お湯で柔らかくなり水で固まるプラスチック粘土「フリプラ」自作の自助具、補助装具作りが捗りそう

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

フリプラ

「フリプラ」という植物性由来のプラスチックねんどを見つけました。

フリプラは、60度以上のお湯に入れると柔らかくなり、水に入れると固くなるという性質を持ったプラスチック粘土です。

使い方は紙粘土のように使えますが、プラスチックでできているため耐久性、耐食性に優れているそうです。また、一度固まってしまっても再びお湯に入れることにより、繰り返して使うことができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フリプラの特性

フリプラの主な特性は、次のようなものがあります。

  • 60℃以上で柔らかくなる
  • 水につけると固まる
  • 繰り返し使える
  • 臭いがなく清潔
  • 非毒性素材で安心して使える
  • プラスチックねんどなので頑丈な仕上がりに
  • 自然に帰る素材を使用している

icon

フリプラの使い方

プラスチックねんどフリプラ

簡単な手順は以下。

  1. フリプラを60℃以上のお湯に入れ、柔らかくなるまで待つ
  2. フリプラが透明になったら割り箸などを使って取り出す
  3. 好きな形を作る(火傷に注意)
  4. 好きな形にできたら水で冷やす
  5. 固まったらでき上がり

植物由来のプラスチック粘土 フリプラ  オープンキューブ

※色を付ける場合は、別売りの着色料を購入する必要があります。

作品例

フリプラで作成されたものを見てみると、結構細かいものまで作れそうです。

フリプラで鉛筆を持ちやすく

フリプラで作った野菜

フリプラで作ったバラ

フリプラでハサミの補修

フリプラで作った雪だるま

 

お湯で柔らかくなり、水で固まるというのは加工がしやすそうです。もし失敗しても、再びお湯に入れることにより、何度も使うことができるのはいいですね。

今度何か作る機会があれば是非購入してみたいと思います。

追記:フリプラは発売停止になったようです。代わりに、同様のプラスチック粘土の「プラフレンド」がお勧めです。

お湯で溶かして冷ますと固まるプラスチック粘土「プラフレンド」を購入してみました
以前に紹介した「プラフレンド」を購入してみました。 プラフレンドは、60度以上のお湯でドロドロになり、お湯から取り出して形を作り冷...