履歴保存とタブ機能があるコマンドプロンプト(Windowsターミナル)環境の構築方法

Windowsのコマンドプロンプトはどうも苦手です。

と言うのも実行したコマンド履歴が保存されないからです。

1度、その場限りの実行であれば履歴機能は利用できるのですが、1度ウィンドウを閉じてしまうと履歴は完全にリセットされてしまいます。

これが、僕のようなコマンドを覚えるのが苦手な者にとって使いづらいところです。「えーと、あの前使ったコマンドなんだっけ?そうだ、履歴から遡って呼び出そう!」なんてことができないです。

そんな、履歴を保存できないコマンドプロンプトに代わって、今回は、Windowsで履歴機能のあるコンソール環境を作る方法を紹介します。

加えて、何個もコンソール画面を開きたい時は、複数ウィンドウにするよりも、タブ機能があった方が何かと便利なので「コマンド履歴保存ができるタブコンソール環境を作る方法」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

用意するもの

履歴とタブの使えるコンソールを作るにあたって、以下の2つの無料ソフトを組み合わせて利用します。

Console2

Console2のスクリーンショット

Console2
コマンドプロンプトのタブ切り替えを可能にする無料ソフト。

これだけをインストールすれば、コマンドプロンプトのタブ化ができます。

nyaos

nyaosのスクリーンショット

NYAOS 3000
Windowsとの互換性を保ちつつ、UNIX/Linuxライクにコマンド操作することのできる無料ソフト。様々な拡張機能が利用できます。

 

これまで、いろいろな組み合わせを試してみたところ、この2つの組み合わせが、設定も簡単で使いやすいかと思います。

主な手順

履歴が保存できるターミナルを作るために、今回は、Console2と、nyaosというソフトを利用します。

  1. Console2をインストール
  2. nyaosをインストール
  3. Console2の設定
  4. nyaosの設定

以下で詳しい方法を説明します。

Console2をインストール

Console2からファイルをダウンロードします。

Console2のダウンロード

ダウンロードした「nyaos-3.3.9_0-win.zip」と言ったファイルを解凍しフォルダを任意の場所に置きます。

以下の例では、「C:\Console2」にフォルダを設置したとして説明します。

nyaosをインストール

nyaosも同様にファイルをダウンロードします。

nyaosファイルのダウンロード

ダウンロードした「nyaos-3.3.9_0-win.zip」といったファイルを解凍してできたフォルダを任意の場所に置きます。

今回は例として「C:\nyaos」にフォルダを設置したとして説明します。

今回、解凍してできたフォルダ名を「nyaos」にリネームしました。

Console2の設定

Console2インストールフォルダ内の「Console.exe」を起動します。

Console.exe

メニューの「Edit」→「Settings」を選択してConsole2の設定画面を開きます。

Console2の設定画面を開く

すると、設定画面が表示されるので「Tabs」をクリックし、「Add」ボタンを押してください。

Console2のタブ設定を選択

すると、新しいタブの設定項目が表示されるので、以下のように入力してください。

  • Title:nyaos
  • Shell:C:\nyaos\nyaos.exe (インストール場所によって変更してください。)

Console2の新しいタブ設定にnyaosを設定する

Startup dir(スタートアップディレクトリ)は、必要な場合は入力してください。

あとは、「Tab name」から上で作成した「nyaos」を選択して「Move up」ボタンを押します。

Console2タブ設定のnyaosをトップにする

以下のように「Tab name」でnyaosがトップに来るようにすればOKです。

タブネームでnyaosがトップに来るようにする

こうすることで、「nyaos」が最も優先して呼び出されます。

あとは、「OK」ボタンを押して設定を完了します。

OKボタンを押してConsole2の設定を終了

Console2で「タブの追加ボタン」などを押せば、タグが開かれそれぞれ別のコマンドを入力したりできるようになります。

タグ追加ボタンでコンソールタブが複数表示される

文字が小さかったり、フォントが気に入らない場合は、設定画面の「Appearence」から変更することができます。設定方法は後述します。

nyaosの設定

あとは、nyaos側で履歴保存用の設定を行います。

まずは、nyaosインストールフォルダを開いて、「history.txt」ファイルを作成します。

ちょうどこんな感じになります。

2015-09-02_11h57_21

次に「_nya」というnyaos設定ファイルをエディターで開きます。

nyaos設定ファイルを開く

開いた「_nya」ファイル中の以下の部分を

以下のように書き換えます。

これにより「history.txt」ファイルにコマンドの履歴が保存されていきます。

これで、nyaosに「ウィンドウを閉じても消えない履歴機能」が付加されました。

ファイルパスを取得するには、Shiftキーを押しながらファイルやフォルダ上で右クリックをすると「パスのコピー」メニューが出て手軽にフルパスをコピーできます。

右クリックメニューからファイルパスの取得

nyaosを利用すると、履歴機能以外にも、エイリアスの設定、キーバインドの設定等、様々な拡張機能を利用することができます。詳しくは以下を参照してください。

動作確認

これで、今回作成したコンソールでカーソルキーを押すと、履歴を遡って好きなだけ表示させることができます。

加えて、「history」コマンドを使えば、履歴の一覧も見ることができます。

2015-09-02_12h22_03

「history 30」のように「history 数字」と入力すれば、数字で指定した数だけ履歴を見ることができます。あまりにも履歴が貯まったときは、こういった呼び出し方をした方がコマンドを見つけやすいかもしれません。

履歴を指定した数だけ表示する

Console2を使いやすく設定する

ここからは、タイトルと少し内容はそれますが、デフォルトのConsole2の設定を少し変えて、より使いやすいものにしたいと思います。

フォントと操作方法を変更して、コンソールをより快適に利用できるようにしたいと思います。と言うか、僕がいつも利用している設定方法です。

まずは、「Edit」→「Settings」で設定画面を開きます。

個別のConsole2設定

フォントの設定

僕の場合、ちょっとデフォルトだと文字が小さすぎるので、「Appeareace」の設定項目から、文字を大きくしています。フォントは、「Consolas」を利用しています。

Console2のフォントの設定

字が小さすぎると見にくいので。

マウス操作の設定

あと、マウス操作も、Windowsのコマンドプロンプトとはちょっと違うので、似たようなものに修正します。

まずは設定画面の「Mouse」設定画面を開きます。

Console2のマウス設定画面

あとはデフォルトの以下のようなマウス設定を

Console2のデフォルトのマウス設定

以下のように変更します。

Console2のマウス設定を変更した後

これで手軽に、コンソールの文字などをコピペしたりできるようになるかと思います。(動作は好みなので自由に設定してください)

まとめ

こんな感じで、Windows環境でも、コマンド履歴を保存しておけるターミナルをつくれます。

履歴が保存できることで、脳の揮発性の高い僕でも、コマンドを遡ったり、検索したり、一覧を見たりして、必要なコマンドを思い出すことができます。

加えて、今回Console2を利用してタブのターミナル環境を作ったことにより、Railsなどを使う場合でも、「1つのタブでサーバーを動かしながら、もう1つのタブで作成コマンドを実行する」なんて使い方もできるようになります。

ということで「従来のWindowsコマンドプロンプトはちょっと使いづらい」とか「すぐ使ったコマンドを忘れてGoogleで検索してしまう」なんて方は、設定しておくといろいろと捗るのではないかと思います。