All in One SEO Packが原因でHTML5構文チェックツールで「Attribute itemprop」エラーが出るときの解決方法

HTML5構文チェックツールには、以下のようなものがあります。

今回は、これらのバリデーターツールで、以下のようなエラーが出たときの解消方法を紹介したいと思います。

Error: Attribute itemprop not allowed on element meta at this point.

photo by Markus Tacker

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

エラーが出る原因

itempropエラー

エラーが出ている箇所のソースは以下のようになっています。

この、メタディスクリプションタグに「itemprop」という許可のされていないHTML属性があるとエラーが出ています。

itemprop 属性は、Microdata(マイクロデータ) のマークアップを行う際、プロパティを指定する属性だそうですが、HTML5バリデーター的には構造的にはミスになるようです。

このエラーは、Google的にはどうなのかと、ウェブマスターツールを見てみましたが、エラーは出ていないです。ですので、Google的には、エラーと判断していないのかもしれません。

これらのエラーが出る原因として、Wordpressのプラグインである「All in One SEO Pack」の利用が考えられます。

All in One SEO Pack v2.2(2014-7頃)から「itemprop=”description” 」のように属性がつくように機能追加されました。

エラーの解消方法

これらのエラーの解消方法として、All in One SEO Packで「itemprop」属性を取り除く方法を紹介したいと思います。

All in One SEO Pack v2.2.2から、「itemprop」属性を設定できる機能が追加されたようです。(おそらくエラーが出るので修正できるように要望があったのだろうと推測。)

All in One SEO Packで、「itemprop」属性を取り除くには、まずWordpressにログインをし、メニューの「All in One SEO」から「General Settings」を選択します。

All in One SEO Packの通常設定

「General Settings」画面に移動したら、「General Settings」項目にある「Use Schema.org Markup」のチェックを外します。

Use Schema.org Markupのチェックを外す

こうすることで、バリデーターでのエラーは表示されなくなります。バリデーターのエラーが消えた状態

詳しくは以下にも書かれています。

参考 WP All in One SEO Pack v2.2から itemprop=”description” がついてしまった | サイトスパイラル(Sitespiral)

追記(コメントより):

あと、All in One SEO Packの「Feature Manager」設定画面で、「Social Meta」が「Active」になっていると以下のようなタグが付加されバリデーションでエラーが出るようです。

このタグを挿入させないようにするには、All in One SEO Packの、「Social Meta」をまず「Deactive」にしてください。

Social Meta

このようにして、OGPなどのタグを挿入するには、All in One SEO Packのものは避けて、Open Graph Proのようなプラグインを使うか、以下のようなカスタマイズを自前で行うかなどしか解決方法はないかもしれません。

プラグイン不要でFacebook OGPをコピペでサクッと設置する方法|Wordpressカスタマイズ
以前、Facebook OGPの設定について以下のような記事を書きました。 Facebook OGPプラグインの使用を止めて自前で設定...

まとめ

これをしたから、検索結果で上位表示されるとかそういうことはまずないと思います。ウェブマスターツールでもエラーとしては出ないですし。

ただGoogleが、どの程度評価しようがしまいが、今回のいらに限らずエラーの多いサイトよりは、少ないサイトを、微妙な差であろうとも評価するとは思います。というか、個人的にもエラーのないサイトの方が気持ち良いですし。

All in One SEO Packの「Use Schema.org Markup」がオンになっていると、僕のサイトのトップページの場合、4つもバリデーションエラーが増えました。(設定にもよる)

ということで、気になる場合は、Schema.org Markup機能をオフにしてみてください。

『All in One SEO Packが原因でHTML5構文チェックツールで「Attribute itemprop」エラーが出るときの解決方法』へのコメント

  1. 名前:m 投稿日:2015/02/17(火) 23:53:06 ID:cf0a38210

    記事通り「Use Original Title:」の項目のチェックを外してみましたが、All in One SEO Pack 2.2.5.1をしている私の環境では「」が残ってしまいますね
    いやはやどうするべきか…

  2. 名前:m 投稿日:2015/02/17(火) 23:54:14 ID:cf0a38210

    申し訳ありません、括弧内が抜けてました。
    「meta itemprop=”image” content=”url” 」です。

  3. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/02/18(水) 00:21:26 ID:a9d8351fe

    記事通り「Use Original Title:」の項目のチェックを外してみましたが、

    記事では、「Use Schema.org Markup」のチェックを外すとしているのですが、こちらのチェックを外してみてもダメでしょうか?

  4. 名前:m 投稿日:2015/02/18(水) 00:34:59 ID:8ce4df5ac

    訂正させてください。
    「Use Original Title:」ではなく「Use Schema.org Markup」の間違いでした。
    申し訳ありません。

    もう一度確認し「Use Schema.org Markup」のチェックを外し、ソースを確認しましたが「meta property=”og:image”」が吐出されるのと同時に「meta itemprop=”image” content=”url” 」が吐出されているようです。

  5. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/02/18(水) 02:16:00 ID:a9d8351fe

    サイトが、Wordpressサイトかはわからないのですが、もし、キャシュプラグインを使用しているのなら、オフにしないと、Validationツールでエラーが出ることもあるようです。
    サーバーによっては、自動的にキャッシュプラグインが動作するものもあるようです。エックスドメイン Cache Controllerなど。

    「meta property=”og:image”」

    これは、メタディスクリプションのタグではなくて、OGPのタグだと思うのですけど、OGPタグにitemprop属性が付加されているということでしょうか?
    こちらで、「Use Schema.org Markup」をオンにして、All in One SEO PackのOGPをオンにしても、OGPタグにitemprop属性は付かないようですけど。

  6. 名前:m 投稿日:2015/02/18(水) 02:56:46 ID:8ce4df5ac

    運用しているサイトはWordpressで構築されており、キャッシュpluginを完全に排除したローカル環境でも問題が再現される状態です。
    HTML5構文チェックツールでは

    The itemprop attribute was specified, but the element is not a property of any item.

    と表示されている状態です。

    これらの問題を解決したくGoogleで関連記事を検索していたところ寝ログ様に行き着きました。

    OGPのタグだと思うのですけど、OGPタグにitemprop属性が付加されているということでしょうか?

    の点ですが、ogpタグとは別にitemprop属性が付与されたmetaタグが同時に出力されエラーとなっています。

  7. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/02/18(水) 03:35:10 ID:a9d8351fe

    てか、All in One SEO Packが入っているので、当然Wordpressサイトですよね;
    何を思ったか変なことを書いてしまいました;

    こちらのローカルでもAll in One SEO PackでOGPをオンにすると、以下のようなタグが追加されるのを確認しました。

    これは、All in One SEO PackのOGPをオンにしているとどうしても挿入されるようです。
    回避するには、All in One SEO PackのOGPをオフにして、OGPは他のプラグインで挿入するなどするしかないかもしれません。

    一応、記事に追記をしておきました。

  8. 名前:m 投稿日:2015/02/18(水) 03:59:16 ID:8ce4df5ac

    こちらこそ夜分に申し訳ありません。
    記事の追記まで行って頂きありがとうございます。

    やはりAll in One SEO Pack側の問題ですよね…
    HTML5構文チェックツールにて最後の1つのエラーだったので、plugin側の設定やfunctions.phpの記述でなんとかなるもんかと考えましたが、直接テンプレートへ記述し直すことにしました。

    長々とコメント欄にて問題解決にお付き合い頂きありがとうございます。
    今後も記事の更新を楽しみにお待ちしております。

  9. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/02/18(水) 04:33:04 ID:a9d8351fe

    いえいえ、今日は寝つきが悪くて、眠れそうもなかったのでちょうどよかったです。
    他には、ヘッダータグの排出をフックして、itemprop属性を置換して消すなんてことも考えたんですが、ちょっとヘッダー出力時のフックの仕方わかりませんでした;