feedlyのフィードデータを別のfeedlyアカウントに移行する方法

feedly

feedlyのログインて以下のような感じでWEBサイトからのOAuth認証からログインするしかないんですよね。

feedly認証

僕は、最初にGoogleで認証してしまったばっかりに、Googleで作ったアカウントにフィードデータが溜まっていきました。

けど最近、ブラウザにOperaを使ったりすると、Googleだと認証がうまくいきません。

そこで、Twitterのアカウントで認証したんですけど、それだとうまくいきました。けれど、当然新規登録となるのでデータもありません。

ですので、Googleでのアカウントから、Twitterで取得したアカウントにデータを移動しました。今回は、その方法の紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

feedlyデータをエクスポート

まずは移動元となるアカウントでfeedlyにログインしてださい。

サイドメニューの一番下に「…」というボタンがあるのでクリックします。

feedly設定ボタン

すると以下のようにメニューが現れるので、「Organize」を選択します。

feedlyメニュー

すると、メインパネルの一番下のところに「Save as OPML」というリンクがあるのでクリックします。

feedlyデータのエクスポート

すると以下のような「OPML」画面が出るので、「Click here to download your feedly OPML」をクリックしてファイルをダウンロードします。

OPMLをダウンロード

こんな感じでダウンロードされました。

feedly-opml

feedlyデータのインポート

次に、移動先となるアカウントでログインしてください。

僕の場合はツイッターでログインしました。

で先程と同じように、「…」ボタンを押してください。

feedlyにTwitterでログイン

すると以下のようにメニューが現れるので、「Organize」を選択します。

feedlyメニュー

するとメインパネルのタイトル部分「Organize」の右側に「Import OPML」というボタンがあるのでクリックしてください。

feedlyデータのインポート

すると「Import OPML」と出るので「参照」などからファイルの選択後、「Import」ボタンを押してデータをインポートします。

Import OPML

livedoor Readerへの移行

先程エクスポートした、OPMLファイルは、もちろんlivedoor Readerでもインポートできます。

livedoor Readerにログインし、「その他」をクリックします。

livedoor Readerその他ボタン

するとプルダウンメニューが表示されるので、「設定変更」を選択します。

livedoor Reader設定変更

「詳細設定」を選択して下にスクロールをします。

livedoor Reader詳細設定

すると「データのインポート/エクスポート」という項目があるので「インポート」をクリックします。

livedoor Readerデータのインポート・エクスポート

ファイルのインポート画面が表示されるので、ファイルを選択し「アップロード」を押せばOKです。

livedoor Readerファイルのインポート

まとめ

ずっと前から、Twitterアカウントにfeedlyデータを移行したいと思っていたんですが、面倒くさくてしていませんでした。

けれど今回、移行する必要がでできたので、feedly設定をいろいろ触っていたら、案外あっさりできました。