    使用時はこれでも特に問題はないのですが
    「Genymotion」を閉じた後5分ぐらいディスクの変動が激しくPCが非常に重くなってしまいます。

    これは普通なのでしょうか?
    それとも単に私のPCのスペックの問題なのでしょうか?

    色々調べてみましたが結論にたどり着けなかったので
    よければ教えていただけると助かります。

    PCのスペック
    dynabook Satellite B353/23JB
    公式サイト

  25. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/06/28(火) 15:50:01 ID:64b61e4b5

    はじめまして。

    ディスクというのは、HDD(ハードディスク)もしくは、SSDの使用率ということでよいのでしょうか?メモリとかでなくて。
    Genymotionは、滅茶苦茶ハードディスク容量を食うので、空き容量などに気をつけないといけないかもしれません。Genymotionだと、これが普通のようです。
    デバイス環境ごとに、かなりの量の容量を必要とします。

    ディスク容量をあまり食わないものにするならば、Nox App PlayerとかBlueStacks 2の方が良いかもしれません。
    ただしこちらは、個別の端末ごとの仮想環境を組むことはできません。

  26. 名前:もす 投稿日:2016/06/29(水) 04:04:06 ID:8d62bf1c2

    はい、HDDのことです。

    なるほど、容量が凄いんですね・・・
    空き容量は400GB中250GBあるのですが・・・

    BlueStacks2は試したのですが
    私のパソコンでは重くてGenymotionの方が良かったです。

    NOXはまだ試したことはないのですが
    BlueStacks2とGenymotionと比べるとどうでしょうか?

    あ、Genymotionでは個別の仮想環境?
    端末を5つ作成しているのですが
    作成数によって重くなるとかの変化はあるのでしょうか?
    (同時には使用していません)

  27. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/06/29(水) 12:36:32 ID:35c19588b

    空き容量は250GBもあれば、十分かもしれません。
    とりあえず1つの端末の仮想環境ごとに数GBくらいしか利用しないので。
    ただ、Genymotionは非常にスペックの必要なエミュレーターなので、何かしらスペックが足りていないということはあるのかもしれません。
    僕自身は、SSDの空き容量が30GBくらいしかないので、端末環境を三つ以上作成した事がありません。毎回超えそうになったら不要なものを削除しています。
    なので、5個以上の端末環境作成数になったことがないため、ちょっとわからないです。

    端末ごとの仮想環境を再現しないのであれば、個人的にはNox App Playerが一番軽くておすすめです。インストールも簡単で、非常に使いやすいです。
    詳しくは、以下に書いているので参照してみてください。
    Androidエミュレーター「Nox App Player」は初期設定が簡単かつ軽快でかなり使いやすい

  28. 名前:もす 投稿日:2016/06/29(水) 13:00:01 ID:8d62bf1c2

    なるほど。
    親切に教えていただきありがとうございました!
    Nox App Playerを試してみようと思います。

  29. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/06/29(水) 20:17:20 ID:35c19588b

    今思いついたんですが、ノートパソコン用の2.5インチHDDだと、書き込み速度が遅すぎて、数GBも書き込むが発生したとすると、動作が遅くなってしまうということもあるかもしれません。
    SSDだったら一瞬なんですけど。
    ただ、僕自体、HDDで使ったことがないので、あくまで推測です。

  30. 名前:のぶ 投稿日:2016/06/30(木) 08:41:31 ID:b3096d853

    はじめまして
    Sony Xperia S 仮想環境の起動ができません
    どのような操作が必要でしょうか
    ご教授ください よろしくお願いします

  31. 名前:もす 投稿日:2016/06/30(木) 12:16:57 ID:2d0015bd8

    なるほど。
    その可能性もありそうですね。

    昨日、NOXを使ってみたところ
    Genymotionより少し軽い感じがしました!

    がやはりNOXを閉じた後、数分ディスクの変動が激しく
    かなり重くなってしまいました。

    うーん、パソコンの問題ですよね~

    まぁ、そこは妥協して
    Genymotionを使うことにします。

    こちらの記事はとても参考になり
    親切に教えていただき、ありがとうございました。

  32. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/06/30(木) 14:58:47 ID:8d8f31036

    >のぶさん
    はじめまして。
    僕の環境では問題なく動作しているようです。
    ただ、書き込みの内容からでは、情報が少なすぎてなんとも言えないです。
    一般的に、Genymotionは結構 スペックを必要とするので、低スペックのパソコンでは動作しないこともあるかもしれません。

    >もすさん
    Nox App Playerでも同様の症状になるようなら、やはり、2.5インチHDDの遅さが原因の可能性が濃厚かもしれません。
    そればっかりは、改善するには、SSDに変更するとかしかないかもしれません。

  33. 名前:しば 投稿日:2016/10/19(水) 13:09:42 ID:6a0d05d41

    はじめまして。
    パソコンでインスタグラムを使いたいので
    Genymotionをダウンロードしたいのですが
    どこを探しても無料版がありませんでした。
    もう有料版しかないのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  34. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/10/19(水) 18:15:20 ID:d3f199325

    はじめまして。
    僕もサイトを見てみましたが、公式サイトには、無料版を落とす所はなさそうですね;
    「Genymotion free」等で検索すると、旧バージョンのダウンロードサイトは出てきますが、これもそのうちなくなるのかもしれません。ダウンロードサイトのものは、セキュリティー的に問題あるものがあるかもしれませんし。
    記事中に、「無料で使えなくなった」などの注意書きを追加しておこうと思います。
    教えていただきありがとうございます!

  35. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/10/19(水) 18:22:43 ID:d3f199325

    Instagramでしたら、Nox App Playerでもインストールできたような気がします。Nox App Playerの方が簡単なので、こちらで試すと良いかもしれません。
    ※アプリの仕様は変わることがあるので、現在Nox App Playerから利用できないようでしたら申しわけありません。

  36. 名前:doomer 投稿日:2016/10/21(金) 07:17:43 ID:da1318a25

    Genymotion の free 版のダウンロード先は、

    上部メニューにある Fun Zone をクリック、Download Genymotion Personal Edition から行けましたよ。

    https://twitter.com/Genymotion/status/782898133651062785

  37. 名前:しば 投稿日:2016/10/21(金) 09:53:07 ID:f04653883

    わいひら様

    無料版の情報ありがとうございます!
    Nox App Playerの記事も拝見しました。
    インスタグラムを使用する以外はまだ考えていないので
    ぜひ、検討させていただきます!
    ありがとうございました。

    doomer様

    無料版ダウンロード先の情報、拝見しました。
    ありがとうございます!

  38. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/10/21(金) 12:40:42 ID:752601f37

    まさか、そんなところにあったとは…。
    値段のところばかり探していました。
    ファンゾーン、確かに改めて言われてみれば、ありそうな気がするんですが、開発者さんの名前か何かだと勘違いして完全にスルーしていました;
    doomerさん、教えていただきありがとうございます!
    記事の方も後で修正しておきたいと思います。