コピペで使える「WordPress固定ページ」にリッチスニペットを用いたパンくずリストの作り方

以前、リッチスニペットを用いた「カテゴリ用のパンくずリストの作り方」は以下に書きました。

[WordPress]SEO的にもちょびーっとだけ有利なリッチスニペットを用いたパンくずリストの作り方
WordPressを今年の1月から使い始めたので、もうすぐで6ヶ月になります。 WordPressを使ってみて、なんだかんだで、使いや...

パンくずリストは、投稿ページのカテゴリなどで使用するのがほとんどだとは思います。しかし、固定ページも「ページ属性」で「親」を設定できるので、階層構造になることもあり、パンくずリストを作成することができます。

今回は、そんな固定ページのパンくずリストを、リッチスニペットを用いて作る方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パンくずリストとは

とその前に、「パンくずリストって?」という方のために説明です。

パンくずリストとは、サイトの階層をユーザーが把握して移動できるようにするための一連のリンク(パンくず)です。

このブログで言えば、ページ上部にあるこんなやつのことです。

寝ログパンくずリスト

これを書くことで読者に現在の位置を把握してもらうことができます。

それとともに、Googleの検索結果に以下のように表示されるので、検索ユーザーにも、ページ内容がさらにわかりやすく伝わります。

Google検索結果パンくずリスト

ちなみに、パンくずリストが設定されていないページの場合は以下のように、ただのURLで表示されます。

Google検索結果URL表示

このようなGoogleにも認識してもらいやすいパンくずリストを設定するには、リッチスニペット使って非構造化マークアップすることが Googleでも紹介されています。(普通に作成するだけでもGoogleはパンくずリストとして読み取ってくれることもありますが、リッチスニペット使った方が確実です。)

参考 リッチ スニペット – パンくずリスト – ウェブマスター ツール ヘルプ

まとめるとこんな感じです。

  • ユーザーの読んでいるページの位置がわかりやすい
  • 検索結果でもわかりやすい
  • リッチスニペットを用いれば、よりGoogleに構造を伝えやすい

このような利点から、パンくずリストを作成します。

コピペで使えるパンくずリストの作り方

今回行う主な作業手順は以下です。

  1. テンプレートから手軽に呼び出せるようにbreadcrumbs-page.phpを作成する
  2. パンくずリストのコードを書く(コピペ)
  3. breadcrumbs-page.phpをテンプレートとして呼び出す(コピペ)
  4. style.cssでスタイルを整える(コピペ)

1つファイルを作成して、3回コピペすれば、作成できます。

breadcrumbs-page.phpファイルの作成

テーマディレクトリ内にテンプレートとなるbreadcrumbs-page.phpファイルを作成します。

breadcrumbs-page

作成したら、ファイルを開いて、以下をコピペします。

基本的にそのままコピペで使えますが、細かい調整は好みに合わせてコードを書き換えてください。

【固定ページのパンくずソース参考】

パンくずリストの追加方法 -WordPressの投稿・固定ページ対応-|ThePresentNote

WordPressテーマから呼び出す

あとはpage.php等のテンプレート内から、以下のコードを用いてパンくずリスト(breadcrumbs-page.phpファイル)を呼び出します。

スタイルシートの記入

最後にstyle.cssなどに以下のスタイルを書き込んで終了です。

作成される固定ページのパンくずリスト

例えば以下のような階層の固定ページがあったとします。

HOME > News > Our Staff >  Employment Opportunities

固定ページの階層構造

これを、先程編集した固定ページのパンくずリストを用いてWordpressに表示させると、以下のようになります。

固定ページのパンくずリスト表示

これのHTMLソースは、以下のようになります。

構造化データチェック

Google Structured Data Testing Tool

パンくずリストの構造をチェックするには、Google Structured Data Testing Toolなどで行えます。

HTMLソースコードを入力してチェックしてみると、検索結果ページでは以下のように表示されるようです。

検索結果プレビュー

リッチスニペットで作成した構造化データ部分も問題ありません。

リッチスニペットで作成した構造化データ部分

まとめ

このように、リッチスニペットを用いたパンくずリストは、SEO的にどれほど有効かは僕にはわかりません。

ただ、パンくずリストを作成することによって、サイト上で訪問者の利便性(ユーザビリティー)は、多少なりとも上がります。また、リッチスニペットを用いて構造を検索エンジンに伝えることによって、検索結果でもパンくずリストが表示され、こちらも多少なりとも利便性は上がると思います。

Googleなどは、訪問者の利便性を考えて作られているサイトを好む傾向があります。これは、Googleが発信する情報にもたびたび出てきます。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

Google が掲げる 10 の事実 – 会社情報 – Google

私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 2012/04

今回のパンくずリストをカスタマイズしただけで、検索順位が大きく上がるなんてことはないと思います。ただ、ユーザー(訪問者)の利便性を考えて作成されているサイトは、良い評価押してもらえる可能性は高いと思っています。