Windows10のデータ収集を一括で無効にする超簡単な設定方法

マイクロソフトの執拗な勧誘により、OSをWindows10にされた方も多いかと思います。

ただWindows10は、デフォルトの状態でシステムのエラーや、診断情報、ユーザーの入力、位置情報等々を、バックグラウンドでマイクロソフトに送信しています。

マイクロソフトが、Windows10へのアップグレードをあれほどまでに迫ったのは、「早くこういった情報を収集したい」というマイクロソフト側の意図が働いたという憶測もよく聞きました。

もちろん、こういった情報送信は、基本的に個人を特定できないように、法律の範囲内(グレーゾーン部分もあるだろうけど)で行われていると思います。製品の改善に使われている情報もあるでしょう。

ただ、いくら個人を特定できないようにしているといえ、全ての情報を統合して判断すると、その断片から個人を特定できるということはあるのかもしれません。こういった部分は、少し気持ち悪さが残ります。

なので、マイクロソフト側もこういった情報送信機能を設定から無効にできるようにはしてくれています。

けれど、全ての設定を無効にするには、様々な設定項目を変更する必要があり、正直言って面倒くさいです。

そんなわけで「プライバシー情報送信機能を一括で無効にできるソフトはないかな」と思っていたら、そのものズバリのAntiSpy for Windows 10というソフトがあったので使い方も含めて紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

AntiSpy for Windows 10とは

Ashampoo AntiSpy for Windows 10

AntiSpy for Windows 10は、Windows10が収集する情報をユーザーが手軽にオン/オフを切り換えれるようにしてくれる簡易設定ツールです。

AntiSpy for Windows 10を利用することで、以下のようなシステム管理機能が利用できます。

  • セキュリティー設定を変更
  • プライバシーを保護する
  • 位置情報サービスを無効にする
  • Windows10診断結果や使用データを送信させないようにする

Windows10は、仮想アシスタントCortana機能もあり、日頃の作業をより簡単にしてくれる便利な機能を提供しています。

しかし、こういったアシスタントを可能にするため、Windows10は膨大な量のデータを収集する必要があります。

マイクロソフトは、ユーザーのプロフィールを分析し、ユーザーに合わせた広告を表示するといったことも普通に行っています。これは、マイクロソフト公認の事実です。

こういった、マイクロソフト側の需要から、Windows10からはユーザーが思っている以上にデータ収集が行える設定になっています。

こういったデータ収集機能は、ユーザーが設定から無効にもできるのですが、ライトユーザーが行うには非常にややこしく設定項目も多数あります。

それを手軽に行えるようにしてくれるのが、このAntiSpy for Windows 10です。

AntiSpy for Windows 10の使い方

AntiSpy for Windows 10は、ダウンロードして起動してクリックするだけという非常に簡単な操作でプライバシー設定を行うことができます。

非常に簡単なのですが、一応使い方を説明します。

ダウンロード

まずは、AntiSpy for Windows 10からファイルをダウンロードします。

Ashampoo AntiSpy for Windows 10のダウンロード

ファイルの起動

すると「Ashampoo_AntiSpy.exe」というファイルがダウンロードされるので起動します。

Ashampoo_AntiSpy.exe

すると以下のような「システム復元ポイント作成」ダイアログが表示されるので、復元ポイントを作成する場合は「はい」を押してください。

システムの復元ポイント作成ダイアログ

プライバシーの設定

すると、以下のような設定ダイアログが表示されます。左側にあるON/OFFボタンをクリックするだけで、設定を切り替えることができます。

AntiSpy for Windows 10設定ダイアログ

ただ、1つひとつ項目を見ても「どの設定を変更したら良いのかわからない…」という方のために、AntiSpy for Windows 10では、一括設定機能も用意してあります。

プライバシーの一括設定機能

AntiSpy for Windows 10のおすすめの設定にするには、右上の「一括設定」ボタンから「おすすめの設定にする」を選択してください。

AntiSpy for Windows 10おすすめの設定

アップにするとこんな感じ。

AntiSpy for Windows 10おすすめの設定メニューのアップ

プライバシー情報の送信をすべて無効にするには「全てのオフの設定にする」を選択してください。

AntiSpy for Windows 10をすべて無効設定にする

すると「一括設定 正常にし完了しました」と出るのでその部分をクリックしてください。

AntiSpy for Windows 10設定の完了

すると以下のように、一括設定が完了します。

お勧め設定一括設定完了

これで設定が完了なので、あとはソフトを閉じておいてOKです。

まとめ

こんな感じで、AntiSpy for Windows 10を利用することで、プライバシー情報送信設定を手軽に切り替えることができるようになります。

マイクロソフトも、このように有効/無効を切り替えれる設定をつけてくれているのですから、データ収集が不要と思ったら、問答無用でバッサリとオフにしてしまってOKかと思います。

サイト AntiSpy for Windows 10