AdWordsキーワードプランナーに手っ取り早く登録して利用する方法

キーワードの選定にキーワードプランナーは必須のツールとなっています。

ただ、先日新しく作ったアカウントで登録しようとしたら登録方法が変わっていたので、初期設定方法をメモがてら紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

キーワードプランナーを使うための主な手順

とりあえず、最も手っ取り早くキーワードプランナーを使用する主な手順は以下になります。

  1. Googleアカウントを作成する(ない場合は)
  2. キーワードプランナーにログイン
  3. 不要な登録作業をスキップ

Googleアカウントを作成する

まず、Googleアカウントを持っていない人は、アカウントを作成する必要があります。

既にGoogleアカウントを持っている場合は、この項目は読み飛ばしてください。

Googleアカウントを作成する手順は、以前に書いたので以下のページを参考に作成してください。

【図解】Googleアカウントの作成方法
もはやおなじみのGoogleサービス。 最近は何かと、Googleアカウントを持っていると便利になるサービスや、そもそもアカウ...

よほど、キー入力が遅い人でもなければ5分もかからず作成できると思います。

キーワードプランナーにログイン

次に、キーワード プランナーに移動して「ログイン」リンクをクリックしてください。

Googleキーワードプランナーツールにログイン

次に、以下のようなログイン画面が表示されるので、メールアドレスを入力して「次へ」ボタンを押してください。

Google AdWords に移動するにはログイン

次に、パスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

Googleアカウントのパスワード入力画面

すると、「アカウントで通常とは異なるアクティビティが検出された場合やアカウントにアクセスできなくなった場合に Google からお知らせする方法を指定してください。」と表示され、電話番号の入力を促される場合もあるのですが、これは特に設定しなくても良いので「完了」ボタンをクリックします。

アカウントで通常とは異なるアクティビティが検出された場合やアカウントにアクセスできなくなった場合に Google からお知らせする方法を指定

不要な登録作業をスキップ

すると、以下のような画面が表示されるので「設定ガイドをスキップ」をクリックしてください。

AdWordsの設定ガイドをスキップ

「Google AdWordsにようこそ」画面が表示されるので、メールアドレス、タイムゾーン、国、通貨を入力し「」ボタンを押してください。

Google AdWordsようこそ画面

日本で利用するのであれば、デフォルトのままで問題ないと思います。

すると以下のように、新しいキャンペーンの作成画面が表示されますが、これを無視します。

新しいキャンペーンの作成画面

メインメニューの「運用ツール」から「キーワードプランナー」を選択します。

メニューから運用ツール→キーワードプランナーを選択

こんな画面が表示されたら、キーワードプランナーが利用可能です。

キーワードプランナーが利用可能

キーワードプランナーの利用

キーワードプランナーでキーワード提案を受けるには「フレーズ、WEBサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックします。

フレーズやキーワード検索

あとは、入力フォームに調べたいキーワードをを入力して「候補を取得」ボタンをクリックします。(改行で区切ることで複数キーワードを検索することもできます)。

キーワードプランなのキーワード検索の入力フォーム

すると、以下のようにキーワードに関する情報が表示されます。

キーワード プランナーでキーワード候補の表示

まとめ

キーワードの選定は、センスのある人ならば、こういったツールの利用は必要ないかもしれません。それに、自分の得意分野のキーワードであれば、ツールを使わないことも多々あります。

けれど、「ブログの記事を書くのにどういったタイトルをつけたらいいのかわからない」とか「不慣れな分野の記事を書こうと思うけどどういったキーワードが有望かを調べたい」なんて場合は、このGoogle AdWordsのキーワードプランナーは必ず必要になってくると思います。

タイトルと本文に適切にキーワードを含めて記事を書くことで、検索からの流入も格段に違ってくるので、「記事を書いても書いてもアクセスが増えない…」なんて悩んでいる方は、とりあえずこのキーワードプランナーに登録して有望なキーワードを見繕ってから記事を書き始めることをおすすめします。