音声入力ソフト「AmiVoice SP2」が2014年の流行語に対応したというので試してみました

このブログの99%は、AmiVoice SP2という音声入力ソフトで書いています。

その、AmiVoice SP2のVer 2.08 アップデートモジュールが出たというので、インストールして試してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

v2.08 アップデートモジュール

音声認識ソフト AmiVoice SP2 ダウンロード-2015-03-01-17-36-00

AmiVoiceは、事前の設定を必要とせずに、誰でも手軽に文字入力ができる音声入力ソフトです。

「AmiVoice SP2」を1年間使用してきて感じた「良かった点」と「悪かった点」
早いもんで、「AmiVoice SP2」を使い始めてから1年が経ちました。 今現在、AmiVoiceの音響学習レベルは64(最大126...

今回のアップデートで、大変重宝している音声入力ソフトに、辞書に2014年の流行語などが取り入れられました。

AmiVoice® SP2 Ver 2.08の更新内容 (2015/02/26)
マスター辞書「標準(大)」、「標準(小)」および「標準(大)- 汎用音響モデル」を更新しました。 2014年の流行語などを追加しました。

音声認識ソフト AmiVoice SP2 ダウンロード

僕は、AmiVoiceで、マスター辞書「標準(大)」を利用しています。

今回のアップデートで、辞書が強化されたということで、早速試してみることにしました。

2014年新語・流行語大賞 ノミネート語で試してみる

2014年新語・流行語大賞ノミネート語

今回、辞書が、2014年の流行語に対応したそうで、早速、新語・流行語大賞 2014 ノミネート50語を音声入力して、どれだけ一発入力できるか試してみました。

ちなみに、AmiVoiceは、入力すればするほど経験値(音声の蓄積)が溜まり、ドラクエ方式でレベルが上がるのですが、僕は、カンストして最高レベルになっています。

音声入力ソフト「AmiVoice SP2」の音響学習レベルが126になってカンストした件
photo by Matthew Keefe AmiVoice SP2の音響学習レベルが最大レベルの126になりました。 ...

AmiVoice SP2の音声入力レベル

この状態で、今回、新語・流行語大賞50個を読み上げて、どのぐらい一発入力できるか試してみます。

それで、以下が音声入力の結果です。(※赤字が間違い。カッコ内は、音声入力が間違った場合の、正しいキーワード)

  1. 輝く女性
  2. バックビルディング
  3. トリクルダウン
  4. ダメよ~ダメダメ
  5. 危険ドラッグ
  6. 梶原(家事ハラ)
  7. ありのままで
  8. こぴっと
  9. リトル本田
  10. ゴーストライター
  11. マイルドヤンキー
  12. JKビジネス
  13. レジェンド
  14. 妖怪ウォッチ
  15. マウンティング女子
  16. 女装子
  17. セクハラやじ
  18. 限定容認
  19. 勝てない相手はもういない
  20. ワンオペ
  21. 消滅可能性都市
  22. ミドリムシ
  23. イスラム国
  24. 昼顔
  25. ビットコイン
  26. STAP細胞はあります
  27. まさ土
  28. デング熱
  29. 2025年問題
  30. アイスバケツチャレンジ
  31. マタハラ
  32. レリゴー
  33. ごきげんよう
  34. 自営今(J婚)[じえいこん=自衛婚活]
  35. タモロス
  36. リベンジポルノ
  37. 絶景
  38. ゆず(ゆづ)
  39. 塩対応
  40. こじらせ女子
  41. 号泣会見
  42. 集団的自衛権
  43. 積極的平和主義
  44. カープ女子
  45. ハーフハーフ
  46. 壁ドン
  47. 会見記念日(壊憲記念日)
  48. 雨傘革命
  49. 死をレモン(塩レモン)
  50. エボラ出血熱

結果は、新語・流行語大賞 2014 ノミネート50語のうち、一発変換出来たのは、50語中45語にもなりました。(※音声入力で噛んだ場合は、もう一度発声しています。)

一発入力できなかった5語(赤字)も、あながち間違っていないものや、音声入力上しょうがないものなので、かなり良い精度なのではないかと思います。

まとめ

2014年の新語・流行語大賞は、「もはや懐かしい」なんてものから「こんな言葉あったっけ?」なんてものもありましたが、有名どころはかなり押さえられているのではないかと思います。

ただでさえ、精度の高い音声入力ソフトが、新しい言葉にも、どんどん対応していってくれれば、こんなに頼もしいことはありません。