暖かくて動きやすい部屋着「ジェラート ピケ カーディガン」を着た瞬間、恋に落ちた

ジェラートピケカーディガン

僕はこれまで、冬の部屋着はユニクロのフリースを着ていました。

ただ、冬にフリースだと薄手なので、やはりちょっと寒いんですよね。なので、エアコンの温度をかなり上げて対処していました。

「寒いなら暖かいものを着ればいいじゃん」と思われるかもしれませんが、暖かいものを着ると、基本的に上着分の布が分厚くなるので、今度は動きづらくなってしまいます。

普通の人なら、少しぐらい上着の布が厚くなっても、動けるかもしれません。けれど僕の場合、両腕に昔の事故の後遺症が残っていて、腕を動かす力が弱いです。

なので、分厚い上着を着ると腕をまともに動かせなくなってしまうため、仕方なくこれまでは「薄手で”それなりに暖かい”ユニクロのフリース」を普段着用していました。

けれど、どうしてもユニクロのフリースだと外が冷えると寒いです。最近は、年のせいか体調も崩しやすくなってきました。

ですので、この頃は「暖かいのに動きやすい上着はないものか」思いつつずっと過ごしていました。

そんな先日、知人とそんな話をしていたら、「ジェラート ピケのカーディガンは暖かくて動きやすくてマジでいいぞ!」と言っていたので、ちょっと一枚買ってみることにしました。

そしたらまあビックリ。本当に暖かいし、動きやすいし、軽いしで、「服を着る」という行為で初めて感動してしまっている自分がいました。

というわけで以下では、その「ジェラートピケのカーディガン」について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ジェラート ピケとは

ジェラート ピケ gelato pique Official Site ルームウェアブランド

ジェラート ピケは、着心地にこだわったルームウェア・部屋着を提案しているブランドです。

ジェラート ピケでは、以下の写真のような感じの、一度味わったら離れられない「驚きの柔らかさのモコモコ素材」を利用した部屋着が特徴です。

ジェラートピケ女性用部屋着

主に、女性向けの部屋着のブランドなんですが、もちろん男性用も販売しています。

ジェラートピケ男性用部屋着

あと、子供用部屋着も多数あります。

ジェラートピケ子供用部屋着

僕は、いろいろある部屋着の中から、いろいろと吟味した結果、以下のメンズ用カーデガンを購入してみました。

実際に購入したカーディガン

で、実際に購入したジェラートピケのカーディガンが以下になります。送付用の段ボールの中に、以下のように入っていました。

ジェラートピケのカーディガンを段ボールから取り出した状態

袋から出してみると、以下のように非常にモコモコとした素材の部屋着になっています。

ジェラートピケのカーディガンを袋から出した状態

アップにしてみると、柔らかいモコモコの素材が綺麗に並んでいるのが分かると思います。

触り心地の良いモコモコ素材の生地

「滅茶苦茶柔らかいタオルと毛布を足して2で割った感じ」とでも言いましょうか、手で触っても、吸いつくようなモコモコで触り心地が最高です。これが本当に、ずっと触っていたいくらい気持ちいいんですよ。

ハンガーにかけた、全体像はこんな感じ。上半身をすっぽりと覆うことができます。

ジェラートピケカーディガンをハンガーにかけた状態(表)

背中側はこんな感じになっています。真ん中には、「gelato」とロゴが入っています。

ジェラートピケカーディガンをハンガーにかけた状態(裏面)

左手の袖口には、以下のようなロゴが入っています。

ジェラートピケ サガラ2BDショールカーディガン(グレー)の袖口

服だけでは、着たときのイメージが湧かないと思うので、モデルさんが着いるカタログ写真も載せておきます。

(ジェラート ピケ)gelato pique 【Homme】サガラ2BDショールカーディガン(前面)

背中側は、こんな感じです。

(ジェラート ピケ)gelato pique 【Homme】サガラ2BDショールカーディガン(背面)

基本的に、部屋着なんですが、モデルさんがきていると、このまま外に出て行っても恥ずかしくないくらいの、おしゃれな作りになっています。

実物を見ても、ホントそのまんま外に着ていけそうな感じです(実際に近場ならたまに着たりしている)。

付いていたタグは以下。「(ROOMWEAR FOR MEN(男性用ルームウェア)」と書かれています。

ジェラートピケのタグ

素材は、以下の構成となっており中国製です。

  • ポリエステル:97%
  • ナイロン:2%
  • ポリウレタン:1%

ジェラートピケカーデガンの素材

ボタンが外れた時用の、交換用ボタンも付属しています。

ジェラートピケカーディガンの交換用ボタン_thumb[1]

洗濯の際の注意点

洗濯表示は、以下のようになっています。

ジェラートピケの洗濯表示

洗濯絵表示一覧を参考に、僕が訳した限りでは、以下のような内容になっていると思います。

  • Hand Wasn(手洗い)
  • Do Not Bleach(漂白禁止)
  • Do Not Tumble Dry(タンブル乾燥禁止)
  • Dry Flat In Shade(日陰で平干し)
  • Do Not Wring(Do Not Wring)
  • Iron At Maximum Temperature Of 150°C(アイロン温度150℃)
  • Prof.Dry Cleaning Normal Process (ドライクリーニングは石油系溶剤のみ)

どうやら、ジェラートピケカーディガンは手洗い推奨です。

日本語で書かれた、取り扱い注意タグには以下のように書かれています。

ジェラートピケの「お取り扱いのご注意」

お取り扱いのご注意

この製品は色移り、色泣きが生じる恐れがあります。次の点にご注意のうえ、お取り扱いください。

  • 汗や雨などで濡れた状態のままにしたり、重ね置きなどしないでください。手早く乾いた布でできるだけ水分をふき取り、すみやかに陰干ししてください。
  • 洗たくの際は水や洗たく液につけ置きせず、すすぎを十分に行い、洗たく後は速やかに脱水し、広げて形を整えて陰干ししてください。
  • ドライクリーニングの際も短時間で処理し、濡れた状態での放置はお避けください。

とにかく、濡れた状態で放置するのが良くないみたいですね。濡れたら手早く水分を拭き取って、陰干しするのが良いようです。

実際に着てみた感想

今回購入したジェラートピケのメンズカーディガンを購入後すぐさま着用してみました。

もう、触った感触からして気持ち良いのですが、着用すると「着心地がいい」なんて簡単な言葉では表しきれないくらいに着ていて気持ちいい部屋着です。

ジェラートピケカーディガンの第一印象

一番最初に着用したファーストインプレッションからして、「うわっ!何これ!新感覚!!」といった感じ。

とにかく、「フカフカしているのに肌にピッタリとフィットして暖かい!軽い!そして動きやすい!」と着た瞬間、すぐさま感じました。

僕は服には大して詳しくないため、知らなかっただけなのかもしれないですが、これまでに体験したことのない新感覚素材でした。

この、モコモコ素材は、ふんわりとしたスポンジのような感触。一度この肌触りを味わってしまったら、離れられないくらいの驚きの柔らかさです。

暖かい

そして、このモコモコ素材が滅茶苦茶暖かいんですよ。

伸縮性のある生地なので、モコモコ素材がピッタリと体型にフィットして余計な隙間を無くしてくれます。これにより、冷たい空気が中に入りにくくなり、「体周りに軽くバリアが貼られているんじゃない?」と思うくらいに、着ていてポカポカ暖かいです。

このカーディガンを着るようになってから、エアコンの温度はガチで2度以上は余裕で下げられるようになりました(前着ていたフリースが薄着すぎたというのもあるけど)。

動きやすい

しかも、これだけのモコモコで暖かい素材を利用していながら、腕の動きを全く阻害することなく動けます。冒頭でも書きましたが、僕は腕に怪我の後遺症が残っていて、腕を動かす力が弱いです。そんな僕でも、何も着てない時と同じように、腕を動かすことができます。

僕は以前、ユニクロのフリースを着ていたのですが、その薄手のフリースなどよりも全然動けます。非常にやわらかな素材なので、ほとんど体の動きを阻害することはないと思います。

そして、そのフリースよりも体感で何倍も暖かいので、そりゃ感動しちゃって、こんなレビューまで書いてしまいます。

汗はしっかり吸収する

これだけの、モコモコ素材でありながら、熱がこもりにくくもなっています。

僕は、普段夜は綿のインナーで就寝していました。けれど、ジェラートピケカーディガンを着るようになってからは、インナー+カーディガンを着たまま寝るようになりました。それくらい、体の動きを邪魔せず軽くて暖かいです。

それでも最初の頃は、「こんなモコモコ素材を着て寝ていたら汗などかいて熱がこもるんじゃないだろうか?」なんて思った時期もありました。けれど、このカーディガンは吸水速乾機能も非常に優れています。

一晩寝ていても、蒸れにくいので、さらっとしたままフワフワの肌触りを維持してくれます。

ジェラートピケカーディガンの良い点

今回購入したカーディガンを毎日(毎晩)着てみて良かった点をいかにまとめたいと思います。

  • とにかく暖かく保温性抜群
  • フワフワモコモコ素材の肌触りが気持ちよすぎる
  • 伸縮性のある生地で体にフィットする
  • モコモコでありながら体の動きを阻害しない(動きやすい)
  • 汗を素早く吸収しサラサラとした肌触りが持続する
  • 吸水速乾性に優れているので蒸れて熱がこもりにくい

このカーディガンの生地を、ほっぺにスリスリしていると、「あ゛あーー。ずっとこうしていたい…」と思えるほど気持ち良いんですよ。個人的には、「冬場のコタツ」並みに魔力を秘めた魔性の衣類だと思います。これを着て、コタツに入ったら、温もり廃人になるかも。

そんなナイスな生地を使いながら、暖かく、軽く、動きやすく、それでいて吸水速乾性まであるという、着心地に関しては、これまでの経験上穴のないパーフェクトな、冬の部屋着だと思います。

ジェラートピケカーディガンの難点

今回、このジェラートピケカーディガンをしばらく使ってみて感じた難点は以下。

  • 手洗いをする必要がある
  • 色移りの可能性がある
  • 購入時に多少石油系の匂いがする(洗うと取れる)

このカーディガンは、着心地は文句のつけようがないのですが、洗濯が少し大変かもしません。

タグなどでは、手洗いが推奨されており、濡れた状態だと色移りすると示唆されています。

ただ僕は、購入後初めての選択で、タグよく見ていなくて、ネットに入れて洗濯機にかけてしまったのですが、特に肌触りにも変化なく、色移りも全くしませんでした。なので、今後もネットに入れて洗濯すると思います。

僕の購入した、サガラ2BDショールカーディガンが問題ないタイプなだけなのかもしれませんが、色移りなどはなかったです。ただ、気になる場合は、洗濯表示の指示に従って手洗いしておいたほうが無難かと思います。

あと、こういったポリエステル素材の服にはよくあることなんですが、購入したての時は、微妙に石油系の匂いがします。

ただこれは、一日着ていると、ほとんど気にならなくなりますし、選択すると匂いは消えて無くなりました。

まとめ

いやー今回、素晴らしい部屋着に出会ってしまいました。

正直、届いて最初に着た瞬間から「なんだこれ!」と良さを実感したくらいインパクトがありました。もう、一目惚れしたといってもいいくらいです。部屋着ごときに恋に落ちてしまいました。

なので、購入してからというもの、毎日着ています。そのうちすぐ、洗濯もしなければならないと思うので、近いうちに、もう1着か2着すぐに購入したいと思っています。

マジで、ジェラートピケを紹介してくれた、知人には感謝したいです。

というわけで「暖かいのに動きやすい部屋にお探している」とか「着ながら寝ても蒸れない肌触りの良い寝巻き用の服が欲しい」なんて人には、ジェラートピケは、かなりおすすめです。

ネイビーのボーダー柄。

女性用は、男性用より、かなり値段が安いです。