ソフトバンクの障害者向け「アシストスマホ」のサービスもCMもなんだか優しい

ソフトバンク アシストスマホ

ソフトバンクは、2014年3月から障害者の社会生活を支援する「アシストスマホ」というサービスを行っています。

そのプロモーション映像となるCMが、なんだかほっこりする内容でした。それに加えて機能面でも、障害者本人と、その家族をも念頭に置いたものになっていて、僕も「この機能、通常の携帯(スマホ)にもあった方が良いのに」なんて思ったりしたもので、紹介です。

アシストスマホのCMは、「お仕事編」と「「休日編」の2本があります。

アシストスマホ お仕事編

アシストスマホ 休日編

どちらも「30年前に授かった、2250グラムの小さな命、君はゆっくりと立派に成長していったね」という言葉から始まります。

アシストスマホ お仕事篇 - 30年前に授かった、2250グラムの小さな命

アシストスマホ お仕事篇 - 君はゆっくりと立派に成長していったね

導入部からもわかるように、プロモーション映像は、障害のある子供がやがて成長し社会に出て行くという過程の中で、親の目線から描かれます。

このアシストスマホは、利用する本人はもとより、それを見守る家族のことまで考えられて作られているサービスです。

機能などは、PVの中で紹介されています。「お仕事編」では、仕事に向かう電車の中の様子とともに、このような機能が紹介されています。

パソコンやタブレットから、スケジュールを共同で管理することができるので

アシストスマホ お仕事篇 - PCやタブレットでスケジュールの投稿ができる

例えばお母さんが、「駅に着いたら、知らせてください」と入力したら、アシストスマホ端のスケジュールシートに表示されるようになっています。

アシストスマホ お仕事篇 - 駅に着いたら知らせてください

画面をタップすると「この予定を完了しましたか?」とダイアログが表示され「はい」をタップすれば

アシストスマホ お仕事篇 - この予定を完了しましたか?

ちゃんとお母さんに、ワンアクションで通知が届くようになっています。

アシストスマホ お仕事篇 - 予定を完了したら通知が届く

その他にも、例えば通勤中電車などが遅れたら、簡単に連絡・報告のメールを作成することができるようになっています。

大きな顔写真入りの選択画面の中から

アシストスマホ お仕事篇 - 簡単に連絡報告のメールを作成

上司を選択、

アシストスマホ お仕事篇 - 池上課長

あらかじめ定型文が用意されているので、数回タップするだけで「電車遅延のため、15分到着が遅れます。」のような報告メールを作成できます。

アシストスマホ お仕事篇 - 電車遅延のため、15分到着が遅れます

僕も、メールは用件しか書かないので、メールにこういった機能が普通に欲しいです。

その他にも、目的地周辺エリアをあらかじめ指定しておけば、

アシストスマホ お仕事篇 - 目的地周辺エリアをあらかじめして

指定した時間に、エリアに到着していない場合は、メールで知らせる機能などもあります。

アシストスマホ お仕事篇 - 現在の場所

このように、現在の場所も確認することができます。

「休日編」では、以下のような機能も紹介されています。

1人で返すなどをしたときに、登録された目的地を、選ぶだけで

アシストスマホ 休日篇 - 登録された目的地を選ぶだけで道案内を開始

道案内を開始してくれます。

アシストスマホ 休日篇 - 道案内を開始

スマホのカメラを通して見ることで、実風景の中に矢印で道順を案内してくれる機能もあります。

アシストスマホ 休日篇 - 実風景の中に矢印で道順を案内

何かのトラブルで、指定時間に目的地に到着していない場合は、家から見守る機能もあります。

アシストスマホ 休日篇 - 指定した時間にエリアに到着していないときはメールでお知らせ

通知が来たときは、それまでの足取りを確認することもできます。

アシストスマホ 休日篇 - 足跡一覧

このような機能は、既存のスマホ機能の延長にあるような機能ですが、企画開発者によると、以下のような理由から外部から情報の入力などができるようになっているそうです。

「リサーチをしていて、発達障害にはスマホを親に渡すことを極端にいやがるケースもあるということを知り、必要な情報を外部から更新・入力できるようにしました」

<障害児の親を泣かせるCM>なぜソフトバンクが障害者向けに開発したスマホCMに親は涙するのか ‐ 横田雄紀

その他にも、いろいろ機能があるので詳しくはソフトバンクのアシストスマホページを参照してください。

アシストスマホは、連絡や行動を支援する機器として、厚生労働省の障害者自立支援機器等開発促進事業に採択されています。

僕も障害がある手前、一般平均よりは、子供に障害のある親の方と接する機会は多いです。その方たちに共通してあるものは、やはり、いつも子供のことを心配しているということです。僕の親だってそうだと思います。

このようなサービスで、万事解決というわけには当然行かないと思いますが、そういった心配事を1つでも減らす助けになればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告