WordPressのテーマカスタマイザー設定を別環境に移行できる「Customizer Export/Import」プラグイン

最近は、Wordpressもテーマカスタマイザーで外観などを設定できるテーマがいろいろあるかと思います。

それで、同テーマを利用して、別ドメインでサイトを始めたいときに、カスタマイザーの設定を手軽に引き継げるプラグインを見つけたので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Customizer Export/Importとは

Customizer Export Import

Customizer Export/Importは、テーマカスタマイザー上で設定のインポートとエクスポートを行うことができるWordpressプラグインです。

エクスポート機能は、設定情報を文字列化してファイルに書き出してくれます。

インポート機能は、エクスポートした設定情報をファイルから読み込んで、Wordpressの新しい環境に適用してくれます。画像などは、URLから移行元からダウンロードして自動で設定してくれる機能もついています。

Customizer Export/Importの使い方

このプラグインは、基本的にエクスポートとインポート機能のみなので、使い方も非常に簡単です。

インストール

プラグインをインストールするには、Wordpressの管理画面から「プラグイン→新規追加」メニューを選択してください。

管理画面からプラグインを新規追加

「プラグインを追加」画面の検索フォームで「Customizer Export/Import」と検索してください。

プラグインの検索フォームでプラグインを検索

検索結果の「Customizer Export/Import」の「いますぐインストール」ボタンを押して「有効化」してください。

カスタマイザーエクスポート/インポートプラグイン

設定情報のエクスポート

カスタマイザー設定情報のエクスポートは、「外観→カスタマイズ」から行います。

Wordpress管理画面の外観からカスタマイズ設定を選択

「カスタマイズ」画面が開いたら一番下の方にある「Export/Import」項目を開きます。

インポート・エクスポート項目

設定情報の書き出しは、「Export」ボタンをクリックすればOKです。

datファイルが作成されて、中には文字列化された設定情報が書き出されます。

カスタマイザーの設定情報がシリアライズ化される

設定情報のインポート

カスタマイザー設定のインポートも、エクスポートと同様の設定場所で行います。

インポートを行うには、以下の手順で行います。

カスタマイザー情報のインポート

  1. エクスポートで書き出したファイルを「参照」ボタンから読み込み
  2. 「Download and import image files?」にチェックを付ける
  3. 「Import」ボタンを押す

②の「Download and import image files?」を有効にすることで、移行元の画像ファイルをダウンロードして、移行先に適用してくれます。

まとめ

こんな感じで、テーマカスタマイザーの設定を手軽に移行することができます。

当然、別のテーマになると設定値が異なるので利用はできません(できるけど意味がない)が、親テーマから子テーマへの移行には十分利用できるかと思います。

例えば、「同じWordpressテーマで大学の部活の部員ページを100人分作成する」なんて時に、重宝するかと思います。タイルのサイトのカスタマイザー設定を一つ一つポチポチ行うのは大変なので。

というか、今回のプラグインは、フォーラムに同様の質問があったので、良いものはないかと探したら見つけました。

ただし、インポート/エクスポートできるのは、カスタマイザー設定のみで、メニューやウィジェット設定の移行は出来ないようです。