Windowsのコマンドプロンプトをタブ化する方法、あと履歴も保存できるようにする

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

Windowsデフォルトのコマンドプロンプトは、どうも使いにくいです。

Ruby on Railsなどを書いていると、コマンドプロンプトで操作するとなると、「サーバー動作(rails server)」用のウィンドウと、「コマンド操作用のウィンドウ」を最低2つは開きたくなります。

ただ、デフォルトのコマンドプロンプトだと、どうしてもウィンドウ操作になってしまって邪魔臭いです。できれば1つのウィンドウ内でタブ操作したい。

ということで、今回は、Windowsのコマンド操作をタブを使って管理する方法を紹介したいと思います。あと、コマンドプロンプトだと、閉じてしまうとコマンドの履歴は、消えてしまいますが、履歴を保存できるようにする方法も紹介したいと思います。

photo by JoshuaDavisPhotography

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コマンドプロンプトをタブ化する

コマンドプロンプトをタブ化するには、ConEmuというソフトをインストールするだけです。

タブ化するソフトには、他にもいろいろあるのですが、個人的にこれが一番使いやすかったです。

まずは、ConEmuに移動し「Download」ボタンを押します。

ConEmu - Windows console with tabs  SourceForge.net

ダウンロードされるファイルは、「ConEmuPack.150209.7z」という拡張子なので、解凍するには圧縮・解凍ソフト 7-Zipが必要です。

解凍すると、以下のようなファイルが展開されます。

展開されたファイル

32ビット環境では、「ConEmu.exe」を64bit環境では、「ConEmu64.exe」を起動してください。

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押します。

「Choosa ConEmu settings storage location」では、設定ファイルの保存場所を選択します。(デフォルトでは、インストールフォルダになっているので、変更する必要がない場合はそのままで)

起動した時に表示されるダイアログ

赤枠で囲んだ部分は、デフォルトの設定を変更した部分です。安定版を自動アップデートする設定にしました。

すると、以下のような画面が表示されるので、「+」ボタンを押していくとConEmu起動時

すると、以下のようにタブが追加され

タブ

「コマンド動作用のタブ」と「サーバー動作用のタブ」などと分けて利用できます。

Railsのアプリ作成

「+」ボタンのサブメニューから、{ Shells } → { PowerShell }を選択すると、

Windows Power Shell

Windows PowerShellが起動します。

Windows Power Shellが起動する

コマンドの利用履歴を保存できるようにする

コマンドプロンプトでも「F7」キーを押せば、一応利用履歴は表示されます。

コマンドプロンプトの履歴機能

けれどコマンドプロンプトは、閉じてしまうと揮発してしまうので次回起動時からは利用できません。

それはやっぱり都合が悪い。ということで、以下ではWindowsでも利用コマンド履歴の再利用ができる、NYAOS 3000を使った方法を紹介したいと思います。

nyaosのダウンロード

まずは、NYAOS 3000をダウンロードします。

NYAOS.ORG - NYAOS 3000

nyaosとは、フリーで利用できるUNIXライクな日本語拡張コマンドラインシェルです。

ダウンロードをしたら、適当な場所に解凍します。今回は例として「C:\nyaos」に解凍しました。

ConEmuでタスクの設定

ConEmuでnyaosを利用するには、以下の手順を行います。

  1. システムメニューボタン(Show system menu)をクリック
  2. 設定メニュー(Settings)を選択

ConEmuのシステムメニュー設定

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、以下の手順を行います。

  1. 設定項目でタスク(Tasks)を選択
  2. 「+」(プラスボタン)をクリック

タスクの設定

すると、設定画面が以下のように変化しますので、次の手順を行います。

  1. タスクの名前をつける(今回はnyaos)
  2. ファイルパス(File path)ボタンを押す

タスクの追加

あとは、先程インストールしたnyaosを選択すると

nyaosを選択する

nyaosのパスが登録されるので「設定の保存(Save settings)」ボタンを押してください。

nyaosをタスクに設定する

これで、nyaosの登録は完了です。

nyaosで履歴を保存する設定

最後に、nyaos側で履歴を保存するための設定を行います。

履歴を保存するためには、インストールフォルダの「_nya」ファイルを少し編集する必要があります。今回の例だと「C\:nyaos\_nya」ファイルです。

「_nya」ファイルを開くと以下のような部分があります。

この部分に2行を追加します。

追加したのは、履歴機能をオンにするオプションと

履歴保存先のファイルです。保存したい場所のファイルパスを指定してください。履歴はテキストで保存されます。

これで設定した「history.txt」ファイルに、これまで使用してきた、コマンド履歴が保存されるようになりました。

nyaosの呼び出し

「+」のメニューボタンを押して、{nyaos}を押すとnyaosで起動します。

+ボタンのメニューボタンを押してnyaosを選択

nyaosで起動すると、このような感じになります。

nyaosシェルで起動した状態

コマンドプロンプト同様「↑」キーを押すと、以前の使用したコマンドをたどれます。

「history」コマンドなども利用できるので、「あれっ?あの、この前使ったコマンドなんだったっけ?」なんて場合にも、すぐにコマンドを思い出すことができます。

nyaosは、その他にも「エイリアスの設定」、「lsコマンドの利用」など多数の便利な機能がありますので、詳しくは以下のサイトを参照してください。

参考 Nyaos Manual

まとめ

ちょっと、設定が面倒くさいかもしれませんが、これだけ設定を行っておくと、Windowsでのコマンド操作がかなり快適になります。

僕もできれば、こんな面倒くさい設定はやりたくありません。しかし、僕の揮発性の高い頭は、すぐに使っていたコマンドを忘れてしまいます。

やっとコマンドを覚えたとしても、1ヶ月使わないと、また忘れます。ですので、こういった、履歴機能などで、以前やったことを思い出せると、わざわざGoogleで調べる必要がなくなるので、多少開発効率は上がったりします。

ということで、「Windowsのコマンドプロンプトをタブ化して操作性を良くしたい」とか、僕のように、「コマンドが全然覚えられない」なんて方には、おすすめの設定です。

『Windowsのコマンドプロンプトをタブ化する方法、あと履歴も保存できるようにする』へのコメント

  1. 名前:いつき 投稿日:2015/02/14(土) 05:04:57 ID:1653dd35d

    いつも楽しく記事を読ませていただいています。

    この記事の画像『nyaosを選択する』や『nyaosをタスクに設定する』のように、強調したい部分以外が暗く(スモークをかけている?)なるように処理するにはどうすればいいのでしょうか?

    よろしくお願いします。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/02/14(土) 07:12:59 ID:06aa958f7

    いつきさんこんにちは。

    このソフトを使うと、とても簡単にできますよ。
    機能はSkitch超え!画像に美しい注釈を加えられるソフト「スクリーンプレッソ」がスゴい

  3. 名前:いつき 投稿日:2015/02/15(日) 14:26:22 ID:22ec3a02b

    Screenpressoは以前から使っていたのですが、『選択範囲外の暗転』は見落としていました。
    教えていただいた記事を読んで、今まで使いこなせていない機能も使えるようになり、とても参考になりました。

    ありがとうございました。