両下肢障害の車椅子用シューズとしてクロックス「Crocband」というサンダルを買ってみた

crocs crocband

僕は、両足に麻痺があるため普通の靴が履けません。

実際は、履けないわけではないのですが、履くのが面倒くさいので、ついつい履きやすいものを選んでしまいます。

とは言っても、いくら履きやすいからといって病院で使うような、リハビリ用シューズでは見た目がちょっと…といった感じ。

リハビリ用シューズといったらこんなんですからね。

リハビリ用シューズ

この記事を書くのに何年かぶりにリハビリシューズをまじまじと見ましたが、これでもデザインはだいぶ良くなった感じです。今でこそいろいろなデザインも出ていて、いろんなものから選べますが、昔は介護カタログからの購入でデザインも、もっと悪かったと思います。

そんなわけで、車椅子用のシューズでも、出来れば普通に靴屋に売っているようなものを使いたいので、市販のもので履きやすい構造になっているシューズを使っています。

これまでに使ってきた履き物はこんな感じ。

もう10年以上前に購入したコンバースワンスター。マジックテープなので履くのが容易でソウルが厚くて安定感があります。この色はもう販売してないっぽい。

コンバース ワンスター ベルクロ 白黒

その他にも、アディダスのスタンスミスK-SWISSのベルクロスニーカー なんかも履きやすいと思います。

アディダス スタンスミス ベルクロ 71NI2cTHW-L._SL1500_

これらのスニーカーは、主に外出用として使っています。

その他には室内履きとしてマジックテープで使用するスニーカータイプのサンダルを使っています。つま先が見えるのでさらに履きやすいです。以下の写真は、テバ BARRACUDA

[テバ] Teva BARRACUDA

僕もこれまで、長年上記のようなマジックテープタイプの履き物を使ってきたのですが、さすがに何年も使い続けるとマジックテープがバカになってしまい買い換える必要が出てきました。

とりあえず、同じようなものを買っても良かったのですが、今回は両下肢麻痺でも履けるものを新たに探すという実験的試みとしてクロックスの踵付きサンダルを購入してみることにしました。

今回購入したのは、以下のクロックバンドです。Amazonを見て回っていたら、何となく見た目で履きやすそうだったので購入してみました。今回の買い替えの原因でもあるマジックテープがないシューズを試してみたかったというのもあります。

[クロックス] crocs crocband

それで、実際に届いたものが以下です。

crocs crocband

つま先を入れ、かかとを引っかけるだけで履くことができます。横から見るとこんな感じ。

crocs crocband

実際に履いてみた(ヘルパーさんに履かせてもらった)ところ、思っていた以上に履きやすかったです。

かかとは、引っかけているだけなのでシューズが外れやすいかとも思ったんですが、そういったこともなく思った以上にしっかりと履けています。(車椅子に乗りながらも激しい動きをする人だと外れるかも)

このクロックスのサンダルで、気をつけなければいけないところは2点。一つは、足のサイズに合ったものを選ぶこと。もう一つは、つま先を曲がらないように入れることとくらいでしょうか。

足のサイズに合ったもの選ぶというのは、かかと部分が細いため、小さいものを選ぶとかかとが食い込んで褥瘡の原因になる恐れがありますし、大きいものを選ぶと、ガバガバで脱げてしまうからです。

つま先を曲がらないように入れるのも、つま先、特に爪の褥瘡を防ぐためです。

ただどちらにしろ、この2点は、どういったシューズを選んでも気をつけなければいけない点だと思います。

 

何はともあれ、今回のクロックスのサンダルはもう何日も履いていますが、サンダルが脱げてしまうこともなく、強く当たって赤くなってしまうこともなく、激しい動きをしない車椅子乗りには、なかなか良いシューズだと思います。結構ダメもとで購入したので、ダメだったら風呂場の履き物でもしようかと考えていたので、良い買い物になって良かったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告