除菌タイプでないノンアルコールウェットティッシュなら「スコッティ ウェットティシュー」がベスト

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

スコッティ ウェットティシュー 本体 150枚

僕は、食事後の口周りの汚れ落としにウェットティッシュを利用しています。

ウェットティッシュは、パッと取り出してサッと拭いて、ポイッと捨てれるので楽なんですよね。

ただ、最近ウエットティシュと言ったら、やたら「除菌」と書かれたものが多いです。除菌ウェットティッシュは、テーブルやキッチン周りを拭くのなら便利です。

ただ、僕のような、手や口周りを拭くだけならば、できればアルコールの入った除菌タイプは避けたいです。アルコールの入ったものだと、自分も含めて肌の弱い者にとっては、肌荒れの原因ともなるからです。

なので、僕はウエットティッシュを買うならば、ノンアルコールタイプを購入しています。

中でも、昔からあるスコッティーのウェットティシューをもう何年も愛用しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に利用しているもの

で、現在僕が利用しているのは、以下の「スコッティー ウェットティシュー」です。

スコッティー ウェットティシュー

今回、ウェットティッシュ容器のデザインが一新されていたので新バージョンを購入しました。

ちなみに、過去バージョンのパッケージは以下。

今回のバージョンは、「純粋99%」と「手肌に優しい」というのが強調されています。

この「スコッティー ウェットティシュー」の特徴として以下のようなものが挙げられます。

  • 肌にやさしいノンアルコール・無香料
  • ノンアルコールなので手・口まわりの汚れ落としや身のまわりの拭き取りに最適
  • 余分な成分をなるべく減らした純水※99%のウェットティシュー
  • やわらかいシートで優しい拭き心地

やっぱり、口の周りを拭くのには、ノンアルコールであることに越したことはないと思います。口の周りは、非常に荒れやすいデリケートな部分なので、アルコールで拭くというだけで、肌荒れが起こってしまう原因になることもあるからです。というか、僕自身もアルコールにあまり強くないので除菌タイプのものは使いたくありません。

あと、余分な香りがついていないのもいいですね。毎日毎日利用するものに、余分な香りは不要と僕は思います。何度も何度も利用するたびに、何かの香りがフワッとするのもしんどいです。

自分の部屋に、芳香剤を置いていても、毎日気にならない人は、香料入りのものを購入しても良いとは思います。けれど、毎日過ごす部屋で、「いつも芳香剤のにおいがするのはしんどい」なんて方は、こういった無香料タイプのウエットティッシュが合うかと思います。

詰め替え用パック

あと、ウェットティッシュをネットで購入するに当たって、重要となってくるのが、「値段の安い詰め替え用のパッケージも購入できるか?」ということです。

もちろん、スコッティーのウェットティッシュは詰め替え用パックも安く購入できます。

ちなみに、ボトルと詰め替え用の値段を比較すると以下のようになります(値段は購入時2016年8月のもの)。

  • ボトル:150枚入り307円(1枚あたりの値段:約2.05円)
  • 詰め替え用を:130枚入り258円(1枚あたりの値段:約1.98円)

1枚あたりの値段にすると、大体約3.5%ほど安い計算になります。こうやってみると、それほど安いわけではありませんが、ボトル式のものを何個も購入してもゴミになるだけです。なので、僕はたとえ詰め替え用のパックが同じ値段だったとしても、詰め替え用のものを購入すると思います。

とりあえず、僕は毎日結構ウェットティッシュを使うので、詰め替え用パックをいつもまとめ買いしています。

スコッティー ウェットティシュー詰め替え用パックのまとめ買い

まとめ

食事後、毎回口の周りをウエットティシュで拭き出すと、今度は拭かないと口の周りがべたべたと気持ち悪い感じがして離れられなくなってしまいました。

ノンアルコールタイプだと、他にも何個かウェットティシューを使用してみたことあるのですが、その中でも、「スコッティー ウェットティシュー」が、以下の点においてすぐれていました。

  • 生地の柔らかさ
  • 拭きやすさ
  • 体への影響のなさ
  • 香りの気にならなさ
  • 入手のしやすさ
  • 値段の安さ

毎日単に、口や手を吹いているだけなんですけど、こういう生活用品を安く購入できるのは地味にありがたいです。