Googleアナリティクスで「ページごとの収益性」を分析後に「流入キーワード」も分析するカスタムレポート設定

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

Googleアナリティクスを使っていて先日ふと思いました。

「サイトでどのページの収益が高いのか?そしてその収益の高いページには、どんな検索キーワードで流入しているのか?」と。

収益性の高いページが分かれば「どういった内容が収益に結びつきやすいのか」とかがある程度わかるかもしれません。そして、そのページへ導くことになった検索キーワードが分かれば「このページへ至るユーザーは、どういった意図をもって訪れるのか」ということがキーワードから推測出来るかもしれません。

Googleアナリティクスは凄いもんで、こういった「個別ユーザーの解析需要」も満たせるようにカスタムレポートという便利なものがあります。

そしてカスタムレポートは、設定だけをパブリックにして共有することもできます。

ということで、今回は以前作成した「ページごとの収益分析 → キーワード分析」をするカスタムレポートの設定方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

カスタムレポートの設定方法

まずは、特に難しい設定ではないので、やり方を先に書いてしまいます。

今回のカスタムレポート設定の主な手順は以下です。

  1. アナリティクスとアドセンスを連携(リンク)する
  2. 共有カスタムレポートをインポートする

もう既に、アナリティクスとアドセンスの連携が終わっていれば、共有設定を取り込むだけで終わり、数回のクリックで終わります。

今回の設定では、ページごとの収益性はアドセンスパフォーマンスを元にで見ることになります。アフィリエイトのコンバージョン関係のものは見ることができません。

アナリティクスとアドセンスを連携する

まず、今回の設定は「ページごとの収益性」を見るのにアドセンスのパフォーマンスレポートデータを利用することになります。

そのためには、以下の「アナリティクスとアドセンスの連携設定」を行う必要があります。

既に連携設定を行っている場合は、この項目は跳ばしてください。

Googleアドセンスとアナリティクスを連携する方法。収益分析などに。
サイトに手軽に広告を掲載できるGoogleアドセンス。 そして、サイトをアクセス解析できるGoogleアナリティクス双方を利用...
連携設定を、これまで行っていなかった場合は、データが表示されるまで最大24時間かかるかもしれません。加えて、ある程度データ貯まるまで待つ必要があるかもしません(最低でも1週間分のアドセンスデータは欲しいかも)。

共有カスタムレポートをインポートする

カスタムレポートの設定は、とても簡単です。

いちいち管理画面からマウスをポチポチ設定する必要はなく、僕が公開したカスタムレポートの設定を取り込むだけです。

まずは、以下の共有カスタムレポートページに移動します。

ページごとの収益分析 → キーワード分析

共有レポートページを開くと以下のような画面が表示されます。

共有カスタムレポート画面

このページが表示されたら、「ビューを選択」と書かれたドロップダウンリストから「分析対象のビュー」を選択します。

分析をするビューを選択

ビュー選択をし終わったら、「作成」ボタンを押すだけで設定は完了です。

ビューを選択し終わったら作成ボタンを押す

カスタムレポートを利用は、設定がインポートされるだけです。こちら側に解析データなどが伝わるわけではないので、そういった心配は不要かと思います。

カスタムレポートの使い方

取り込んだカスタムレポートは、手軽に利用することができます。

カスタムレポートの表示

まずは、アナリティクスにログインすると、画面上部に以下のようなメニューが表示されるので、「カスタム」と書かれたメニューをクリックしてください。

Google Analyticsのメニュー

すると、以下のように先程取り込んだ「ページごとの収益分析 → キーワード分析」があると思うのでクリックします。

カスタムレポートリスト

カスタムレポート画面

すると、以下のようなレポートが表示されます。

利用ポリシー的に問題がありそうなところは、ぼかしたり編集したりしているので見づらいかもしれませんがご容赦ください。

カスタムレポートをクリックした画面

カスタムレポートに表示される情報

カスタムレポートに表示される情報は、以下のようになっています。

カスタムレポートに表示される列

情報は、以下の順番で表の列として表示されます。

  1. ページビュー数
  2. 平均ページ滞在時間
  3. 直帰率
  4. オーガニック検索
  5. AdSenseの収益
  6. クリックされたAdSense広告
  7. AdSenseクリック率
  8. AdSense有効CPM
  9. AdSenseの収益/1000セッション
  10. 表示されたAdSense広告ユニット

カスタムレポート表列の順番

ページごとの収益性を見るのに重要な指標は以下あたりかと思います。

  • クリックされたAdSense広告(クリック数をみる)
  • AdSenseクリック率(クリック率をみる)
  • AdSense有効CPM(1000PVあたりの収益を見る)
  • AdSenseの収益/1000セッション(1000セッションあたりの収益を見る)

テーブルのカラムをクリックすると、「AdSense有効CPM」などをクリックし降順にソートして収益性の高いページを見ることもできます。

収益性を見るときに重要な指標

たまたま少ないPVでクリックされていたりするところは、滅茶苦茶収益性が高く出たりします。ある程度データが蓄積されている部分を参考にする必要はあると思います。

ページへの流入キーワードを分析する

ページへの流入キーワードを調べるには、ページのタイトルをクリックします。

例えば、Yahoo!プレミアムの解約手続き障害物走が長すぎるというページの「検索流入キーワード」お調べたい場合は表中のタイトルをクリックします。

ページタイトルをクリックする

すると、以下のように「そのページに来るために入力した検索キーワード」が表示されます。

Yahoo!プレミアム解約ページの流入キーワード

こういったキーワードなどを参考に、「どういった需要でユーザーはこのページに来ているのか?」手軽に推測することができます。

加えて、流入キーワードごとの収益性も分析することができます。

キーワードの収益性へも調べることができる

これにより、「このキーワードからの流入はクリックされやすい」とか「このキーワードは収益性が高いんだな」なんてことが手軽に見ることができます。

キーワードの参照元分析

最後に一応おまけとして、「キーワードごとの参照元」も見れるようにしておきました。

キーワードの参照元を見るには、キーワードをクリックします。

カスタムテーブルのキーワード部分をクリック

すると、以下のように「検索エンジンごとの流入数」などを見ることができます。

参照元メディア一覧

数字はあくまで例なので、そのままの数字を表示しているわけではありません。

SSL(https://)からのアクセスは、リファラの取得ができないためGoogleはどうしても少なくなってしまいます。ただ、Yahoo!から来る訪問者は「滞在時間が長いな(もしくは短いな)」くらいのことはわかるかと思います。

カスタマレポートのディメンション(階層)

今回のカスタムレポートのディメンション設定は以下のようになっています。

カスタムレポートのディメンション設定

まとめ

今回の、カスタムレポートを利用すると、「ページごとの収益性(アドセンス基準)」や、「ページへの流入キーワード」などを手軽に分析できるようになると思います。

日にちごとのデータを分析したければ、期間を設定すれば、必要な期間内のデータだけを抽出することもできます。

期間などを選択すれば、その期間内のデータを見ることが可能

ということで、「ページごとの収益性を分析したい」とか「収益の高いページにはどんなキーワードで入ってくるのだろうか?」なんてことを調べたい場合には、今回のカスタムレポート試してみてください。

少なくとも、デフォルト設定で分析するよりは手軽に分析できるのではないかと思います。

カスタムレポート ページごとの収益分析 → キーワード分析