各種ブラウザへの嵌め込み画像が簡単に作れる「Browser Frame」

いろいろな「ブラウザへ画像を埋め込んだ形のスクリーンショット」を作ることができる「Browser Frame」というサービスがあったので紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Browser Frameとは

Browser Frame

Browser Frameは、様々なブラウザに画像はめ込んだ形のスクリーンショットを作成することができるツールです。

作成できるブラウザの種類は以下の通り。

メジャーブラウザを選択できる

  • Chrome(Mac)
  • Chrome(Windows)
  • Firefox(Mac)
  • Firefox(Windows)
  • Safari
  • IE
  • Opera
  • Edge

実際に作成されるスクリーンショットは以下のようになります。

Chrome(Mac)

frame-chrome-mac

Chrome(Windows)

frame-chrome-win10

Firefox(Mac)

frame-firefox-mac

Firefox(Windows)

frame-firefox-win10

Safari

frame-safari-mac

IE

frame-ie-win10

Opera

frame-opera-win10

Edge

frame-edge-win10

Browser Frameの使い方

Browser Frameの使い方は、非常に簡単で、サイトに移動したら「UPLOAD」ボタンを押して嵌め込む画像を選択してください。

ブラウザフレームでアップロードボタンを押す

画像が表示されたら、ドロップダウンリストからブラウザを選択します。今回は、IE(Internet Explorer)を選択しました。

ブラウザフレームで好きなブラウザを選択する

最後に、「Save」ボタンを押して画像を保存します。

プラウザフレームでセーブボタン押して画像の保存

この3手順で、以下のようなスクリーンショットを作成できました。

IEでYahoo!を表示したスクリーンショット

まとめ

こんな感じで、簡単に作成できます。

「ブラウザでスクリーンショットを撮るなら使用しているものをキャプチャすれば良いんじゃ?」と思われるかもしれません。けれど、使用しているブラウザだと、ブラウザ拡張(アドオン)などが入っていて、ブラウザデフォルト状態ではありません。

Browser Frameを利用する利点としては、「手軽にブラウザデフォルト状態の埋め込み画像が作成できる」といったところでしょうか。

その他にも、以下のような場合に利用できるかと思います。

  • パソコンにインストールしていないブラウザのスクリーンショットを作ることができる
  • Windows上でMacブラウザのスクリーンショットを作ることができる
  • 逆にMac上でWindowsのスクリーンショットを作ることができる

逆に、ブラウザのデフォルト状態以外の操作画面をキャプチャーすることはできません。

というわけで「シンプルなブラウザのスクリーンショットが必要だが、自分の使っているブラウザは拡張や設定変更などでごちゃごちゃしている」と言った場合や、「Operaとか管理会社が変わったからアンインストールしたけどスクリーンショットが必要になった」なんて場合は、Browser Frameを利用すると手軽に作れます。

サイト Browser Frame